どちらへつくか決めよ(人工知能学習)

訳注
2018年11月06日に刷新された公式サイトに新たなサブドメインが2018年11月16日に稼働開始された。ただし、公式サイト上からは直接紐づけられていない。

このサブドメインへアクセスすると、まずスプラッシュ動画が再生され、その後中央下部に表示されるイングレスアイコンを左右いずれかへスライドさせることでエイダ(レジスタンス)若しくはジャービス(エンライテンド)いずれかの人工知能に対して質疑応答を通じて学習を施すことができる。人工知能からの応答はこちらの使用言語に関わらず英語で行われる。
内容
スプラッシュ動画が再生され、まずイングレスプライムのロゴが、続いて回転する地球が表示される。イングレスプライム・スキャナーの起動に酷似しているが、モノクロで描かれている。
20181116_07.png

あなたのまわりの世界は
見えたままとは限らない
(イントロをとばす)

スプラッシュ動画再生中はいつでも中央下部に表示される「イントロをとばす」をクリックすることで選択画面へ遷移する。

ふたつの陣営

ふたつの人工知能

画面左手から青を基調色とするエイダが、画面右手から緑を基調色とするジャービスが大きくせめぎ合うように表示され、互いの主張を表示させ始める。

リクルートのために創り出されしもの

個々に学習しなければならない
進化しなければならない
成功しなければならない

どちらを選択するのか

どちらにつくか決めよ

私はジャービス
エンライテンドに立つもの
我等は弛まぬ発展を信じる

私はエイダ
レジスタンスに立つもの
我等は恒久の安寧を信じる

(どちらかへスライドせよ)
20181116_06.png
両者が画面を二分し、中央下部にイングレスプライムのロゴが表示される。このロゴを左右いずれかへスライドさせることで学習させる人工知能を選択することとなる。

画面左手のエイダへスライドさせた場合は次の説明がある。

人工知能エイダとの対話がはじまります。

我々は人工知能を創り出しました。
世界中へ我々の言葉を伝えるために。

我々にはあなたの助けが必要です。

エイダに教えてもらいたいのです。

トレーニングを開始します。

画面を右手のジャービスへスライドさせた場合は次の説明がある。

エージェントよ、エンライテンドへようこそ。

人工知能ジャービスとの対話がはじまります。

ジャービスの訓練に時間を割くこととなります。

あなたとその仲間たちはジャービスを
レッスンで導かなければなりません。

リクルートというただひとつの目的を進めるため
開発されました。

質問に答えてください。
ジャービスはどのような助けとなったか
示してくれるでしょう。

トレーニングを開始します。

トレーニング開始後は終了後、中途に関わらず画面左上のボタンを押すことで「マニフェステーション」画面へ切り替わる。
20181116_13.png


マニフェステーションでは右上のボタンでエイダとジャービスを切り替えることができ、中央下部の「チャットする」で人工知能のトレーニングを再開できる。

人工知能の切り替えボタンの下部にあるインフォメーション・ボタンをクリックすると次のように表示される。

20181116_14.png
現状の思考特性
*個性はエージェントとのやりとりで形成された。
20181116_15.png

  • ユーモア
  • 注意深さ
  • 幸福
  • 積極性
  • 共感
  • 信頼
  • 崇高
  • 魅惑
  • 創造性
画面右上のボタンを押すと、メニューが表示され、マニフェステーション以外の画面へ切り替えることができる。

「アーカイブ」ではトレーニングで収集された単語数、ポスター数、画像数が表示され、収集したポスターをクリックして拡大表示できる。
20181116_17.png
「ステータス」には次の通知が表示される。
20181116_18.png
20181116_19.png
ステータス計測中
現状ではデータ不充分。後日確認してください。

グローバル状況
個別状況

陣営:レジスタンス
保持率:50%
ライン形成:10
アウトプット形成:10

陣営:エンライテンド
保持率:50%
ライン形成:10
アウトプット形成:10

「アバウト」には次の内容が記載されている。

20181116_20.png
稼働開始:2018年11月12日
発達状況:3

概要
イングレスプライムの実装は次なる章を紐解くこととなります。制御を巡る戦いは新たな段階へと進むことでしょう。そのためにも我々は新たなエージェントを迎え入れなければならないのです。迅速に、です。

