機密情報:重要人物タイコ

重要人物タイコ
私のことに関しては、諸君も今後わかっていくだろう、私が何を追い求めており、どういったことを知り得るのか、いろいろとだ。

今のところは、己がために活用してくれて構わない。今回は超常的な力を持った漫画作家、タイコに関して幾つかの情報をご用意したよ。
内容
$omnivore: ~ XXXXXXXXXX$ ./omnivore --probe 'TYCHO' -all

偽名:タイコ
本名:不詳
状況:拘留中

タイコとは個人かもしれないし、そうではなく自らを「タイコ」と信じた集団を指す可能性もある。

機密と取り扱われていた出来事や場所をアート作品で表現していったことで、タイコは関心の目を向けられた。タイコは情報公開法などでも開示されていなかった情報を描いて見せたのである。

当初は漏洩事件と取り扱われ、情報封鎖が実行に移されたが、のちのセキュリティ調査で情報漏洩の事実は認められず、事件性はないと結論付けられている。

国家情報局のエゼキエル・カルビンは、タイコが異次元世界のビジョンを交信した可能性を示唆している。安直にいえば超能力者というのである。このような仮説は依然似非科学の域を出ぬものだが、カルビンは国家情報局の先行研究ワイダでその基礎となる発見があったと主張している。ここまでのところ、厳重な管理下にあるデータをタイコが極めて正確に把握できている理由を説明し得る仮説は他にない。

タイコの作品は数多く出回っているが、様々な様式を用いていることや題材や場所の表現も様々であることは、複数の人物が同じ偽名で活動しているとの論を後押しするものとなっている。

今のところわかっているタイコの作品は次のとおりである。

  1. 映画作品の絵コンテ。エキゾチックマター構造体「パワーキューブ」の極秘試験の行われた「啓示の夜」が描かれたものの、資金調達できなかった。
  2. グラフィックノベル「イングレス:オリジン」。国家情報局のシンクタンク「ナイアンティック計画」の遍歴に部分的一致が見られる。
  3. ポスター。メッセージが埋め込まれていることもあれば、ナイアンティック計画や国家情報局に関わる重要な場所や事件を表沙汰にすることもある。中には関連性のはっきりしない事件や場所が描かれているものもあり、タイコは過去を現在を未来を重ねて見ているのかもしれないとのカルビンの仮説を後押しすることとなっている。
ここに挙げたものが全てではない。

関連情報:
訳注
今回挙げられたタイコの作品は、いずれも類似する作品群の存在が過去に明らかとなっている。
  1. ナイアンティック・エスケープ(映画の絵コンテ)
  2. イングレス・オリジン(グラフィックノベル)
  3. ポスター

PersonOfInterest-Tycho.jpg

WEEK OF 10.29.2018
** IN PROGESS **
NIA (intel agency -- went dark in the 40s) created the Niantic Project to study XM (Exotic Matter) and built a Scanner that leaked and is now disguised as 'Ingress.' Ingress is not a game! Two people died due to a research accident (Epiphany Night)! XM is all around us, affecting our entire civilization, and the NIA is covering the whole thing up! The deaths, the leak, everything. Must dig deeper. And what the hell is Dunraven. Related? Who's behind it? Who is the candidate?

Persons of Interest: Tycho

You'll get to know me better in the weeks that come. You'll learn that I'm dogged, and that I have access. Lots of it.

For now, just use it to your advantage. Here's some more intel about Tycho -- the psychic comic artist.

Transcript
$omnivore: ~ XXXXXXXXXX$ ./omnivore --probe 'TYCHO' -all

ALIAS: TYCHO
REAL NAME UNKNOWN
STATUS: DETAIN

Tycho may or may not be one individual -- the name could represent a group of artists who all believe they are 'Tycho.'

A series of 'artistic interpretations' of classified events and locations brought Tycho to our attention. In these individual pieces, Tycho demonstrated intimate knowledge of information that had not been disclosed by FOIA or otherwise.

Initially, this was treated as a leak, and a lockdown was established. However, a top down OPSEC review concluded that this was not the case, and that no unlawful disclosure had occurred.

EZEKIEL CALVIN of the NIA has suggested that TYCHO may be channeling visions from other dimensions. In layman's terms, a psychic. This operating theory remains a fringe candidate, however CALVIN claims to have found some factual underpinnings for this theory during a prior NIA project (WHYDAH). Thus far no alternate theories have emerged that can explain Tycho's dangerously high awareness of heavily compartmentalized and restricted date.

A number of pieces attributed to Tycho have been uncovered, their diverse styles and representations of key figures and locations support the theory that multiple individuals may be operating under the same pseudonym.

The following is a list of known assets attributable to Tycho:

1. A series of storyboards for a motion picture that never recerived funding which depict the events of 'Epiphany Night,' a classified test of an Exotic Matter construct known as a 'Power Cube,'

2. A graphic novel known as 'Ingress: Origins' that resembles in some parts the history of an NIA thinktank, 'The Niantic Project.'

3. A series of posters, sometimes coverd in cryptic message, identifying key locations and at times known events related to the Niantic Project and the NIA. Some of the images depict events and locations not yet known to be relevant, supporting CALVIN's theory that Tycho may be viewing past, present and future simultaneously.

It is unlikely that this list is complete.

ASSOCIATED INFORMATION:

前へ

機密情報:ケーススタディ・セッション001

次へ

機密情報:ナラティブ・マネージメント