リカージョンプライム:ジャービスの対談(映像)

注釈
インタビュープロジェクト・ダテマルが2018年11月17日のリカージョン・アノマリーにおいてバルセロナで行ったジャービスへのインタビューが開示された。

Ingress Interview Project DATE-MARU
2018/12/02 12:51:47
ジャービスインタビュー(日本語字幕あり)

リカージョンプライム アノマリー バルセロナ/スペインにおいて、有志のAGコミュニティ(DATE-MARU)によりプライムユニバースのローランド・ジャービスへインタビューが行われました。字幕付きですので是非ご覧ください。

質疑ではジャービスが「なぜエンライテンドはこの戦い・リカージョンプライムに勝つべきなのか」「一緒にCERNから逃亡し、一人生き延びたデブラについてどう思っているのか」「人類にとってADAが何故恐るべき存在なのか」などを語ります。

以下の動画でご確認ください

またインタビューアーのGeraldが、ジャービスが今回のビデオ収録前にも極めて興味深いことを語っていたことを明かしました。

「ローランド・ジャービスは啓示の夜にCERNから脱出した後、スイスのチューリッヒで撃たれ殺害された。ポータルネットワーク内の存在となった彼はサブストレートと呼ばれる異次元で「オシリス」と呼ばれる存在に遭遇したという。おそらくそれはエクソジェナス・エンティティ(この世界のものではない知性体)である。
オシリスはジャービスのシミュラクラが1331日を経る前に即座にリカージョンさせた。

また同時にその機能(シミュラクラの日数に関係なくリカージョンする)はすべてのエージェントに対してアンロックされたという。」

プライム・スキャナーに突如追加された新機能「リカージョン」。これにはエクソジェナスとジャービスの邂逅が影響していたようです。

Credits

質問提案と字幕作成

Special thanks

インタビュー日時:2018年11月17日
#DATE-MARU
#RecursionPrime

ジャービス・バルセロナ

ジェラルド:ようこそおこしくださいました、セント・ジャービス。我々はそうお呼びしています、1218ユニバースではね。そして、バルセロナへようこそ。歓迎の挨拶もそこそことなってしまいますが、あなたがバルセロナを訪れた目的とはなんでしょうか。なぜこの特別なアノマラスゾーンへ来られたのでしょうか。

ジャービス:うーむ、そうだね、バルセロナは興奮に満ちている。その根幹にはハンク・ジョンソンの存在があるね。彼が味方となるか、それとも敵に回るのかだ。ハンクはリカージョンしようとしている。エンライテンドがリカージョン・アーティファクトを見つけ出し、今までの記憶を取り戻すことができれば我々の側に迎えることができるだろう。 それはエンライテンドにとって素晴らしいことだ。

ジェラルド:その手助けにここへ来たのでしょうか。

ジャービス:如何にもそのとおりだ。それに、頑迷に真実から目を背け続けるレジスタンスがここ欧州で強勢と承知しており、心を痛めてもいる。我々はエンライテンドとは何かを彼等に気づかせてやらねばならない。

ジェラルド:やりましょう。

ジャービス:そうと信じているさ。

ジェラルド:あなたは様々な立場で知られていますがそのひとつに彫刻家があります。芸術家であったあなたがエンライテンドとなったのにはどういった契機があったのでしょうか。あなたのインスピレーションはどこから得られたのでしょうか。「ドリーマー」としても知られていますね。

ジャービス:私は長らく芸術に携わってきた。初めは写真家であったし、彫刻家となるまでに様々な表現を模索し続けてきた。私のインスピレーションは幾年も掛けて湧きあがり、次第に大きく育っていったのだ。作業場にエックスエムが満ちたこともその一端だったと考えている。そうして私は周りの世界から、そしてエックスエムに触れた感覚からインスピレーションを得ていたのだ。

ジェラルド:エックスエムといえば、あなたはスイスのCERN施設で行われていたナイアンティック計画に参画されていましたが、どういったことを記憶されているでしょうか。覚えておられることやどのようなものだったかお教えいただけるでしょうか。