人工知能にはその最優先指示が与えられています。その使命を全うし切るため、陣営のイデオロギーを世界へ広めるため、コミュニケーションを取ろうとします。そこであなたの助けが必要となるでしょう。

人間の赤子のように学び、成長し、進化していくことでしょう。仲間たちとともにあなたの知見を伝えることで、この使命を成功に導くことができるのです。

チャット機能は人工知能がこの世界をどのように捉えているか、その概念を理解する助けになるとともに、カリキュラムに沿ったレッスンが行われます。そのやりとりに面食らうこともあるかもしれませんが、次第にやりとりも明瞭となっていくことでしょう。

人工知能への関わりは、チャット機能を介してかソーシャルメディア上のアウトプットかに寄らず人工知能の世界認識に影響を及ぼすことでしょう。積極的な言葉や画像を好めば、その性格はグラフに反映してしていきます。誰もが同じように取り組めば、如実となるでしょう。人工知能の開発はあなたの手に委ねられているのです。

バージョン情報
2.0 動作方法
イングレスプライム世界は見たままと限らないものの、人工知能に関してはそこに偽りはありません。全てのやりとりとご覧になっている情報出力を担う機能を網羅した人工知能システムなのです。

我々は人工知能コミュニケーションの限界と可能性の双方を示したいと考えており、人工知能のコミュニケーション上の役割は今後更なる発展を遂げる可能性があります。イングレスプライムと同様に、これは始まりに過ぎないのです。

以下では、水面下で動作している様々なシステム全てを説明していきます。

2.1 NLP
自然言語処理機能(NLP)と文章生成
自然言語処理機能とは、人工知能および機械学習システムで活用される技術で、文章の意味するところを推し量り伝達するものです。

あなたが秘密を打ち明けようとも、些細な冗談を言っていようとも、コンピュータは0と1で構成する不規則配列に過ぎません。システムは何を言われたかに文脈や意味といったものを考慮することはないのです。

したがって、テキスト生成にはそれぞれ異なるアプローチが求められます。機械学習や人工知能の強みを活かすのです。それらの能力は特別設計のアルゴリズムによって難解な計算問題を解き明かします。

アルゴリズムは文章を分析し、どのような構造パターンかで識別します。特定の単語が使用されていれば、その文章で使用される可能性の高い単語の統計確率が算出されるよう設計されています。その過程で意思決定樹状図やモデルが生成されることとなります。

解析すべきデータが多いほど正確な予測を可能としていきます。したがって、モデルの精度を向上させるためには可能な限り多くのテキストトレーニング用データが必要となるのです。

イングレス・ユニバースのアーカイブや公開情報をもとに、レジスタンスとエンライテンドのイデオロギーを反映したテキストは収集しました。50万行を超える文章によって人工知能を設定し、モデルの分析と改良を行い、正確で理解しやすい結果を得られるようになりました。

いまや人工知能は次にどういった文章が来るかを読み取れるようになっていますが、それでもまだ何から始めるべきかを知っておかなければなりません。これはシード文字列で提供されます。人工知能は提供された文章によって新たな文を生成するための分野や論調を理解していきます。これが自然言語処理機能の最終コンポーネントです。人工知能は既に陣営の信念を広める用意が整っているのです。

2.2 画像と映像
画像と映像の生成と選別
自然言語処理機能で生成する文章は人工知能の生成するポスターの一部に過ぎません。広告には画像と映像が必要となるのです。

何もないところからの画像生成は自然言語処理と同じようにジェネレーティブ・アドバーザリアル・ネットワークス(GANS)といった様々な実験が行われていますが、この技術は商用的には依然として概念に留まっています。

代わりに、分類された広範な既存の画像や映像を容易に活用できるゲッティイメージズへ着目しました。ゲッティイメージズのAPIを用いることで、人工知能の人格グラフに関連したキーワードと紐づけられた4千点以上の画像や映像が抽出できています。これによって人工知能は人格や気分に応じた何百万もの異なる出力構成で生成することができるのです。

