イングレス・ストーリー(映像)

イングレス・ストーリー
イングレス・スキャナーに隠された目的と経緯を知っておきましょう。イングレスプライムとは単なるゲームではないのです。
内容

ナイアンティックのロゴが表示され、続いてひとりの女性が国家情報局のロゴを背後に語り始める。テロップで「ケンドラ・オーウェンズ(国家情報局ナラティブ・マネージメント)」と説明されており、オシリス世界においてケン・オーウェンに替わる存在であると推察できる。
20181106_04.png


ケンドラ:イングレスプライムはゲーム業界において携帯端末を通じた没入と仮想、ネットワークによる体験で新たなムーブメントの一翼を担うでしょう。

映像が乱れ、シャポーの映像が介入する。
20181106_05.png


シャポー:私の名はシャポー、トゥルースシーカーだ。エックスエムやイングレス、ナイアンティック計画に隠された秘密を暴くインベスティゲイターでもある。諸君には知っておいてもらいたいことがあるんだ、順を追って説明していくとしよう。少々遡ることになるがね。

画面が切り替わり、モノクロ映像が次々と流れ始める。シャポーによる国家情報局の説明とともに映像は施設の外観に始まり、研究へ没頭する人々が流れる。その中にはイングレスプライムの初回起動時に表示される機密文書の1枚もある。
20181106_06.png
20181106_07.png
20181106_08.png
20181106_09.png
20181106_10.png
20181106_11.png
シャポー:
疑似科学を研究するアメリカ諜報機関の国家情報局がごく最近になって発見されたエックスエムこと量子的事象「エキゾチックマター」の調査にとあるシンクタンクを創設した。

切り替わっていくモノクロ映像に重なるようにオブジェクトの設計図が表示されていく。
20181106_12.png
20181106_13.png
20181106_14.png
20181106_15.png
20181106_16.png
20181106_17.png
20181106_18.png
シャポー:国家情報局はこのエックスエムが人類に影響を及ぼしていると考え、多種多様な人材による研究チームを編成したんだ。芸術家もいれば、分野を問わず学者も集められ、そのシンクタンクはナイアンティック計画と名づけられた。国家情報局ではこれまでにも沈没船をプロジェクト名に用いているが、これも興味深いところだね。
20181106_19.png

シャポー:ナイアンティック計画では、エックスエムを検出して制御するスキャナーが開発された。今では諸君がイングレスと呼んでいるものだ。
20181106_21.png
20181106_22.png
20181106_23.png
シャポー:スキャナー技術によってエックスエムが太古の時代から我々の身近に存在しており、それは「ポータル」という世界中の特別な場所から現れ出ていることがわかった。
20181106_24.png
20181106_25.png
20181106_26.png
20181106_27.png
シャポー:人類は何千年もの昔からポータルの存在を感じ取り、そこに芸術品や寺院、記念碑といったものを建立してきたが、当人たちもどうしてそうしたか自覚はなかったことだろう。
20181106_28.png
20181106_29.png
20181106_30.png
シャポー:エックスエムの内にはシグナルが存在している。脳へ影響を及ぼすものだ。
20181106_31.png
20181106_32.png
シャポー:創造性を刺激し覚醒させもするが、その力を怖れる者たちもいた。
20181106_33.png
20181106_34.png
シャポー:エックスエムの脅威と機会に対する見解の相違から人類は二つの陣営に分かたれたわけだ。
20181106_35.png
20181106_36.png
シャポー:エンライテンドはエックスエムが人類を高め、いずれは真の姿へと到達させる有益なものと考えている。
20181106_37.png
20181106_38.png
シャポー:対するレジスタンスはエックスエムを人類の精神を冒す害意あるものと考え、それを制御できるようになるまで人類を守ろうとしている。
20181106_55.png
シャポー:ナイアンティック計画はといえば、首尾よく行きはしなかった。スキャナー技術は漏洩し拡散を始めてしまっている。ご承知のとおり、彼等はそれをイングレスというゲームと見せかけることで隠蔽を図ったわけだ。
20181106_39.png
20181106_40.png
20181106_41.png
20181106_42.png
シャポー:そうして啓示の夜が起きてしまった。技術試験に失敗し研究施設内すべての人々が危険域に達する高濃度のエックスエムに曝されてしまったのだ。
20181106_43.png
20181106_44.png
シャポー:二人の研究者、デヴラ・ボグダノヴィッチとローランド・ジャービスが逃亡を図ったものの、国家情報局の保安部隊はチューリッヒで彼等を捉える。
20181106_45.png
20181106_46.png
シャポー:銃撃によって死者を出すこととなった。
20181106_47.png
シャポー:さて、私を含め諸君はどこへ向かうべきなのだろうか。諸君には二つの選択肢が用意されている。
20181106_48.png
シャポー:ひとつは陣営を選択し、ポータルを確保し、フィールドを構築し、その行動の結果どうなるかを考えることなくゲームを愉しむ一般市民として生活することだ。
20181106_49.png
20181106_50.png
20181106_51.png

