ダンレイブン財団:ケーススタディ・セッション004

イングレス(Ingress)
2018/11/12 15:51:59
ダンレイブン財団のケーススタディ・セッション004では、被験者ウェンディがアノマリーへ招待されました。今現在進められているこの実直な被験者に対するエキゾチックマター曝露の影響を調査する30セッションの第4回目となります。

プロジェクト・ダンレイブン:ケーススタディ・セッション004
プロジェクト・ダンレイブン:ケーススタディ・セッション004
機械音声何を書いているのですか、ウェンディ?

機械音声の問いかけに、室内でいつもの椅子に腰かけたウェンディが左に目線を向けながらそれに応じた。
20181112_02.png


ウェンディああ、このやりとりを書き留めておこうと思って。

その手元に手書きの覚書がノートに書き記されていることを室内カメラが捉えている。
20181112_03.png


ウェンディ:ちょっと見て、馬鹿げた映像を見せて、私はそれを訊ねたわよね、あなたは大袈裟に、困惑させるようなことを返してきた。ここへ来てからというものどんどんわからなくなってる。扉を施錠しないのは...

ウェンディの指摘に反応するように扉の施錠音が室内に響く。

ウェンディ:未来の考古学者に私の骨を発見させるためね。ああ、報酬額は悪くない。とってもわかりやすいわ。

機械音声:本プロジェクトに単純なことはありません。

ウェンディ:私が二度とこなかったら、酷く怒られちゃうってこと?

機械音声:そうしたいのですか?

ウェンディはその問いかけには無言で返す。

機械音声:好きなだけグリフを押して、モニターを見てください。

ウェンディが椅子の左手にあるキーボードに上半身を回し、右手を伸ばして「ディフェンド」「トゥルース」のグリフボタンを押すと、モニターに映像が再生開始される。
20181112_04.png

国家情報局のロゴとともに「ナイアンティック計画、内部使用限定、不正な再配布は法により罰せられる可能性がある」と表示され、ナイアンティックのロゴが続き、オリバー・リントン=ウルフの姿が表示される。
20181112_01.png

20181112_05.png
20181112_06.png

オリバー:私はオリバー・リントン=ウルフ博士、ナイアンティック計画において技術研究主任を務め、イングレス・スキャナーを開発した...

そこでモニターの映像は途切れて場面が切り替わり、ポータルとして緑色や青色の光を立ち昇らせる構造物が次々に表示されていく。
20181112_09.png
20181112_08.png
20181112_11.png
20181112_10.png
20181112_07.png


男性の声:エキゾチックマターは決して無作為なものではない。その内にはシグナル・オーダーデータとしか言いようのないものがあり、エックスエムが何かしら外なる知性体から送り込まれている可能性が高いことを示唆している。

室内のウェンディの様子に切り替わり、ウェンディが疑問を口にする。

ウェンディ:エクソジェナスという言葉は初めて聞くわね。

機械音声:ここでない何処かです。

再び画面はポータルの映像へ切り替わる。
20181112_12.png
20181112_13.png

男性の声:我々との交信手段はエックスエムだけに留まらない、異なる世界からのメッセージはグリフとして我々のもとへ送り込まれている。潜在意識へ直接語り掛ける普遍言語の類だ。グリフメッセージの中には人類の黎明期にまで遡るものもある。今では人類文明が急激に発展していった謎はグリフに隠されているのではないかと考えられている、破滅に導くものも送られてきているがね。

20181112_14.png
20181112_15.png
20181112_16.png
20181112_17.png
20181112_18.png
20181112_19.png

画面は室内へ戻り、無数のモニターが表示される。
20181112_20.png


機械音声:もうひとつ映像がありますが、気弱な方にはお勧めできませんね。

ウェンディ:落ち着かなくさせるものを見せるのね。

映像が開始されるとすぐに、洞穴に俯せに横たわる男の姿が映る。
20181112_21.png


その男に近寄りライトが当てられると、衣服には血が付着していることがわかり、一目で遺体と思しき状況。
20181112_22.png


撮影者が肩口に手をかけて仰向けにすると、血塗れの遺体の顔が映し出された。
20181112_23.png

室内のウェンディは思わず椅子を立ち、扉の方へと後ずさりする。

ウェンディ:あれは何?ハンク・ジョンソンなの?本当のこと?

機械音声:あなたにはリカージョンを知ってもらわなくてはならなかったのです。

ウェンディは怯えた様子で返す。

ウェンディ:ほかの被験者を探した方がいいわ。私はここまでよ。

扉の前に立ったウェンディが振り向く。

ウェンディ:扉を閉めたままにしとくなら、新しい被験者を探すだけじゃなくて新しい部屋も必要になるわよ。

ウェンディが扉から部屋を出て、画面はブラックアウトする。その20秒後に再びテロップが表示される。

電話傍受 受信者ウェンディ 午後1時33分
場面は調査に使われていた部屋。モニターのにサークルが表示されている。手前の青いサークルはシャポーを名乗る男の声に、奥の赤いサークルはウェンディの声に反応するように揺らめく。
20181112_24.png


シャポー:やあ。

ウェンディ:だれ?

シャポー:君は知らないだろうが、私の名はシャポーという。

ウェンディ:映像で...