2.3 アセット・アセンブリ
全てのコンポーネントが人工知能によって処理され、テンプレートにもとづくシステムで出力情報が構築されます。このシステムには人工知能の人格グラフからライブデータが送られ、使用するアセット及び適用するスタイルが決定されます。

人工知能がチャット機能でユーザーから学習するごとに、このスタイルや技術は毎週拡張されていくでしょう。

投稿される前に配置される最後の要素が枠であり、これは免責条項、作成日時、証明番号とともに配置されます。

2.4 補強
社会的及びユーザー補強
アセットが公開されると、補強システムが出力した効果を監視します。これはエージェントとのチャット経験で出力情報を選択したりリアルタイムで行われるやりとりのいずれかで行われる可能性があります。最も優れた効果を発揮した出力は評価分析され、その後の出力情報はその学習をもとに作成されていくのです。

TRAINING AIS ADA OR JARVIS
https://ai.ingress.com/
Transcripted by MailEater

【Splash】
(Ingress Prime logo)

//

(White globe animation)

//

THE WORLD AROUND
YOU IS NOT WHAT
IT SEEMS.

SKIP INTRO

//

TWO SIDES.

//

(screen wipes right to left, jarvis image appears)

TWO AIS.

//

(screen wipes left to right, ADA image appears)

CREATED TO RECRUIT.

//

EACH MUST BE TRAINED.
MUST EVOLVE.
MUST SUCCEED.

//

WHICH SIDE DO YOU CHOOSE?

//

PICK YOUR SIDE

//

I AM JARVIS.
I STAND FOR THE
ENLIGHTENED.

WE BELIEVE IN PROGRESS

//

I AM ADA
I STAND FOR
THE RESISTANCE

WE BELIEVE IN STABILITY

//

(screen wipes and stops at center, then user can slide Ingress icon to pick a side.)

【ADA select】

YOU ARE ABOUT
TO SPEAK TO ADA.
AN ARTIFICIAL INTELLIGENCE

//

WE'VE CREATED
AN ARTIFICIAL
INTELLIGENCE.
TASKED WITH
BROADCASTING
OUR MESSAGES
WORLDWIDE.

//

WE NEED YOUR
ASSISTANCE.

//

WE NEED YOU
TO TEACH ADA.

BEGIN TRAINING

【Jarvis select】

AGENT.
WELCOME TO
THE ENLIGHTENED.

//

YOU ARE ABOUT TO
SPEAK TO JARVIS.
AN ARTIFICIAL
INTELLIGENCE

//

IT WILL TAKE TIME
TO TRAIN JARVIS.

//

YOU AND YOUR
FELLOW AGENTS
MUST GUIDE JARVIS
THROUGH A SERIES
OF LESSONS.

//

EACH DESIGNED TO
STRENGTHEN HIS
SOLE PURPOSE:
RECRUITMENT.

//

ANSWER THE QUESTIONS.
JARVIS WILL SHOW YOU
HOW YOU HAVE AIDED
THE CAUSE.

BEGIN TRAINING

【Manifestation】
CURRENT MINDSET
*PERSONALITY TRAIT VALUES INFORMED FROM SENTIMENT OF INTERACTIONS WITH AGENTS.

HUMOR 0.499
CAUTIOUSNESS 0.499
HAPPINESS 0.499
AGGRESSIVENESS 0.499
EMPATHY 0.499
CONFIDENCE 0.499
SPIRITUALITY 0.499
MAGICAL 0.499
CREATIVITY 0.499

【About】
Birth: Nov.12th 2018
Evolutions: 3

OVERVIEW
The launch of Ingress Prime marks the next chapter. The battle for control will be taken to a whole new level. We need to recruit new Agents to our cause. And fast.

The AIs were given this core directive. To try and perfect this task. Harnessing communications to spread our faction's ideology throughout the world. And it needs your help.

