機密情報:ケーススタディ・セッション001

プロジェクト・ダンレイブン001「被験者研修」
若い女に謎めいた部屋、そして姿なき声か。良い組み合わせではないな。

私は困った立場に陥っている。ナイアンティックや国家情報局、イングレスのことを数ヶ月にわたって追ってきていろいろと知り得たし、前々から多くに精通していたのだ。

そこでこのダンレイブン計画という奴だ。こいつは私にとっても不意打ちでね、繋がりがあることはわかるのだが、どこにつながっているかがわからない。 被験者となった諸君、誰であれこいつのウェブサイトへ辿り着いたなら私へ連絡を寄せてくれ。それと背後には気をつけてくれよ、まわりの世界は私たちに見えたままとは限らないのだからね。
訳注
ここで紹介された映像は、先にダンレイブン財団を通じて発覚していたものと同一。

WEEK OF 10.29.2018
** IN PROGESS **
NIA (intel agency -- went dark in the 40s) created the Niantic Project to study XM (Exotic Matter) and built a Scanner that leaked and is now disguised as 'Ingress.' Ingress is not a game! Two people died due to a research accident (Epiphany Night)! XM is all around us, affecting our entire civilization, and the NIA is covering the whole thing up! The deaths, the leak, everything. Must dig deeper. And what the hell is Dunraven. Related? Who's behind it? Who is the candidate?

Project-Dunraven.001 Candidate_Onboarding

A young woman. A mysterious room. A faceless voice. Not a good combo.

I'm at a disadvantage. I've spent months looking into Niantic, the NIA and Ingress. I know a good amount, and I'm always learning more.

This Dunraven Project, through. It's blindsided me. I know it's connected, but I'm not sure where this rabbithole leads.

Candidate: Whoever you are, if you find this website, contact me. And watch your back. The world around you is not what it seems.

前へ

機密情報:脅威と機会

次へ

機密情報:重要人物タイコ