シャポー:ああ、調査映像だね、聞きたまえ、君が関わっているダンレイブン・プロジェクトのことだ。

ウェンディ:いや、私は...そうね...でも...

シャポー:それで構わない。

ウェンディ:なんで知ってるの?

シャポー:君の知っていることを教えてほしい。

ウェンディ:知らないわ、あれが何なのかなんて知らない。

シャポー:いいかい、私は君の身に起きたことに答えることができるし、理解する手助けができる。だが、この回線で話すわけにはいかない。オースティンで直接逢いたいんだが。

ウェンディ:何ですって?授業もあるし、オースティンへ行くような余裕もないわ。

シャポー:問題ない、君の航空券もホテルも確保済みさ。

ウェンディ:どういうこと?

シャポー:荷物は少なめにしてくれ。そこで起きるアノマリーは興奮を伴うが、疲労もするからね。

ウェンディ:アノマリーって何なの?あなたは誰なのよ?

シャポー:ウェンディ、君にもいずれわかるさ。アノマリーは未来の方向性を決する場であって、向かう先を知る場だよ。運動靴にしておけ、直接顔を合わせよう。

電話傍受...終了...旅行経路変更
シャポー:香港
ジャービス:バルセロナ
ハンク:オースティン

Ingress
2018/11/12 15:51:59
Dunraven Foundation Case Study Session 004 - Candidate "Wendy" is invited to an Anomaly. Part 4 of 30 ongoing sessions, examining the effects of high exposure to exotic matter on un-assuming candidate.

Dunraven Foundation Case Study Session 004
Transcripted by MailEater

<PROJECT DUNRAVEN -- CASE STUDY: SESSION 004>

[voice]
what's that you're writing, Wendy?

[wendy]
Oh, I'm trying to document our process. a little bit, see, first you show me some bizarre info dumb video, and then I ask you questions about it. and then you answer in a big - cryptic - somewhat off-putting way. and then I leave more confused than when I got here. that is if the door isn't locked because if it is then my bones will probably be discovered by future generations of archaeologists. oh, and the pay is nice so... ( claps 2 times ) pretty simple suppose.

[voice]
nothing about this project is simple.

[wendy]
so if I leave and never come back and really screw you over, huh.

[voice]
is that what you want to do?

[wendy]
....

[voice]
please press as many or as few glyphs as you'd like. and redirect your attention to the monitors.

(wendy presses "Defend" "Truth" buttons, then video started)

*NIA
*NIANTIC PROJECT
*INTERNAL USE...
*UNAUTHORIZED REDISTE...
*FUISHREBLE BY LAW

[OLW]
I am dr. oliver lynton-wolfe, lead technology researcher
for the Niantic project and creator of the ingress XM scanner ...

(video interrupted)

[PAC]
nothing about exotic matters random. it contains what I can only describe as a signal ordered data. this indicates a high likelihood that XM is directed by some form of exogenously intelligence.

[wendy]
the record exogenous was not on my as a keyword list.

[voice]
not a this place.

[PAC?]
XM is not the only means by which they've chosen to communicate with us. these otherworldly messages also come to us in the form of glyphs. a kind of universal language that speaks directly into the subconscious. some glyph messages date back to the dawn of humankind, and we now suspect that the secrets the glyphs concealed have sent some civilization soaring to unimaginable Heights. more sending still others cascading to ruin.

(video ends)

[voice]
there is one more video. but it is not for the faint of heart.

[wendy]
you gonna show me something not safe for steady.

(another video starts)
(noises)

(in the video, someone finds Hank Johnson's corpse. Wendy scared and leave her seat.)

[wendy]
what was that? was that Hank Johnson? was that...real?

[voice]
it was necessary if you're to understand the concept of recursion.

[wendy]
I think you should find a new candidate. I'm done. just if the door is locked also you won't just need a new candidate you'll need a new ops review chambers just.

(wendy opens the door and leaves the lab)
(black out)

<CALL INTERCEPTED... Received: WENDY 1:33 PM...>

(phone call)

[PAC]
hello.

[wendy]
who is it?

[PAC]
You don't know me. but my name is P.A.Chapeau.

[wendy]
that in the video I...

[PAC]
Yeah, investigation video. listen, the Dunraven project you're involved?

[wendy]
no I... yes, I don't...

[PAC]
yes.

[wendy]
(she says something, but I can't hear)

[PAC]
something you tell me what you know about it.

[wendy]
I don't know. I don't know what it did.

[PAC]
look, I can help you fill in some of the blanks in your story and I can help you understand more. but we can't talk about it on this line. I'm gonna need you to meet me in person in Austin Texas.

[wendy]
what? I've got class and I can't afford a trip to Austin.

[PAC]
that's okay your air travel hotel are already booked.

[wendy]
what?

[PAC]
pack light. XM anomalies our importance in there. exciting but they cost me rather exhausting.

[wendy]
what's an XM anomalies? who are you?

[PAC]
you'll find out due times, wendy. the XM anomalies they are the way that we control our future, and will be the way we find our path forward. breathing walking shoes. come on face.

<INTERCEPTED CALL... TERMINATED... [Reroute travel]>
<PAC: Hong Kong -- JARVIS: Bacelona -- JOHNSON: Austin>

前へ

ダンレイブン財団:アノマリーマップ

次へ

イングレスプライム:フェイスブック・ログイン障害