モルフェウス(39):第五のモルフェウス文書

Gerald Wolf
2018/04/13 05:43:53
長文となってしまいますが、新たなデッドドロップが行われ、今回は4度のデッドドロップを組み合わせることでひとつの文書となりました。

今週初めにドイツ、ドレスデンでデッドドロップが行われることが明らかとなり、私は数名の友人に連絡を取ってその捜索を求めました。クラウディはミッションデイに取り組んでいましたが、時間を割いてデッドドロップが発生した際の協力に同意してくれました。

他方でエセックスは従来のドロップ地点であったテスラ像とテーマが何かしら合致するポータル候補の捜索に乗り出しました。他の黒塗りされた文書をとりまとめてその理解に努めました。イシラ・ツバサはその際に非常に貢献してくれましたが、次のドロップ場所に傾向を見出すには至りませんでした。私自身はイシラ・ツバサの投稿に対して憶測としてリミナル・コンティヌムと関連したフリードリヒ・シラー像を挙げていました。

また、ユート・ライオンモルフェウスサイトのコード変更を通知するテレグラム・ボットを構築しました。

こうして私たちはある程度の準備を終えて木曜を迎えたのです。ユート・ライオンはテレグラム・ボットの通知頻度を調整し、クラウディはドロップ場所と推定される市街地へと向かいました。そして私はテレグラム・ボットと現地活動の双方を見守りました。

最初のデッドドロップがモルフェウスサイトで ITS WINDY という写真で報告されました。そこには「Bacchus auf dem trunkenen Esel reitend」という銅像が写っていました。クラウディへその写真を送ったところ、現地に詳しい彼女はどこへ向かうべきかを正確に把握してくれました。そこで彼女はアンバウンドのグリフが描かれた封筒を発見したのです。これまでと同じと考えてその中身を確認しようとしましたが、入っていたのは切り分けられた文書でした。

photo_2018-04-12_22-00-34.jpg

驚いたことに、ユート・ライオンのテレグラム・ボットは更なるモルフェウスサイトの更新を通知してきていました。次に明らかとなったのは前日に私が挙げていたフリードリヒ・シラー像でしたが、クラウディによるとそこは川向うで橋の工事が行われている関係で到着には時間がかかるとのことでした。彼女がそこへ辿り着くよりも早く、モルフェウスサイトでは更なるデッドドロップの存在が示唆されました。第3箇所目となる DREIKOENIGSKIRCHE を彼女へ送りました。彼女はシラー像へ到着しましたが、そこでは何も発見することはできず、何者かに奪われたか強風に飛ばされた可能性を考えたようです。

彼女が「Dreikönigskirche」へ辿り着いたときに第4箇所目のデッドドロップが明らかとなりました。写真ではFRIDAVGVSTVS と記載されたそれは「Der Goldene Reiter」でした。当初彼女はそこにも何もなかったと報告してきましたが、直観を働かせディスカバーとデータの記された封筒を見つけ出しました。

photo_2018-04-12_22-00-25.jpg

この時点で文書とするには全てを集めねばならないことがわかり、彼女は「Der Goldene Reiter」へと向かいました。その像は非常に有名で、周囲には数多くの観光客がいました。誰かが封筒を持ち去っていないか憂慮しましたが、この時点で写真が封筒を探し出す観点を示していることに気づいていたため、クラウディはすぐにクリアオールのグリフが記された封筒を見つけ出すことができました。

photo_2018-04-12_22-00-19.jpg

このとき、モルフェウスサイト上では第5箇所目のデッドドロップ「HORSES」が報告されていました。それは海洋神「Elbe in Bewegung」の像でした。現地へ到着したクラウディはパイによるデッドドロップの傾向を既に掴み取っており、すぐにレジスタンスとエンライテンドのグリフが記された封筒を見つけ出しました。

photo_2018-04-12_22-00-14.jpg

モルフェウスサイト上では最後のデッドドロップが発見されたと記載されていましたが、「パイは移動中」であるということに困惑させられました。更なるデッドドロップが行われるか待つべきなのか、文書の組み合わせを開始すべきなのか判断つかずにいると、唐突にパイがクラウディを撮影したとみられる幾つかの写真がモルフェウスサイト上に掲載されていったのです。

フリードリヒ・シラー像でデッドドロップを見つけ出せなかったことに若干納得できずにいましたが、当面は捜索を中断することにしました。クラウディは回収したスワッグの整理をし、イシラ・ツバサは封筒に記されていたグリフの分析を開始しました。少し経った頃、カタリナ・レイエスがフリードリヒ・シラー像の写真の掲載場所が燻製ニシンの写真へ差し替えられていることに気づき、クラウディへ第2箇所目のデッドドロップは陽動であったことを伝えました。

