機密情報:脅威と機会

脅威と機会
国家情報局とは、ウィキペディアの記述を信頼するならば、1947年には表向き統廃合された諜報機関だ。

その研究はほとんどを似非科学技術に類するものであり、サイコメトリーやリモート・ビューイング、テレキネシスと際限ない。だが、権力者たちの間では長らくたちの悪い冗談に過ぎなかったその実態が表沙汰となった。

それは「ナイアンティック計画」と呼ばれ、たったひとりの非常に経験豊かな将校の手で進められていた。彼の名はエゼキエル・カルビン、ジークとも呼ばれる人物だ。切れ者でひたむきな男であり、愛国心も強い。だが、その不可解でありえそうもない物事とその少しばかり歪な終焉の調査に諸君が生涯を費やす必要なんてない。

何を疑っているかって?エゼキエル・カルビンはこの計画を立ち上げた当初からエキゾチックマターに関して遙かに多くのことを知悉していたのではないかということであり、彼の計画はまだ始まったばかりなのではないかということだ。
内容
文書番号:XXXXXXXXXX
極秘事項//米国籍限定//諜報事項//ナイアンティック
配付:XXXXXXXXXX
優先度:高

XXXXXXXXXX
国家情報局長および国家安全保障局長の覚書

議題:国家情報局によるナイアンティック計画への関与について
(報告第XXXXXXXXXX号)(計画第XXXXXXXXXX号)

本書を提出することで、ナイアンティック計画において私が遂行すべき任務を明確にする。
多様な専門分野に跨ぐ人材を募ってチーム編成する。これはCERNの大型ハドロン衝突型加速器の真下に設置する本計画の基盤として XXXXXXXXXX「エキゾチックマター・ポータル」の発見に脅威と機会へ特に留意しつつ XXXXXXXXXX ためである。

理論上のオーダーデータ・パターンから得られる影響を肯定的な面と否定的な面の双方を見極めるとともに、エキゾチックマター・ポータルから生物的、理論的の両面で技術獲得の可能性がないかを見極める。

本計画の機密保持のため、本調査研究の被験者には相応しい表向きの肩書きが与えられ、 XXXXXXXXXX

本計画実施期間中は独立して運営することに合意する。この覚書に拠らぬ国家情報局の他部門に関しては別途話し合うものとする。ナイアンティック計画に関わる全事項は、私から XXXXXXXXXX へ直接報告する。

資金調達および報告については、 XXXXXXXXXX

エゼキエル・カルビン
国家情報局エージェント

本書には情報公開法における開示義務免除事項に該当する情報が含まれる。1959年制定国家安全保障法(合衆国法典第50編第402条(4))の保護下にある国家情報局の組織および役割に関する情報が含まれる。本書の複製または削除は禁止する。本書の公表または不適切な開示に対する保護措置が講じられるものとする。
訳注
2012年11月に表沙汰となった国家情報局機密文書と酷似している。

ThreatsandOpportunities.jpg

WEEK OF 10.29.2018
** IN PROGESS **
NIA (intel agency -- went dark in the 40s) created the Niantic Project to study XM (Exotic Matter) and built a Scanner that leaked and is now disguised as 'Ingress.' Ingress is not a game! Two people died due to a research accident (Epiphany Night)! XM is all around us, affecting our entire civilization, and the NIA is covering the whole thing up! The deaths, the leak, everything. Must dig deeper. And what the hell is Dunraven. Related? Who's behind it? Who is the candidate?

Threats and Opportunities

The NIA. An intelligence agency that -- if you believe the Wikipedia page -- was gracefully shut down in 1947.

Hardly. They specialize in fringe technology research. Psychometry... Remote Viewing... Telekinesis... Their projects know no bounds. But their latest foray... after decades of being a black budget joke among the powers that be... it turned heads.

They called it 'The Niantic Project.' And one very dedicated, very seasoned field officer took the entire project onto his shoulders.

His name is Ezekiel Calvin. Goes by Zeke. A smart, dedicated, patriotic guy. But you don't spend a lifetime investigating the strange and improbable and not end up a little... warped.

My suspicion? Ezekiel knew more about Exotic Matter than he let on when he brought this project into being... And the plans he set in motion have just begun.
Transcript
DOCID: XXXXXXXXXX
TS//NOFORN//INT//NIANTIC
DO NOT SHRED: SECURE DISPOSAL ONLY.
DISTRIBUTION: XXXXXXXXXX
PRIORITY: HIGH
XXXXXXXXXX
MEMORANDUM FOR DIRECTOR, NATIONAL INTELLIGENCE AGENCY / CHIEF, CENTRAL SECURITY AGENCY (U)
SUBJECT: NIA involvement with the Niantic Project (Report No XXXXXXXXXX
(Project No. XXXXXXXXXX
I am providing this docment to clarify my mission on the Niantic Project.
I will recruit a multi-discriplinary team in order to XXXXXXXXXX with a special emphasis on the Threats and Opportunities to be found from 'Exotic Matter Portals' XXXXXXXXXX facilitating infrastructure for this project beneath the Large Hadron Collider at CERN.
I am to assess the positive and negative cognitive effects of a theorized Ordered Data Pattern XXXXXXXXXX as well as the reality and viability of acquiring technology, both biological and theoretical from Exotic Matter Portals.
It has been agreed that I will maintain complete operational independence for the duration of this project. Other assignments have been discussed in other areas of the NIA which are not relevant to this memorandum. For all matters related to the Niantic Project, I will report directly to XXXXXXXXXX
For funding and reporting XXXXXXXXXX
Ezekiel Calvin
Field Agent, National Intelligence Agency
This document contains information exempt from mandatory disclosure under the Freedom of Information Act. This report contains certain classiffied information relating to the organization and function of the National Intelligence Agency that may be protected by the National Security Act of 1959, as amended (50 United States Code 402 (iv)). Reproduction or removal of pages is prohibited. Safeguards must be taken to prevent publication or improper disclosure of this report.

前へ

機密情報:認識力の増強

次へ

機密情報:ケーススタディ・セッション001