機密情報:アノマリー戦績基準

アノマリー戦績基準
差し迫ったアノマリーに関する機密指定の解除された国家情報局文書を手に入れたよ。重要なものだ。諸君が現地へ赴こうとも、世界のどこかへ居ようとも、関わる機会はある。勝機を逃してはならない。
内容
アノマリー概要:
「特定の場所には人を惹きつけるのみならず事象に働きかける力があると私は考えている」
ハンク・ジョンソン(考古学者・エックスエム研究者)

アノマリーとは、エージェント活動と主要地域のエックスエム状態に応じて世界の行く末に影響を及ぼし未来を変え得る特別な機会である。アノマリーとは独特の状態であり、その研究では人や特定のエックスエム・オブジェクトへ影響を及ぼす可能性があることがわかっている。我々が行わなければならないのは、アノマリーを理解しどのような影響を及ぼすかを予測し、エージェントがイングレス・スキャナーを介して介入できるようにすることである。この文書には、今後のアノマリーに関連した重要な情報を記載している。

今後のアノマリー発生日程
アジア大洋州地域
都市名 UTC UTC開始時刻 現地開始時刻 現地終了時刻
香港(中国) +8 2018年11月17日 5:00:00 13:00:00 ~16:00:00
ジョグジャカルタ(インドネシア) +7 2018年11月17日 5:00:00 12:00:00 ~15:00:00
欧州中東アフリカ地域
都市名 UTC UTC開始時刻 現地開始時刻 現地終了時刻
バルセロナ(スペイン) +1 2018年11月17日 12:00:00 13:00:00 ~16:00:00
ブカレスト(ルーマニア) +2 2018年11月17日 12:00:00 14:00:00 ~17:00:00
アメリカ地域
都市名 UTC UTC開始時刻 現地開始時刻 現地終了時刻
オースティン(テキサス州) -6 2018年11月17日 18:00:00 12:00:00 ~15:00:00
ソルトレイクシティ(ユタ州) -7 2018年11月17日 18:00:00 11:00:00 ~14:00:00

太字:国家情報局ブートキャンプ、プライムチャレンジ、ステルスオプスも行われるプライマリーサイトであり、インテルオプスが行われる可能性もある。

オシリス:世界の命運

リカージョン・アノマリーシリーズはオシリスと呼ばれる1年間を通じたシーケンスの一部である。勝利した陣営にはオシリスにおける勝利へつながる極めて重要なオブジェクトへアクセスすることが適う。シーケンスは次のアノマリーシリーズで構成されている。

オシリス:

  • カサンドラ・アノマリーシリーズ(エンライテンド勝利)
  • リカージョン・アノマリーシリーズ
  • ダルサナ・アノマリーシリーズ
  • プライムオプス:コーラン
  • アバドン・アノマリーシリーズ

最終シリーズとなるアバドン・アノマリーは2019年05月に発生する。この際にオシリスを支配した陣営が世界の命運を決定づけることになるだろう。その先に何が待ち構えているかは定かではない。

リカージョン:背景
エックスエム研究者のハンク・ジョンソンはリカージョン・アノマリーの渦中にあり、勝利陣営はハンク・ジョンソンを引き入れることになると断定している。ハンク・ジョンソンはその生涯で考古学者、特殊部隊の工作員、冒険番組「ノマド」の主宰者、エックスエム研究者を経験してきた。その共通点には「パワースポット」を特定できるという能力があった。世界中の特殊なエネルギーを放出する場所を感じとることができたのだ。端的に言ってしまえば、ハンク・ジョンソンはセンシティブであり、「パワースポット」とは過去も現代も問わぬエキゾチックマター・ポータルのことである。

最近になってハンク・ジョンソンは既に人間ではない可能性があると知ることとなった。まず、強力なビジョン能力を持つことで知られるナイアンティック計画の記号学者キャリー・キャンベルが、ハンク・ジョンソンはエックスエムに曝露し生まれ変わったことを示唆し、次いでハンク・ジョンソンは21片から成る「リカージョン・アーティファクト」を受け取っている。それこそがかつてマケドニア王アレキサンダー三世が東征を行った真の目的となったものである。その内にあったメッセージはハンク・ジョンソンが自覚せぬままエックスエムで形づくられた複製体「シミュラクラ」となっていたことを示唆するものだった。

シミュラクラは1331日間にわたって存在を維持し続けたうえでリカージョンと呼ばれる唐突な消滅と再生を行う。ハンクがシミュラクラだとすれば、リカージョンによってシミュラクラになって以降の記憶の一切を失ってしまうことだろう。メッセージによれば、このアーティファクト群が記憶の喪失を軽減させるのだという。

