機密情報:エウレカ

エウレカ
オリバー・リントン=ウルフか、いや失礼、オリバー・リントン=ウルフ博士だったな。その名は覚えておこう、諸君も数知れずその名を聞くことになるだろう。

この自己中心的で傲慢不遜な、それでもナイアンティック計画において才気溢れる研究者と認めざるを得ぬ人物だ。彼はレゾネーターといったエックスエム・オブジェクトの謎を解き明かし、次元を跨ぎポータルとの交信を為し得た男だ、それも単なる携帯端末を使ってね!そしてエックスエム・スキャナーを生み出した。諸君がイングレスという「ゲーム」として知るものをだ。

頭の切れる男だよ。だが、際限なき知識への渇望に囚われている。そしてそれが彼を危険たらしめているわけだ。

何が危険かだって?その答えを知りたければ、ナイアンティック計画における運命の夜に何が起きたのかその真実を知らねばならない。覚醒の瞬間だったという者もいるだろう、彼等にとってそれは啓示の夜だ。だが災厄となった者もいるだろう、彼等にとってそれはナイアンティック・カラミティだ。

ひとつの事象を語るに二つの呼び名がある。やがて諸君もそのわけを知ることになるだろう。
内容
--本日--
オリバー [午後3時32分]
時代錯誤となるが、エウレカと言いたいね。

カルビン [午後3時41分]
続けたまえ

オリバー [午後3時41分]
エックスエムを格納する手段が確立したんだ。数日中に「パワーキューブ」の試作ができるでしょう。

カルビン [午後3時41分]
デヴラは危険性を指摘していたが

オリバー [午後3時42分]
デヴラ・ボグダノヴィッチが研究の主導権を握ったままでしたら、今頃我々は炎の起こし方を調べていたままでしたでしょうね。

カルビン [午後3時42分]
留意すべきことはあるのか?(編集済)

オリバー [午後3時43分]
首尾よく行けばパワーキューブは安定化し、今後のフィールド調査に寄与することでしょう。上手くいかずともナイアンティックチームにとって知見となるエックスエムを更に得られることとなります。彼等も私のように啓示を得ることができるでしょう。いずれにせよプロジェクトの利益となるのです。

カルビン [午後3時44分]
君には何の憂慮もないようだが、副次効果は他者に異なる影響を及ぼす可能性だってあるぞ。

オリバー [午後3時44分]
否定はしませんが、実施をやめろとでも?デヴラの言うことなんて考えずとも良いでしょう。

カルビン [午後3時45分]
そうじゃないさ。
続けたまえ。
連絡は怠るなよ、必要であればデヴラには私から伝えておこう。
訳注
かつてのナイアンティック計画でもオリバー・リントン=ウルフとジーク・カルビンの間で似たようなやりとりが行われていたことが、2012年11月に明らかとされていた。

Eureka.jpg

WEEK OF 10.29.2018
** IN PROGESS **
NIA (intel agency -- went dark in the 40s) created the Niantic Project to study XM (Exotic Matter) and built a Scanner that leaked and is now disguised as 'Ingress.' Ingress is not a game! Two people died due to a research accident (Epiphany Night)! XM is all around us, affecting our entire civilization, and the NIA is covering the whole thing up! The deaths, the leak, everything. Must dig deeper. And what the hell is Dunraven. Related? Who's behind it? Who is the candidate?

Eureka
Oliver Lynton-Wolfe. Oh, wait, sorry. DOCTOR Oliver Lynton-Wolfe. Remember that name, you're going to see it a lot.

This self-important, arrogant, but (even I have to admit) brilliant researcher made the Niantic Project what it was. He unlocked the secrets of XM objects, like Resonators, learned how to interact with transdimensional Portals (using nothing more than a cell phone!), and created the XM Scanner... what you know as the 'game' Ingress.

Smart guy. But possessed by an insatiable hunger for knowledge. And that makes him dangerous.

How dangerous? If you want to know the answer to that, you have to learn about what really happened on one fateful night at the Niantic Project. To some, a powerful moment of awakening. An Epiphany Night. To others, a disaster. The Niantic Calamity.

One event. Two names. You'll figure out why soon enough.

Transcript
--TODAY--
Oliver Lynton-Wolfe 3:32 PM
In a different century, I would be shouting Eureka.

Zeke Calvin 3:41 PM
I'm listening

Oliver Lynton-Wolfe 3:41 PM
I've stabilized the formula for XM containment.
Could have a prototype 'Power Cube' built in days.

Zeke Calvin 3:42 PM
Devra's worried about the risks

Oliver Lynton-Wolfe 3:42 PM
If Devra Bogdanovich was in charge of our research decisions, we'd still be trying to figure out if fire burns.

Zeke Calvin 3:42 PM
any deployment risks I need to be aware of? (edited)

Oliver Lynton-Wolfe 3:43 PM
Best case, a stable Power Cube. A boon for field research operations.
Worse case, a little extra XM for team Niantic. Boosted intelligence. They'll experience epiphanies at the same rates I've been having.
who knows they might actually contribute something worthwhile to the project as a result

Zeke Calvin 3:44 PM
While you seem to have no neg. side effects, others might react differently.

Oliver Lynton-Wolfe 3:44 PM
Is that a no then. You want to hold off deployment?
don't let devra get in your head.

Zeke Calvin 3:45 PM
no.
keep working.
keep me in the loop. i'll let devra know as needed.

前へ

ポータルの攻撃と防御(映像)

次へ

コントロールフィールドの構築(映像)