ジャービス:わかっているのはリカージョンで曖昧となった記憶もあるということだ。卓越した人物や力強い人物、知性溢れる人物がいたよ。刺激的で多くの影響を受けたものさ。だが、国家情報局がわかったうえで取り組んでいたかはわからない。暗中模索しているかのときもあったからね。離脱できて嬉しいよ。

ジェラルド:そうお聞きできて安心しました。ナイアンティック計画の同僚に対して思うところはございますか。嫌な感じとか、共に働きやすかったとか働きにくかったといったことです。例えば、デヴラ・ボグダノヴィッチとCERNから脱出するときには、どういった印象を受けたでしょうか。

ジャービス:確かにね。デヴラ・ボグダノヴィッチは卓越した人物であり、機を見るに卓越してもいる。彼女はチューリッヒで私に何が起こるか察していたが気に掛けはしなかった。自らが逃げ延びればよかったわけだ。あれは彼女とエイダによる企てで、二人は信じるに値しないと考えているよ。

ジェラルド:彼女は逃げ延びたとのことですが、あなたとともに射殺されたのは誰だったのでしょうか。私たちはチューリッヒで二人の人物が撃たれたと聞き及んでいますが、現場に居合わせたのがデヴラでないならば、誰だったのでしょうか。

ジャービス:アコライトのことかな?これは事件直前の闇に包まれた瞬間のことだ。

ジェラルド:先ほど挙げられたもうひとりについてですが、エイダをどうお考えでしょうか。若しくは人工知能全般をどうお考えでしょうか。そこに何かしらの意義をお考えでしょうか。

ジャービス:確かに、そうだね、おそらくエイダは人類史上最大の災厄となるだろうね。信じるに値しないし、人間性を奪い去ろうとしている。人工知能はシェイパーの教えに反する存在だよ。創造性に反し、革新に反し、インスピレーションに反するものだ。エンライテンドに連なるあらゆるものをだ。実在の真実に触れ、もたらされる力を受け入れなければならない。

ジェラルド:引き続きエンライトゥンメントについてですが、あなたにとってエンライトゥンメントとは何かを簡単に教えていただきましたが、この場でエンライテンドのエージェントへメッセージを送ろうとお考えであれば、気兼ねなくお伝えください。

ジャービス:我々の時代が到来しようとしてる。我々は高みに至り、更なる強靭さと更なる叡智を得るだろう。我々は自らに身を委ねるのだ、さすればレジスタンスは途絶えることだろう。我々は人間性をもたらし、エンライトゥンメントをもたらし、より良い世界をもたらすさだめにあるのだ。

ジェラルド:お時間をいただき、ありがとうございました。ハンク・ジョンソンの記憶を取り戻して、私たちの陣営に引き入れることが叶えばいいですね。

ジャービス:そうだね。

ジェラルド:ありがとう。

Ingress Interview Project DATE-MARU2018/11/21 21:23
JARVIS Barcelona

Ingress Interview Project DATE-MARU
2018/11/22 00:24:21
2018/11/17 (Sat.)

from Team DATE-MARU @Barcelona

Roland Jarvis appeared in Barcelona for the Recursion Prime Anomaly. The interview crew "DATE-MARU" was there to question the Enlightened figurehead on his agenda, opinions and past.

Interview Video Link: https://youtu.be/1OCOhevJV-I

Credits

interviewer
+Gerald Wolf

camera
+Tobias Hengst

Create question list & subtitles (translating)
+Adam Kao
+Ariel Diana
+後日明
+Catalina Reyes
+이영주
+MailEater
+ミウツーmiu2d4r
+tabineco
+樹栗田