アノマリーの発生によって記憶を内包したいずれかのリカージョン・アーティファクトを活性化させることができれば、次なるハンクのシミュラクラへ送り込むことができるだろう。また、アーティファクトは関連するアノマリーに勝利した陣営の記憶も送り込む。結果として、21片中13片を制することで、ハンク・ジョンソンの次なるシミュラクラの立場を決定づけることとなる。

ハンク・ジョンソンは、ナイアンティック計画の研究者にあって卓越した知見と戦術的な技能を持ち合わせた人物であり、仲間へ引き込めば心強い助けとなるだろう。

リカージョン:アノマリーの構成
リカージョン・アノマリーシリーズは2日間で構成され、初日は2018年10月20日に9都市でサテライト・アノマリーが、2日目は2018年11月17日に3都市でプライマリーアノマリー、3都市でサテライト・アノマリーが発生する。

それぞれのアノマリーは3時間にわたり、後述する4種類の戦いで構成される。これらの戦いはいずれも3時間を通じて行われるものである。

アノマリー種別 ポイント
種別1:アクティベイト・アーティファクト
(ポータル・コントロール・バトル)

両陣営は高い価値を有するボラタイル・ポータルを活用しつつアノマリーゾーン内のポータルをできる限り多く確保ししなければならない。できるだけ多くのアノマリーゾーン内ポータルを確保して、より多くのポイントを獲得せよ。
100
種別2:サークル・オブ・メモリー
(ペリファリィ・フィールディング・オペレーション)

両陣営はアノマリーゾーン外縁に位置するポータル2箇所とアノマリーゾーン外に位置するポータル1箇所を活用してできる限り多くのフィールドを構築しなければならない。外縁ポータル2箇所とアノマリーゾーン外ポータル1箇所でできるだけ多くのフィールドを構築し、より多くのポイントを獲得せよ。
100
種別3:ノマド・ジャーニー
(ロンゲストリンク・パス・チャレンジ)

両陣営は指定された開始地点ポータルから最大8本のリンクを活用して長距離経路を形成しなければならない。リンク経路でより多くの距離を確保し、より多くのポイントを獲得せよ。
100
種別4:アウェイクン・ポータル
(ユニーク・ポータルハック)

両陣営エージェントは3時間のアノマリー発生時間内にアノマリーゾーン内でできるだけ多くのポータルをハックしなければならない。できるだけ多くのユニーク・アノマリーゾーン・ポータルをハックして、より多くのポイントを獲得せよ。
33
種別5:プライムチャレンジ
(プライマリーサイト限定)

エージェントは肉体と精神を追い込むプライムチャレンジに参加する。分隊はそのパフォーマンスと特定任務達成によってポイントを獲得し、陣営に寄与することとなる。
33

したがって、各アノマリーサイトで争奪するポイントの総計は333ポイントとなり、より多くのポイントを獲得した陣営がそのアノマリーサイトを制することとなる。

リカージョン・アノマリーシリーズの勝利陣営を決するにあたっては、アノマリーサイトごとに1片のリカージョン・アーティファクトを活性化させたものと扱われる。

加えて6片のリカージョン・アーティファクトは世界各地のエージェント活動によって活性化される。その内訳はグローバルマインドユニット・チャレンジとして初日に3片、2日目に3片となる。

アノマリーゾーンの識別
アノマリーはアノマリーゾーンに指定されたポータル群で発生する。アノマリーゾーンの凡その区画を明らかとする地図が公開されるとともにアノマリー発生期間中にはポータル・オーナメントが点灯し、どのポータルがゾーン内で活性化しているかを指し示す。

アノマリー発生期間中、アノマリーゾーン内全てのアクティブポータルはインテルマップおよびスキャナー上でオーナメント点灯する。加えてポータル・オーナメントにはアノマリーにおいてどのような機能か特定することに役立てることができる。そのポータルの種類を以下に概説する。

オーナメント
(リダクテッド)


オーナメント
(プライム)
機能
Recursion-AnomalyZone.png image9.png 通常のアノマリーゾーン・ポータル ポータル・コントロール・バトルにおいてポイントとなる。
Recursion-AnomalyZoneVol.png image10.png ボラタイル・ポータル ポータル・コントロール・バトルにおいて高ポイントとなる。
Recursion-Periphery.png image14.png ペリファリィ・ポータル ペリファリィ・フィールディング・オペレーションに活用される。
Recursion-EnlLinkStart.png image8.png ロンゲストリンク・チャレンジにおけるエンライテンドの開始ポータル。
Recursion-ResLinkStart.png image6.png ロンゲストリンク・チャレンジにおけるレジスタンスの開始ポータル。

