機密情報:ナラティブ・マネージメント

ナラティブ・マネージメント

「スピンドクター」という言葉を聞き及んだことがあるだろうか。国家情報局ではそれを全く新しいものへと昇華させてみせ、「ナラティブ・マネージメント」と呼んだ。そして長年にわたって政治工作を担うケンドラ・オーウェンズこそがその切っ先というわけだ。

啓示の夜をご存知だろうか。ナイアンティック・カラミティとも呼ばれる事件をだ。それは当然の結果を招いた。調査委員会が用意されたのだ。概してこのような調査はプロジェクトを停滞させるものだ、ナイアンティック計画といった秘密裏に進められてきた危険なプロジェクトは特にね。

だが、ケンドラ・オーウェンズとジーク・カルビンにとってそうはなるまい。彼等であれば立ちはだかる障害をものの見事にかわしてみせることだろう。

経験豊かな諜報員であり、彼等を阻止しようとするならその手口を理解しておかねばならない。つまり、行間を読まねばならないのだ。自問してほしい、傀儡子たちはここにない文字列をどのように埋めていったのだろうか。

内容

XXXXXXXXXX
XXXXXXXXXX

53

委員長
国家情報局ケンドラ・オーウェンズさんの発言を許可します。オーウェンズ女史、使途不明予算で運営されていたジュネーブの研究施設の爆発事故に対処するため、本委員会はあなたに対し事情聴取のため召喚しました。「ナイアンティック・カラミティ」と呼ばれている事件です。

オーウェンズ
発言をご許可いただき、ありがとうございます。少々遡らせていただきますと、今回の事故はCERNで一般利用されている研究施設内で発生したものです。また、国家情報局予算は本件と関わりありません。

委員長
いいでしょう、続けてください。

XXXXXXXXXX 施設内で爆発の類は一切起きていないのです。また、その夜に発生した事象を「災厄」と位置付けることには強く反対いたします。実際のところ、問題とされている当該事象は国家情報局で進めている研究に寄与しており、「啓示の夜」と呼称しているところです。

XXXXXXXXXX オリバー・リントン=ウルフ博士は実験対象となったパワーキューブなるものを自ら設計して稼働試験に臨み XXXXXXXXXX エクゾチックマターなる量子物質はかつてないほど膨大量を施設内へ拡散させています。ナイアンティック施設内に一切の死傷者はない XXXXXXXXXX 、 XXXXXXXXXX 。

54

SCS
オーウェンズさん、当該プロジェクトはどういったものなのでしょうか、具体的にどのようなことが行われているのですか?

オーウェンズ
XXXXXXXXXX エキゾチックマターの脅威と機会とを XXXXXXXXXX 長期的な調査研究を XXXXXXXXXX 。エキゾチックマターはエックスエムとも呼ばれていますが、これは人間の思考に何らかの変化をもたらし得ると思われる素粒子であり、 XXXXXXXXXX 。 XXXXXXXXXX はエックスエムが有史以来の人類社会へ影響を及ぼし続けてきたことを証明 XXXXXXXXXX 。今では国家情報局で「エックスエム・ポータル」と呼称している世界各所でエックスエムが我々の世界へ流入していることがわかっています。ナイアンティック計画でオリバー・リントン=ウルフ博士が先日開発したイングレス・スキャナーによって、遂に我々はこのポータルを検出し交信することが可能となっております。 XXXXXXXXXX エックスエムの戦略上の価値は決して予断を許せぬ XXXXXXXXXX 、当該分野における研究開発に遅れをとらないことが極めて重要な国益 XXXXXXXXXX 。

55

委員長
プロジェクト遂行にあたって施設内の死者はないと発言されましたが、チューリッヒ駅で発生した事件に関してはどうなのですか?

オーウェンズ
ご質問の件は実に残念な事故でした。その点に疑念の余地はございません。死亡した2名はローランド・ジャービスと身元不明の女性です。 XXXXXXXXXX 国家情報局の保安要員 XXXXXXXXXX と XXXXXXXXXX の発砲による傷 XXXXXXXXXX

XXXXXXXXXX 当該事件がパワーキューブ実験と何らかの関連性があったことを指し示して XXXXXXXXXX 本委員会の範疇ではない XXXXXXXXXX 。 XXXXXXXXXX 。

委員長
いいでしょう、話を戻します。高出力エックスエムの曝露による危険はないと主張されるのですね?