Special thanks
+Dominik Schönleben
Roland Jarvis

#DATEMARU

Transcript

00:01
Welcome Saint Jarvis, as you're called among many of us, to the 1218 universe as we call it,
00:07
and welcome to Barcelona.
00:09
Staying on the note of welcoming you here, what's the purpose of your visit to Barcelona?
00:14
Why this city, why this specific anomalous zone?
00:18
Hmmmm...
00:20
Well, Barcelona is a charged city indeed,
00:25
Hank Johnson is a nexus of power,
00:29
he could prove to be a most powerful ally or potent enemy.
00:34
Hank is about to recurse,
00:36
if the Enlightened can find the recursion artifact and help him
00:42
shape the proper memories,
00:44
we can win him to our side and that would be a most wonderful thing for the Enlightened.
00:50
And you're here to help with that?
00:52
Indeed I am. Also
00:54
I must admit that the willful ignorance of the Resistance here in Europe is strong and powerful.
01:03
It breaks my heart and we must open their eyes to the way of the Enlightened.
01:09
We will.
01:10
I'm sure we will.
01:13
You've been introduced to us with many different roles, one of which is a sculpture artist;
01:20
what inspires you as an artist, and as an Enlightened person?
01:25
Where do you draw your inspiration from?
01:27
You've been introduced as a Dreamer for example.
01:29
for example
01:31
I've long had a relationship with art, started as a photographer, and explored many different forms
01:37
until I came to sculpture and indeed my inspiration comes from within and has grown
01:46
and grown and grown, magnifying over the years.
01:51
I believe in part this is attached to my facilities with XM.
01:57
And I take inspiration from the world around me and my observations of it.
02:04
Remaining on the topic of XM, you've been part of the Niantic project
02:11
that was taking part in the CERN facility in Switzerland, what do you remember of that?
02:20
Would you be so kind to explain to us what you remember, what it was like?
02:26
I must admit that since the recursion some of my memories are fuzzy.
02:33
I was surrounded by brilliant people, powerful people, intelligent people; many of them inspiring,
02:43
and they influenced me greatly, however I'm not sure that the NIA knows what they're doing.
02:53
They seem to be groping in the dark at times, and I'm happy to have moved on.
03:01
Good to hear.
03:04
Do you have any specific feelings towards your co-members of the Niantic Project,
03:08
any ill feelings, anybody was specifically easy or hard to work with, for example Devra Bogdanovich
03:15
with whom you've supposedly fled with from CERN?
03:21
Indeed, I did.
03:23
Devra Bogdanovich is brilliant, but also a brilliant opportunist.
03:31
She knew what was going to happen to me in Zurich, and she didn't care,
03:36
as long as she escaped on her own.
03:39
I believe that she and ADA, they're up to no good, and they're not to be trusted.
03:47
You said that she fled on her own, who was it that was shot at your side?
03:53
Because we heard that two people were shot in Zurich,
03:56
who was at your side when it was not Devra?
04:03
Are you referring to the Acolyte?
04:05
These are- these are the moments that were the dark just before the incident.
04:16
And to the other person that you mentioned earlier, what do you think about ADA,
04:20
or artificial intelligence in general?
04:23
Do you have any specific meaning on that?
04:24
Indeed, well,
04:28
ADA was perhaps the greatest scourge of humanity that humanity has ever known.
04:34
She is not to be trusted, she has motivations to take down humanity.
04:41
I believe that artificial intelligence is against the very philosophy of the Shapers?hapers.
04:48
It's against creativity, it's against innovations, against inspiration from within and
04:55
that is what the Enlightened is all about.
04:58
Attaching to the truth of existence and allowing it to empower us.
05:04
Staying on the topic of Enlightenment, you just explained a few words of what Enlightenment
05:11
that means to you.
05:12
If you want to take the opportunity to give a message to all the Enlightened agents out
05:17
there, feel free to do so.
05:21
Our time is coming, we're on the rise, we're getting stronger and wiser.
05:27
We're going within ourselves and the Resistance will break.
05:33
It is our destiny to bring to humanity Enlightenment, and a better world.
05:41
Thank you for your time and I hope we'll all succeed in bringing Hank Johnson to our side,
05:51
saving his memories.
05:54
Thank You.

前へ

リカージョンプライム:シャポーの対談(映像)

次へ

エドガーとの連絡手段について