計測時間:
アノマリーの状況を評価するため、国家情報局司令部は3時間の内に繰り返し計測を行う。

第1アワーでは計測が30分間ごとに行われる。開始30分後に1回目の計測が行われ、開始60分後に2回目の計測が行われる。

第2アワーでは開始20分後、40分後、60分後の20分間ごとに計測が行われる。

第3アワーでは開始15分後、30分後、45分後、60分後の15分間ごとに計測が行われる。

各計測は2分間の時間枠内においてランダムのタイミングで行われる。この時間枠は上述の時刻に開始され、2分間後に終了する。

ただし、ユニーク・ポータルハックに関してはアノマリーの開始から終了まで3時間にわたって計測対象となる。

アノマリーゾーンの中立化およびフィールド安定性
アノマリーゾーン内にある全てのポータルは、アノマリー発生直前(およそ2~3時間前)に中立化される。この中立化はポータルの免疫時間に影響を及ぼさない。

アノマリー発生時間内にアノマリーゾーンの大部分を覆い尽くすかアノマリー種別のいずれかに干渉する広域フィールドは自発的に不安定化する可能性がある。

種別1:アクティベイト・アーティファクト(ポータル・コントロール・バトル)
計測時間ごとにアノマリーゾーン内のポータル状況が分析される。

計測時間ごとにアノマリーゾーン・ポータル1箇所の確保で1ポイントを獲得できる。更に各計測時間で相当数のポータルが「ボラタイル」となり、上述した特別なオーナメントが点灯する。ボラタイル・オーナメントは関連する計測時間前の時間枠に点灯する。例示すると、第1アワー第1計測前の30分間に点灯し、その後30分間は別のグループが点灯することとなる。このようにボラタイル・ポータルは時間経過に応じて切り替えられていくものであり、ひとつひとつが10ポイントを有する。

各計測時間では、通常のアノマリーゾーン・ポータルおよびボラタイル・ポータル双方の確保で得られたポイントの総計が陣営の記録となり、アノマリー終了時までに達成した最高記録がこの種別における陣営の最終的な素点となる。例示すると、第1計測でレジスタンス120対エンライテンド68、第9計測でレジスタンス89対エンライテンド129であった場合、この種別における最終的な両陣営の素点はレジスタンス120(第1計測)対エンライテンド129(第9計測)となる。

ペリファリィ・ポータルおよびロンゲストリンク・パス・チャレンジ開始ポータルも計測対象となる。

種別2:サークル・オブ・メモリー(ペリファリィ・フィールディング・オペレーション)
各計測時間では、特別なオーナメントの点灯した「ペリファリィ・ポータル」上でアノマリーゾーン外ポータル1箇所を活用して構築したユニーク・フィールド数が計測される。

ペリファリィ・ポータル2箇所とアノマリーゾーン外ポータル1箇所を活用したフィールドで1枚あたり1ポイントを獲得できる。ペリファリィ・ポータルに陣営固有性はなく、いずれの陣営もフィールド構築に活用できる。

各計測時間ではペリファリィ・フィールドに活用されたアノマリーゾーン外ポータルの数が記録される。全ての計測の中で最高記録がこの種別における陣営の素点となる。例示すると、第1計測でレジスタンスはペリファリィ・フィールドにアノマリーゾーン外ポータル45箇所、エンライテンドは28箇所をを活用し、第9計測でレジスタンスはペリファリィ・フィールドにアノマリーゾーン外ポータル23箇所、エンライテンドは39箇所をを活用した場合、この種別の最終的な素点は、レジスタンス45(第1計測)対エンライテンド39(第9計測)となる。

ペリファリィ・フィールドが記録に計上されるためには、ペリファリィ・ポータル2箇所とアノマリーゾーン外にあるユニークポータル1箇所で構築していなければならない。これに反したフィールドや活用するアノマリーゾーン外ポータルに重複のあるフィールドは計上されない。次の画像を踏まえて更に詳述する。

periphery-fielding.png

上図では次の結果を得られる。

フィールド(a)は1ポイントが計上される。
フィールド(b)はアノマリーゾーン・ポータルを活用しているため計上されない。
フィールド(c)は1ポイントが計上される。
フィールド(d)(e)はアノマリーゾーン外ポータル1箇所を重複して活用していることから1ポイントのみ計上される。
フィールド(f)はペリファリィ・ポータルを1箇所しか活用していないため計上されない。

種別3:ノマド・ジャーニー(ロンゲストリンク・パス・チャレンジ)
アノマリーの各アワー開始時にロンゲストリンク・パス・チャレンジの開始地点となるポータル群がオーナメント点灯する。オーナメントの点灯するポータル数はアノマリーの規模に応じて異なり、次のようになる。

アノマリー 各アワー陣営別の開始ポータル数
香港
(中国)
9
ジョグジャカルタ
(インドネシア)
3
バルセロナ
(スペイン)
6
ブカレスト
(ルーマニア)
3
オースティン
(テキサス州)
4
ソルトレイクシティ
(ユタ州)
3