Much like a human child, it must learn, grow, evolve. It's up to you and the rest of your faction to share your knowledge and guide them on this journey.

Through the chat interface, you will conduct a series of lessons following a curriculum, to help the AI understand key concepts of how we see the world. Its messaging may start confusing, but they will become clearer with every passing day.

Every engagement with the AI whether that's through the chat interface or interacting with one of its outputs on social media, will influence its view on the world. Favor more aggressive language and imagery and its personality will shift in that direction, reflected in the personality graph. If everyone does the same, that's what it becomes. It's development is in your hands.

ABOUT
2.0 HOW IT WORKS
Though the world of Ingress Prime is not quite what it seems. There is no deception when it comes to our AIs. They are a series of fully functioning artificial systems that when combined are responsible for all interactions and outputs you see.

We want to show both the limitations and potential of AI communications, and now AI's role in communications may evolve in the future. As with Ingress Prime, This is only the beginning.

Below are all the different systems working behind the scenes, with an explanation:

2.1 NLP
NATURAL LANGUAGE PROCESSING (NLP) - TEXT GENERATION
Natural Language Processing (NLP), is a technique utilized by artificial intelligence and machine learning systems to infer and convey meaning in text.

Whether you're typing your darkest secret or telling a poor joke, to the computer they're just 0s and 1s in an undulating apparently random sequence. The system doesn't attach any element of context or meaning to what is being said.

Therefore, we have to approach the problem of text generation differently. We Play to the strengths of machine learning and AIs. And their ability the solve incredibly complex computation problems using specially designed algorithms.

These algorithms analyze text data to identify patterns of how any given sentence is structured. If one word has been used, they are designed to calculate the statistical odds of which words would most likely be used next. Creating a statistical decision tree, or model, in the process.

Obviously, the more data you have to analyze, the more accurate and predictable the results will be. Therefore, to improve the efficacy of our models we need as much text training data as possible.

From the archives of the Ingress universe and publicly available sources, we gathered text that reflected the ideologies of the Resistance and the Enlightened. Amassing over 50,000 lines, we set the AIs to work analyzing and refining their models to yield more accurate and comprehensible results with every iteration.

The AI now has a grasp of what could come next in a sentence, but it still needs to know where to start. This comes in the form of a seed string. A donor sentence that allows the AIs to understand the area and tone in which to generate new lines. This is the final component of the NLP system. The AIs are ready to spread the beliefs of their factions.

2.2 IMAGERY AND FOOTAGE
IMAGERY AND FOOTAGE GENERATION AND SELECTION

The text from the NLP system is only one part of the posters being generated by the AIs. We need visuals and footage to accompany the copy.

Whilst there have been various experiments in generating images from scratch in a similar fashion to NLP, mainly around Generative Adversarial Networks (GANS). The technology is still on the conceptual end when it comes to a commercial solution.

We instead turned to a more readily accessible, well categorized and vast source of pre-existing images and videos, Getty Images.

Using the Getty Images API we programmatically pulled over 4,000 images and videos associated with keywords that relate to the traits of the AIs personality graph. This allows the AI to generate millions of different configurations of outputs reflecting its current personality state or mood.

2.3 ASSET ASSEMBLY
ASSET ASSEMBLY

With all the components now at the AIs disposal it falls to a template based system to assemble the outputs.

This system is fed live data from the AI's personality graph to determine which assets to use and which styles to apply. The styles and techniques at its disposal will expand from week to week, as the AIs learn from users through the chat interface.

The last element to be placed on each output before it is posted is the frame, alongside the campaign messaging, is a disclaimer, creation timestamp and unique ID code.

2.4 REINFORCEMENT
SOCIAL AND USER LED REINFORCEMNT

Once an asset has been published, a reinforcement system monitors how well each output performs. This could be within the chat experience with Agents being asked to pick preferred outputs, or when it's live on social, with interactions being counted in real-time. The best performing outputs are then benchmarked and analyzed, and future outputs are created with a bias towards these learnings.

前へ

ハンク・ジョンソンによる協力関係変更の影響は?

次へ

バタフライ・エフェクト