オーウェンズ
実態はその逆と言えましょう。啓示の夜にリントン=ウルフ氏のパワーキューブから放出されたエックスエムに曝露した研究者たちは優れた能力を発揮させたのです。身体能力、精神能力、創造性のいずれもが群を抜くものとなっています。

委員長
こちらでは「ダークエックスエム」に関する報告も受けていますが?

オーウェンズ
ダークエックスエムの危険性については既に報告されているところですが、国家情報局ではこのダークエックスエム研究が行われていないことをこの場でお約束できます。

委員長
ナイアンティック計画で開発されたというイングレス・スキャナーの技術が漏洩して今現在は公開状態にあると認識していますが、これは安全保障の観点からも一般市民に対する危険性の観点からも深刻な問題と受け止めています。どのような経緯でこのような事態となったのかご説明いただけますか?

56

オーウェンズ
それは事実に反しています。件のスキャナーは情報漏洩されたのではありません。エックスエムが一般市民に対して危険性が一切ないと判断されたからこそ、イングレスなるモバイルゲームとしてスキャナーが公開されるよう取り計らったのです。 XXXXXXXXXX イングレスによって当該プロジェクトの機密性を維持したままクラウドソーシングができるようになったのです。そのデータ収集規模は安全保障を左右し得るほどの戦略的価値を有しています。

SCS
オーウェンズ女史、あなたは口先が実に達者だな。付け入る隙を与えないようだ。

委員長
オーウェンズさんに最後まで話してもらいましょう。

SCS
我々を欺こうというのか...

委員長
オーウェンズさんに最後まで発言させてあげてください。オーウェンズさん、お続けになって構いません。

オーウェンズ
XXXXXXXXXX 我々の判断は、状況を踏まえれば適切なもので XXXXXXXXXX 。 XXXXXXXXXX 地上全土に人類の思考に影響を及ぼす新たなエネルギー XXXXXXXXXX 。その活用法を他の勢力が発見した際に後塵に拝しても構わないと本気でお考えなのでしょうか。確かに脅威はあります、ですが機会でもあるのです。委員会の為し得る最善の選択とは、この重要な使命に支援してくださることです。断言いたしましょう。

NarrativeManagement.jpg

WEEK OF 10.29.2018
** IN PROGESS **
NIA (intel agency -- went dark in the 40s) created the Niantic Project to study XM (Exotic Matter) and built a Scanner that leaked and is now disguised as 'Ingress.' Ingress is not a game! Two people died due to a research accident (Epiphany Night)! XM is all around us, affecting our entire civilization, and the NIA is covering the whole thing up! The deaths, the leak, everything. Must dig deeper. And what the hell is Dunraven. Related? Who's behind it? Who is the candidate?

Narrative Management

You familiar with the term 'Spin Doctor?'

Well, the NIA has elevated it to a whole new art form. They call it 'Narrative Management' and Kendra Owens (long time political operative) is their razor-sharp weapon.

Remember Epiphany Night? AKA the Niantic Calamity? It had consequences. Congressional subcommittee kinds of consequences. Ordinarily, that kind of scrutiny would paralyze a project, especially one as dark and dangerous as Niantic.

But not when Kendra Owens and Zeke Calvin have their way. Any obstacle that appears before them, they glide over like its a gentle gust of air.

These are seasoned operators. And we need to understand their methods if we're going to stop them. So read between the lines. Ask yourself: How did the puppetmasters pull the strings we can't see here?

Transcript
XXXXXXXXXX
XXXXXXXXXX
53
CHAIRWOMAN
The chair now recognizes Kendra Owens of the NIA. Ms.Owens. We've called you to testify before this committee to address an explosion at a black budget research lab in Geneva. An event that is being referred to as the "Niantic Calamity."

OWENS
Thank you chairwoman. Let me push back for a moment. This event took place at CERN in a commonly used research facility. And also, the NIA's operational budget is irrelevant to this proceeding.

CHAIRWOMAN
Noted. Please proceed.

OWENS
XXXXXXXXXX there was categorically no explosion at the facility. What's more, I would argue fervently against characterizing the events of that night as a "calamity." In actual fact, the event in question represented such a boon for our research that internally the NIA has been referring to it as "Epiphany Night."