両陣営は最大8本からなるリンクで指定された開始ポータルからの最長距離を目指さなければならない。以下に例示する。

LongestLinkExample.png

この具体例においてエンライテンドの記録は次のようになる。

15.88 + 23.42 + 23.95 + 16.17 + 35.60 + 22.59 + 36.79 + 29.09 = 203.49

リンク#9は最大8本という制限を超えるため記録に計上されない。

対してレジスタンスの記録は次のようになる。

11.32 + 34.54 + 48.71 + 18.39 + 30.73 + 66.50 = 210.19

リンク本数こそ少ないもののリンクパスの総距離では上回ることからレジスタンスの方がより優れた記録となる。

上図の例では両陣営ともにリンクの枝分かれがあるものの、総距離で短いリンクパスとなっている。このような枝分かれは記録へ計上されず、最大8本で最長のリンクパスのみが計上されることとなる。

リンクパスは必ず陣営の開始ポータルを起点としなければならないが、その形成にはどのアノマリーゾーン内ポータルを活用しても構わず、ペリファリィ・ポータルやボラタイル・ポータル、他の開始ポータルであっても良い。アノマリーゾーン外ポータルを活用してしまうと、そこで記録は途絶え、最後に使用されたアノマリーゾーン・ポータルで終了したものと取り扱われる。リンクパスがループしてしまう場合は、そこで記録は途絶え、既に活用済みのポータルへ新たに接続されたリンクは無効と取り扱われる。対立する陣営の開始ポータルを起点としたリンクパスは記録に計上されない。例示すると、エンライテンド開始ポータルを起点とするレジスタンスのリンクパスは記録とならない。

各計測時間で最長距離のリンクパスが記録され、他の種別と同様に全ての計測で最長距離となるリンクパスが陣営の最終的な素点となる。

種別4:アウェイクン・ポータル(ユニーク・ポータルハック)
アノマリーの開始から終了までの3時間に参加登録した各エージェントのハックしたユニーク・アノマリーゾーン・ポータルが計上される。

両陣営の上位15%と下位15%の値を削除のうえ、残るエージェントのハックしたユニーク・アノマリーゾーン・ポータルの平均値が最終的な素点となり、後述のアノマリースコアへ活用される。

種別5:プライムチャレンジ(プライマリーサイト限定)
プライマリーサイトでエージェントは肉体と精神を追い込むプライムチャレンジに参加することができる。ここで優れたパフォーマンスを発揮した分隊はタイのコーラン島で複数日にわたる任務へ従事する足掛かりとなるだろう。

分隊はそのパフォーマンスと特定任務達成によってポイントを獲得し、陣営に寄与することとなる。プライムチャレンジを終えると両陣営のスコアの割合に応じて33ポイントが分配されることとなる。

アノマリースコア
種別1~3(ポータルキャプチャ、ペリファリィ・フィールディング、ロンゲスト・パス・リンク)は両陣営の素点が合計100ポイントへ換算される。例示すると、130対250の場合は34.21対65.79へ換算される。種別4は33ポイントがまとめて取り扱われ、より優れた値の陣営へ全ポイントが割り当てられる。

333ポイントから成る数値の合計が最終的なアノマリースコアとして扱われ、より多くを獲得した方が勝利陣営となる。ここで同点となった場合はユニーク・ポータルハックに勝利した陣営を同点勝利と取り扱う。

アノマリー発生中のアクションポイント増大
アノマリーは高エネルギー状態にある事象であり、アノマリーにおけるエージェント活動でアクションポイントが増大することとなる。

アノマリーへ参加登録・参加受付を行ったエージェントは、アノマリー現地3時間で獲得したアクションポイントが計測され、その2倍のアクションポイントがアノマリーの翌週にスキャナーへ自動配信される。また、アノマリーゾーンでの活動で得たアクションポイントが電子メールで通知される。

シリーズスコア
それぞれのプライマリーアノマリーとサテライトアノマリーはリカージョン・アーティファクト1片の活性化を争う。世界中のエージェントがフィールドを構築しマインドユニットを生成することで、それぞれのアノマリー発生日に3片ずつ計6片の活性化を争う。リカージョン・アーティファクトは計21片あり、うち13片を確保すればハンク・ジョンソンと目的をその陣営と同じくすることができる。

グローバル・マインドユニット・チャレンジ
アジア大洋州地域のアノマリー開幕時とアメリカ地域のアノマリー収束時にグローバル・マインドユニットの値が計測される。つまり、日本標準時で2018年11月17日14時00分から2018年11月18日06時02分までとなる。この時間枠でより大きくマインドユニットを増大させた陣営がグローバル・マインドユニット・チャレンジに勝利し、そのアノマリー発生日のリカージョン・アーティファクト3片を活性化させることができる。比較される増大分の値は陣営ごとの収束時マインドユニットと開幕時マインドユニットとの差分で求められる。

機密情報
アノマリーに関する特定の情報を明らかにする情報が出現する可能性がある。エージェントはステルスオプスやインテルオプスといった機会を逃さぬよう細心の注意を払わねばならない。