20181106_53.png
20181106_54.png
シャポー:もうひとつは、この世界が見たままとは限らないことを実際に知ることだ。そんなゲームなんて存在せず、あるのは我々の行く先を決する力のある陰謀だということを。知りたいのであれば、諸君も私と同じ道を歩まねばならない、トゥルースシーカーとして。

シャポーがカメラのレンズを手で覆い隠し、映像が途切れる。続いて、イングレスプライムのロゴが表示されるがブラックアウトした中で混線したような音声の中でケンドラの声が聞こえる。

ケンドラ:ケンドラです。多くの観点から状況を判断すると、もはや隠し通すことはできません。解き放たれた魔人をランプに戻すことなんてできないのです。手立てはあります、他に手はないでしょう。衆目の中に紛れ込ませるのです。エックスエムや漏洩したスキャナー、エンライテンドやレジスタンス、それら全てが単なるゲームの、架空の物語に過ぎないと思わせるのです。そうすれば責任を逃れるのみならず、必要以上の調査データを期待できるでしょう。エイダとジャービスを隠蔽する方策を検討する猶予もあるはずです。私にお任せください、これが私の役割なのですから。私であれば窮地を救うことができるでしょう。

男性の声:いいだろう、ケンドラ。そうしてくれ。何が必要となるかね?

訳注
この映像はイングレス公式サイトの刷新にあわせ掲載されたもののひとつ。

この映像でケンドラ・オーウェンズ、デヴラ・ボグダノヴィッチといったプライム世界の人物が初登場している。

この映像説明にあるイングレスプライムのURLは実際には存在していない。

Ingress
2018/11/05
Are you ready to learn the true purpose and origin of the Ingress Scanner? Ingress Prime is more than just a game ... http://ingressprime.com

The Ingress Story
Transcripted byYutoraion
[ Niantic Inc Logo ]

[ KENDRA OWENS: NARRATIVE MANAGEMENT, N.I.A. ]

Ingress Prime is part of a new movement in gaming. Combining a mobile social experience to avast an immersive, fictional, net--

< Movie interrupt. PAC appeared >

My name is P.A. Chapeau. I am a Truthseeker.
An Investigator working to uncover secrets about XM, Ingress and the Niantic Project.
These are things that you need to know.
So I'm going to take you back to the beginning.

Some time ago, an American intelligence agency -- that works in fringe science called the NIA -- formed a think-tank to study a recently discovered quantum phenomenon -- Exotic Matter, XM.
The NIA suspected that XM was affecting human behavior, so they assembled a diverse team. Artists, Scientists, Academics to study it.
They called this think-tank the Niantic Project. ...The NIA always named their projects after sunken ships. Go figure.

The Niantic Project created the Scanner -- what you now know as Ingress -- to detect and harness XM.
Using it, they found that XM has been around us for a very long time and that it enters our world through special places -- Portals.
People have been feeling the Portals for millennia.
They marked them with art, temples, monuments, more, but they never knew why they were doing.
There is a signal in the XM. A signal that touches the human brain.
It can inspire and awaken creativity in some, for others all they sense in the XM is fear and distrust.

Two factions formed, divided by their view of XM's threat or opportunity.
The Enlightened see it is a beneficial force that inspires us, and will elevate humanity to its truest form.
The Resistance see it as a hostile takeover of the mind. Something to be defended against until it can be harnessed on our own terms.
As for the Niantic Project, it didn't end well. The XM Scanner leaked and started spreading. They managed to cover it up by disguising it as a game called Ingress... sound familiar?

And then there was a Epiphany Night.
A technology test gone a ride. Everyone in the lab was exposed to dangerously high XM levels.
Two researchers -- Devra Bogdanovich and Roland Jarvis -- tried to escape.
NIA security forces caught up with them in Zurich... Bullets were fired and lives were lost.

So where does that leave you, and me? You have two choices.
You can go back to pretending you're playing a game, pick a side, capture portals, throw fields and leave it at that you never have to wonder about the consequences of your actions or your choices.

Or you can realize that the world around you is not what it seems.
There is no game here. There's a conspiracy that has the power to shape our future.
And if you want to learn more... You'll have to become what I am: A Truthseeker.

< PAC covered the camera, blackout. >

[ INGRESS PRIME logo ]

< Still blackout, but sound is active. Two people are talking >

It's Kendra.
I've scoped this thing from a hundred angles, We can't contain it.
The genie doesn't fit back in the bottle. We have one play, but it's a good one, Denial won't work.
So instead hide in plain sight.
XM, The Scanner leaked, The Enlightened, The Resistance. All of it, Embrace it.
Convince the world it's just a game, it's a fiction.
If we do this, you don't just survive you thrive.
You'll get more research data than you'll know what to do with. And it buys your time to figure out how to contain ADA and Jarvis.
Trust me, this is what I do. I can get you safe.

Alright, Kendra. I'll buy it. We'll do it your way. What do you need?

前へ

ウェルカム・トゥ・イングレス(映像)

次へ

ポータルのハックと確保の手段(映像)