XXXXXXXXXX Dr. Oliver Lynton Wolfe, while testing an experimental object of his own design called a Power Cube, unleashed (handwriting: WHAT DID OLW PLAN FOR ON EN?) an unprecedented amount of a quantum substance known an Exotic Matter throughout the facility. XXXXXXXXXX no deaths or injuries at the Niantic facility, XXXXXXXXXX

54

SCS
Ms. Owens what is or was the exact nature of this project?

OWENS
XXXXXXXXXX a longitudinal research study to determine the threats and opportunities inherent in Exotic Matter. Exotic Matter, also known as XM, is a subatomic energy that is believed to have the power to shape human thought, XXXXXXXXXX. XXXXXXXXXX evidence suggests that it has been influencing human society for the whole of recorded history. (handwriting: !!)
(handwriting pointing 2 highlighted lines: What does U know about XM's true potential?)
(handwriting outside the section: What evidence? Where is it kept?)

It is now known that XM filters into our universe via a number of sites scattered across the globe that the NIA has internally been referring to as 'XM Portals.' And thanks to the Ingress Scanner, a recent innovation by the Niantic Project's own Dr. Oliver Lynton-Wolfe, we are finally in a position to detect and interact with said Portals.

(handwriting on each blank: ?)
XXXXXXXXXX strategic implications of XM warrant the greatest possible attention. XXXXXXXXXX vital national interest not to fall behind in this area of research. (handwriting: --COP OUT)
(handwriting outside the section: ASK A.)

55

CHAIRWOMAN
You said the project resulted in no deaths at the Niantic facility. What about the incident at the Zurich train station?

OWENS
The deaths in question were a tragic accident. No question about it. The two deceased were Roland Jarvis and a Jane Doe. (handwriting on this blank: * JARVIS LEFT N WITH DEVRA. WHO IS JANE DOE? WHERE IS DEVRA?) XXXXXXXXXX gunshots wounds inflicted by NIA security operatives XXXXXXXXXX and XXXXXXXXXX. XXXXXXXXXX categorically denies that this incident had anything to do with the Power Cube test XXXXXXXXXX does not fall under the purview of this committee. XXXXXXXXXX
(handwriting outside the section: 1329 1330 1331)

CHAIRWOMAN
Noted. To the matter at hand. You are claiming that exposure to extremely high doses of XM is not in any way dangerous?

OWENS
In our experience, the contrary. During Epiphany Night, exposure to XM from Lynton-Wolfe's Power Cube caused our researchers to excel.Their physical, mental and creative acuity was off the charts. (handwriting outside the section: ADMISSION THAT XM CHANGES PROPERTIES!)

CHAIRWOMAN
Ihave here a classified report about 'Dark XM?'

OWENS
The hazardous properties of Dark XM are well documented. I can assure this committee that the NIA is not engaged in Dark XM research.

CHAIRWOMAN
I've been made aware that the Ingress Scanner technology created at Niantic leaked and is now accessible to the public? This is a matter of grave concern, both as a security risk and as to the potential for public endangement. Can you clarify how this happened?

56

OWENS
That is not true. The Scanner did not leak. Once it was determined that XM represented absolutely no danger to the public at large, we arranged for the XM Scanner to be released, contained within a mobile game called Ingress. (handwriting pointing this line: COVER UP?) XXXXXXXXXX (handwriting on this blank: NIANTIC DISGUISES MAJOR LEAK AS PLANNED RELEASE? WHO WAS RESPONSIBLE FOR THE LEAK?) Ingress has enabled us to crowdsourse XXXXXXXXXX without compromising the secretive nature of the project. The strategic value of this volume of data collection out weighs the potential security risks.

SCS
Ms. Owens, you're a fast talker but it's pretty damn clear

CHAIRWOMAN
Please let Ms. Owens finish.

SCS
you are trying to pull wool over our eyes...
(handwriting pointing 'SCS': OUTBURST.V)

CHAIRWOMAN
Let har finish, please. Ms. Owens you may continue.

OWENS
XXXXXXXXXX our decisions were prudent given the circumstances. XXXXXXXXXX a new form of energy all around the planet that has the ability to influence human thought. Do you really want to be on the backfoot when somebody else figures out how to use it? There are threats here. And there are opportunities. (handwriting pointing this line: NO FOLLOW UP FROM CHAIRWOMAN?) The best thing this committee can do is support our vital work. Unquestioningly.

前へ

機密情報:重要人物タイコ

次へ

イングレスプライム実装(v2.11.2)