更新履歴
2018年11月12日04時55分(日本標準時)
公開

訳注
このアノマリー機密情報のうち、戦績基準は10月の文書をもとにして2018年11月08日にゲームマスターによって生成され、11月12日04時55分に編集されたことがファイルの履歴からわかる。また、アノマリーマップも11月12日にダンレイブン財団から開示されていた。

TS-OSIRIS-RECURSION - Anomaly Intelligence - November 17th, 2018_ページ_1.jpg TS-OSIRIS-RECURSION - Anomaly Intelligence - November 17th, 2018_ページ_2.jpg TS-OSIRIS-RECURSION - Anomaly Intelligence - November 17th, 2018_ページ_3.jpg TS-OSIRIS-RECURSION - Anomaly Intelligence - November 17th, 2018_ページ_4.jpg TS-OSIRIS-RECURSION - Anomaly Intelligence - November 17th, 2018_ページ_5.jpg TS-OSIRIS-RECURSION - Anomaly Intelligence - November 17th, 2018_ページ_6.jpg TS-OSIRIS-RECURSION - Anomaly Intelligence - November 17th, 2018_ページ_7.jpg TS-OSIRIS-RECURSION - Anomaly Intelligence - November 17th, 2018_ページ_8.jpg TS-OSIRIS-RECURSION - Anomaly Intelligence - November 17th, 2018_ページ_9.jpg

WEEK OF 11.12.2018
** IN PROGESS **
NIA (intel agency -- went dark in the 40s) created the Niantic Project to study XM (Exotic Matter) and built a Scanner that leaked and is now disguised as 'Ingress.' Ingress is not a game! Two people died due to a research accident (Epiphany Night)! XM is all around us, affecting our entire civilization, and the NIA is covering the whole thing up! The deaths, the leak, everything. Must dig deeper. And what the hell is Dunraven. Related? Who's behind it? Who is the candidate?

Anomaly Intel
Got my hands on a declassified NIA report about the upcoming XM Anomalies. Important stuff. Whether you're going to be on the ground and participating or just out and about in the world, you have a chance to be a part of this. Don't waste that shot.

Transcript

XM ANOMALIES OVERVIEW
"My theory is that certain places have an energy to them that not only attracts people, but events."
cc26r435bf
Hank Johnson
Archeologist, XM Researcher

An Anomaly is a special window in time where the actions of Ingress Agents and the state of XM at key locations can alter the course of a universe, changing its future.

Each XM Anomaly is distinct. Our research has found that Anomalies can affect people, certain unique kinds of XM objects and more.

Our mission is to predict how Anomalies can be understood and affected so that Agents can use the Ingress Scanner to control their outcome.

This document contains vital intel related to upcoming XM Anomalies.

TIMETABLE OF UPCOMING ANOMALIES

ASIA/PACIFIC
Location | UTC | UTC Start | Local Start | Local End
Hong Kong, China | +8 | 11/17/2018 5:00:00 |13:00:00 | ~ 16:00:00
Yogyakarta, Indonesia | +7 | 11/17/2018 5:00:00 | 12:00:00 | ~ 15:00:00
EUROPE/MIDDLE EAST
Location | UTC | UTC Start | Local Start | Local End
Barcelona, Spain | +1 | 11/17/2018 12:00:00 | 13:00:00 | ~ 16:00:00
Bucharest, Romania | +2 | 11/17/2018 12:00:00 | 14:00:00 | ~ 17:00:00
AMERICAS
Location | UTC | UTC Start | Local Start | Local End
Austin, TX, USA | -6 | 11/17/2018 18:00:00 | 12:00:00 | ~ 15:00:00
Salt Lake City, UT, USA | -7 | 11/17/2018 18:00:00 | 11:00:00 | ~ 14:00:00

Bold = Primary Anomaly Site with NIA Basecamp, Prime Challenges, Stealth Ops and potentially Intel Ops.
x1uyx4b0ux2f1lxl1xqxcx2f1fyuxxvvrbq

TS-OSIRIS: THE FATE OF A UNIVERSE
The Recursion Anomaly series is part of a year-long sequence of Anomalies and Events which have been codenamed TS-OSIRIS. The winners in this sequence will gain access to objects of vital importance which will increase their chances of victory in TS-OSIRIS. The sequence consists of the following Anomalies and Events:

* TS-OSIRIS
* Cassandra Anomaly Series (Enlightened won)
* Recursion Anomaly Series
8e8e7daeaf7b7d7a7b8da9aeae9a8e
* Darsana Anomaly Series
* Prime Op: Ko Lan
* Abaddon Anomaly Series

The final Anomaly series, Abaddon, will take place in May, 2019. At that time, we predict that the Faction that controls TS-OSIRIS will determine the fate of our entire universe.

It is unknown what lies beyond this rubicon.

RECURSION: BACKGROUND
We have determined that the XM researcher, Hank Johnson, stands at the center of the Recursion Anomaly series. The winners of Recursion will align Hank Johnson to their Faction.

At various times in his life, Hank Johnson has been an archeologist, a Spec-Ops soldier, a TV personality hosting the travel show 'Nomad,' and an XM researcher. The common thread through all those pursuits has been his ability to find 'Power Spots' -- places all around the world that emit a special kind of energy he is capable of sensing. Johnson is, in the purest sense of the word, an XM Sensitive, and the 'Power Spots' are Exotic Matter Portals, both modern and ancient.

Recent revelations have caused Hank Johnson to learn that he may no longer be human. First, Carrie Campbell, the Niantic Project's semiotician known to have powerful oracular visions, showed Hank Johnson a drawing of himself exploding into XM and then being reborn. Following that, Johnson received a package containing 21 'Recursion Artifacts' -- supposedly once the true agenda of Alexander III of Macedon's military campaign across Asia. A message in the package indicated that Hank Johnson had been unknowingly transformed into an 'XM Simulacrum' -- a living replica composed of XM.
04252265121020111917009782516

Simulacra are able to maintain a stable form for 1331 days before undergoing a violent destabilization and rebirth, a process known as Recursion. If Hank is a Simulacrum, and he undergoes Recursion, he will lose all memories from the point he was first converted. The Artifacts, according to the message in the package, are a way to mitigate this.

Each Recursion Artifact, if activated by an XM Anomaly, can contain one memory and transmit it forward to Johnson's next Simulacrum. The Artifacts will also align that memory to the Faction that controls the Anomaly associated with it.

As a result, if a single Faction controls 13 of the 21 Artifacts, they will be able to define the alignment of the next Simulacrum of Hank Johnson.

Hank Johnson is by far one of the most knowledgeable and tactically skilled of the Niantic Researchers. Having him as an ally would be a powerful resource.

RECURSION: ANOMALY STRUCTURE
The Recursion Anomaly series will consist of two days of Anomalies. On the first day, October 20th, 2018, nine Satellite Anomalies will take place. On the second day, November 17th, 2018, three Primary Anomalies and three Satellite Anomalies will take place.

Each Anomaly will last three hours, and will consist of the following four or five competition types. Each competition type will be active for all three hours of the Anomaly.

Anomaly Competition | Points
Competition 1: Activate the Artifact (Portal Control Battle) (ALL SITES)
Each Faction must control as many of the Anomaly Zone portals as possible, making the most of the higher value Volatile Portals.
5514234315332435114244241331154315432421242524
Control as many Portals in the Anomaly Zone as possible to gain more points. | 100

Competition 2: Circle of Memories (Periphery Fielding Operation) (ALL SITES)
Each Faction must create many Fields using two Portals on the periphery of the Anomaly Zone and one Portal outside the Anomaly Zone.
Create more unique Fields using two Periphery Portals and one non-Anomaly zone Portal to gain more points. | 100

Competition 3: Nomad's Journey (Longest Link Path Challenge) (ALL SITES)
Each Faction must create a long path using up to 8 Links from their designated start-point Portals.
Cover longer distances using the Link paths to gain more points. | 100

Competition 4: Awaken the Portals (Unique Portal Hacks) (ALL SITES)
Each Agent must hack as many different Anomaly Zone Portals as possible during the three-hour Anomaly window.
Hack more unique Anomaly Zone Portals to gain more points. | 33

Competition 5: Prime Challenge (Primary Anomaly Sites Only)
Agents will take part in physically and mentally gruelling Prime Challenges.
Each Squad will earn points based on performance and the completion of specific tasks, contributing to their Factions' Prime Challenge score | 33

As such, the total number of points available at each Anomaly Site will be either 333 or 366. The Faction that controls the greater number of points will claim that Anomaly Site.

In determining the overall victory of the Recursion Anomaly Series, each Anomaly site will be able to activate and align one Recursion Artifact each.
In addition, six Recursion Artifacts will be activated by the Agents around the world, three on the first Anomaly day and three on the second Anomaly day, as part of a Global MU challenge.

182406921200061320182252422
IDENTIFYING THE ANOMALY ZONES
Each Anomaly will take place within a specific set of Portals designated as the Anomaly Zone. Maps will be published to clarify the approximate footprint of the Anomaly Zones. In addition, Portal ornaments will be present during the Anomaly to indicate which Portals are an active member of the Zone.

During the Anomaly, all active Portals in the Anomaly Zone will be ornamented on Intel and in the Scanner. In addition, Portal ornaments will be used to indicate specific kinds of Portals based on their role within the Anomaly. These different Portal types are outlined below.

Ornament (Intel, Redacted) | Ornament (Prime) | Function

General Anomaly Zone Portal
Has normal value during Portal Control Battle.

Volatile Portal
ivw78hszkv743bb
Has extra value during Portal Control Battle.

Periphery Portal
Can be used to create for Periphery Fielding Operation.

Enlightened Start Portal for Longest Link Challenge

Resistance Start Portal for Longest Link Challenge

MEASUREMENT TIMES
In order to evaluate the state of the ongoing Anomaly, NIA Command will measure the Anomaly a number of times over the course of the three hours.

During Hour 1, Measurements will be conducted every 30 minutes. The first, at 30 minutes after the start of Hour 1, the second at 60 minutes after the start of Hour 1.

During Hour 2, Measurements will be conducted every 20 minutes, at 20, 40 and 60 minutes after the start of Hour 2.

During Hour 3, Measurements will be conducted every 15 minutes, at 15, 30, 45 and 60 minutes after the start of Hour 3.

Each Measurement will be conducted at a predetermined random moment within a 2 minute window. These windows will open at the times listed above, and close 2 minutes after.

Unique Portal Hacks will be measured from the beginning to the end of the Anomaly (~3 hours).

ANOMALY ZONE NEUTRALIZATION AND FIELD STABILITY
All Portals within the Anomaly Zones will be neutralized shortly before the Anomaly (approximately 2-3 hours before). This will have no effect on Portal inoculation times.

During the Anomaly, large Fields that cover significant parts of the Anomaly Zone and interfere with any of the competitions may spontaneously destabilize.

COMPETITION 1: ACTIVATE THE ARTIFACT (PORTAL CONTROL BATTLE)
At each Measurement Time, the state of all Anomaly Zone Portals will be tested.

Control of a single Anomaly Zone Portal at a Measurement time will be worth 1 point. In addition, at each Measurement, a number of Portals will be 'Volatile' -- these Portals will have special ornaments as indicated above. They will be visible for the entire window preceding their associated Measurement, for example, for the 30 minutes preceding the first Measurement of Hour 1, followed by another set for the following 30 minutes. The Volatile Portals will change continually over the course of the Anomaly. Each Volatile Portal will be worth 10 points.

At each Measurement Time, the total number of points earned by a Faction from controlling both regular and Volatile Anomaly Zone Portals will be that Faction's score for that Measurement. At the end of the Anomaly, the highest score achieved (from any Measurement) will be that Faction's final raw score for this competition.

As an example, at Measurement 1, the score is 120 Resistance to 68 Enlightened. At Measurement 9, the score is 89 Resistance to 129 Enlightened. The final raw scores for this competition would be 120 Resistance (from M1) to 129 Enlightened (from M9).

The state of Periphery Portals and Start Portals for the Longest Link Path Challenge will be included in these Measurements. oyrmyzijlymyhwynqzinbzo

COMPETITION 2: CIRCLE OF MEMORIES (PERIPHERY FIELDING OPERATION)
At each Measurement Time, the specially ornamented 'Periphery Portals' will be measured for the presence of Unique Fields that make use of a single non-Anomaly Zone Portal.

Each Field that leverages two Periphery Portals and one non-Anomaly Zone Portal will be worth 1 point. Periphery Portals are not Faction specific, and may be used by any Faction for Fields.

A Faction's score at each Measurement will be the count of the number of Unique non-Anomaly Zone Portals used in a Periphery Field. The highest score from any of the Measurements will be used as that Faction's raw score for this competition. As an example, during M1, the Resistance used 45 non-Anomaly Zone Portals in Periphery Fields. The Enlightened used 28. During M9, the Resistance used 23 non-Anomaly Zone Portals in Periphery Fields, while the Enlightened used 39. The final raw scores for this competition would be 45 RES (from M1) to 39 ENL (from M9).

Periphery Fields, in order to be scored, should use two distinct Periphery Portals, and one unique Portal from outside the Anomaly Zone. Any Field that does not do so, or that shares a non-Anomaly Zone Portal, will not be scored. This is explained further in the image below.

The configuration depicted above would result in the following:

* Field a would score 1 point.
* Field b would not score, as it uses an Anomaly Zone Portal to complete the Field.
* Field c would score 1 point.
* Fields d and e share the same non-Anomaly Zone Portal, they would score 1 point between them.
* Field f would not score, as it only uses one Periphery Portal.

COMPETITION 3: NOMAD'S JOURNEY (LONGEST LINK PATH CHALLENGE)
At the beginning of every hour in the Anomaly following any pending Measurements, a number of Portals will be ornamented to indicate start points for a Faction's Longest Link Path Challenge. The number of Portals that will be ornamented is based on the scale of the Anomaly, and is outlined below:

Anomaly | Number of Start-Portals per Faction per Hour
Hong Kong, China | 9
Yogyakarta, Indonesia | 3
Barcelona, Spain | 6
Bucharest, Romania | 3
Austin, TX, USA | 4
Salt Lake City, UT, USA | 3

Using up to 8 distinct Links, the Factions' goal is to create the longest Link path from their designated Start Portals. An example is shown below.

In this specific example, the Enlightened would score:

15.88 + 23.42 + 23.95 + 16.17 + 35.60 + 22.59 + 36.79 + 29.09 = 203.49

The #9 Enlightened Link would not contribute to their score, as it is past the 8 Link limit.

The Resistance would score:
hwp81ormp353kg

11.32 + 34.54 + 48.71 + 18.39 + 30.73 + 66.50 = 210.19

The Resistance score would be higher, even though they used fewer Links, because their Link Path traversed greater distance. In the above example, both Factions had alternate pathways that resulted in shorter total distances for their Link paths. These alternate pathways would not be scored, and only the longest possible length over 8 Links would be measured.

The Link paths must start at the Faction specific Start Portals, but can use any Anomaly Zone Portal (including Periphery or Volatile Portals, or even another Faction's Start Portal) to complete the path. Use of a non-Anomaly Zone Portal will terminate a Path at that point, the path will be considered to have terminated at the last Anomaly Zone Portal used. A Link Path that closes in on itself (a loop) will terminate the Path at that point, negating the Link that connects to the already used Portal. Link Paths created by one Faction originating at another Faction's Start Portal will have no value (eg. a Resistance Link Path starting from the Enlightened Start Portal).

At each Measurement, the longest distance created by the Factions' Link paths will be recorded. The highest lengths achieved over all Measurements will be used as that Faction's raw final score, similar to how the other competitions are measured.

COMPETITION 4: AWAKEN THE PORTALS (UNIQUE PORTAL HACKS)
From the beginning to the end of an Anomaly window (3 hours), each registered and checked-in Agent will have the number of Unique Anomaly Zone Portals they hacked counted.

For each Faction, the highest and lowest 15% will be removed, and from the remaining Agents, the average number of Unique Anomaly Zone Portals Hacked per Agent will be selected as the Faction's final raw score, which will be used for Anomaly scoring as detailed below

COMPETITION 5: PRIME CHALLENGE (PRIMARY SITES ONLY)
At Primary Anomalies, Agents will be able to take part in physically and mentally gruelling Prime Challenges, a stepping stone to a high-value, multiple-day mission in Ko Lan, Thailand for the highest performing squads. Each Squad will earn points based on performance and the completion of specific tasks, contributing to their Factions' Prime Challenge score.
At the end of the Prime Challenge, the 33 available points will be distributed using a percentage distribution model based on the two scores.

ANOMALY SCORING
For Competitions 1-3 (Portal Capture, Periphery Fielding, Longest Link Path), the Factions' raw final scores will be normalized to total 100. (Ex. 130 : 250 will become 34.21 : 65.79). For Competition 4 (Unique Portal Hacks), a total value of 33 will be assigned as a single, winner-takes-all sum to the winning Faction.

The total of these numbers will be used to create the final Anomaly score, out of 333, and the Faction with the higher number will be the winner of that Anomaly. In the event of a tie, the Unique Portal Hacks winner will be used as the tie-breaker.

AP GAIN DURING ANOMALIES
Anomalies are high-energy state events, and will result in additional AP gain by Agents for their actions during the Anomalies.

The AP gained by all registered and checked-in Agents during the three hours of their local Anomaly window will be measured, from their first Hack to their last Hack. That number, multiplied by 2, will be automatically added to their Scanner within the week following the Anomaly. These Agents will also receive an email informing them of the AP they have gained for their dedicated work in the Anomaly Zone. This AP gain will stack with any active additional Global AP bonuses.

SERIES SCORE
Each Primary and Satellite Anomaly will be able to activate and align 1 Recursion Artifact. Agents globally, by creating Fields and generating MU for their Factions, will be able to activate and align 3 Recursion Artifacts on each Anomaly day (6 in total). There are 21 Recursion Artifacts in total. 13 must be controlled to align Hank Johnson's memories to a specific Faction.

GLOBAL MU CHALLENGE
Global MU levels will be measured once at the beginning of the Anomalies in Asia, and once again following the end of the Anomalies in the Americas, 11/17/2018 5:00:00 to 11/17/2018 21:02:00 UTC. Over the course of this window, the Faction with the greater positive MU delta will win the Global MU Challenge, and activate and align 3 Recursion Artifacts on each of the Anomaly days. The delta is the difference between the starting and ending MU for that Faction.

INTEL
It is possible that intelligence may emerge revealing some specific aspects of these Anomalies. Agents should remain vigilant in order to take advantage of these opportunities, which will include Stealth and Intel Ops.
bcq7ff71lryc8clr8flzypyld

CHANGELOG
* November 12 2018 -- Initial Public Release

前へ

機密情報:目撃情報

次へ

機密情報:ケーススタディ・セッション003