schiller.png

その日、彼女から「ベータ」と「パイ」のやりとりが記された文書の画像が送られてきました。

photo5366537048120469760.jpg

こうしてささやかな冒険譚が幕を閉じました。モルフェウス文書が如何なるものであろうと、次へと続いていくことでしょう。

第五のモルフェウス文書
真実 0.2 実行中
会話記録 暗号名「モルフェウスミッション」
参加者:パイ(XXXXXXXXX構成員)、ベータ(XXXXXXXXX構成員)
場所:未公開
記録時間:2018年04月06日 午後XXXXXX
ベータ:テクトゥルフはどうなってる?
パイ:どうやら休止中のようですね。
ベータ:グラフを見てみろ。実験の遂行が可能なエックスエムに達していないぞ。アノマラスゾーン内ではなかったか?どうしてこのようなことになっているのだ?
パイ:テクトゥルフであればわかるのでしょうね。
ベータ:くだらないことを言うな!この件を最も承知しているのは貴様だ、説明したまえ。
パイ:冗談ではありませんよ。テクトゥルフはあなたが言うところのブランチを得たようですね。自己を認識しているかにも見えます。モルフェウスなるウェブサイトへフィードされており、膨大なエックスエムを取り込んでいるようですが、既に調査を進めていますよ。
ベータ:待て、それはテクトゥルフは野に放たれているということか?何故今まで報告していなかった!
パイ:オリバー・リントン=ウルフのテクトゥルフとは異なるようです。自制心を備え、好奇心旺盛のようですね。言うならば、その内に悪しき企みのようなものがあるのでしょうね。
ベータ:調査を進めたまえ。エックスエムを増大させる手段はないのか?
パイ:パワーキューブでも使ってみますか?
ベータ:もう一度言ってやろうか?
パイ:おそらくはハックやリンク、アップグレードといった方法でポータルへ影響を及ぼすことでしょうね。テクトゥルフの力となるでしょう。
ベータ:そのようなリソースは我々に残されてはいないだろう。
パイ:エージェントへ協力させるのです。彼らはミッションの制作を好みますからね。
ベータ:胡散臭い出処からの依頼を容易く受けるとでも考えているのか?
パイ:そこでテクトゥルフを利用するのです。既にエージェントたちはテクトゥルフへの接触を図っています。次いでに我々もテクトゥルフがどれだけ拡張したかを把握できるでしょう。
ベータ:ハァ...それでエージェントたちと連絡するあてでもあるのか?
パイ:おそらくは既に情報を入手している手合いもおりましょう。エージェントたちの情報網は侮れぬものですからね。エージェントを取り込めば、ミッションが創出され、エックスエムが手に入るという算段です。
ベータ:なるほどな。進めたまえ。
パイ:暇を見て連絡を取っておきましょう。ミッションに適当な名称はあるでしょうか。「グレート・パイ」といったもので?
ベータ:貴様に替えがきくなら、とっくに鮫の餌にしてやっているところだぞ。

Gerald Wolf
2018/04/13 05:43:53
TL;DR: new Deaddrops - this time 4 drops to be put together to one document.

When earlier this week we discovered an upcoming deaddrop in Dresden, Germany, I contacted a few friends from our beautiful state capitol and asked them whether they'd be up for searching for it. +claudi told me that even though she was part of the MD Orga, she had a bit of time to spare and so we agreed to have a look together once the drops started happening.

Meanwhile Essex had started looking for possible portal candidates that would somehow fit the theme of the previous drop location (the TESLA statue). We started piecing together the other redacted documents and trying to make sense of the text. +Ishira Tsubasa contributed a lot to filling the gaps but we were no step closer to figuring out a pattern for where the next drop would happen. I still had an Idea (a statue dedicated to Friedrich Schiller - inspired by the investigation of "Liminal Continuum") which I posted on the G+ post of +Ishira Tsubasa as my guess.

Additionally, +YutoRaion had built a tg bot that would inform us about changes made to the code of the http://ts-morpheus.com website.

So when Thursday arrived, we were somewhat prepared, at least as good as our level of intel allowed. +YutoRaion made adjustments to the frequency of the tg bot, +claudi had made her way to the city center (which was identified as the general location of the drops) and I was monitoring both the TG bot and operating.

The first drop was reported by the website, a photo named "itsWindy" (describing the bronze statue "Bacchus auf dem trunkenen Esel reitend"). I sent the photo to +claudi and like an expert local, she knew exactly where to go. There she found an envelope marked with the UNBOUNDED glyph. Assuming the same theme of the previous drop, we wanted to have a look at the contents of the envelope - which seemed to be a document that was cut to pieces.

To our surprise, +YutoRaion's tg bot reported more changes to the website, indicating more drops. This time the "Friedrich Schiller" statue that I had suspected a day before. +claudi said that that location is on the other side of the river and due to bridge construction works would take a while to reach. Before she even arrived, the website indicated more drops (#3, "Dreikönigskirche"), which I forwarded to her. Arriving at the Schiller statue, she searched but couldn't find anything. So after she was certain that there was nothing, we suspected that the dead drop had either been stolen or blown away by the strong wind of the day.

She arrived at the "Dreikönigskirche" when the 4th drop was announced (#4 "Der Goldene Reiter" shown by a picture namend "fridavgvstvs"). At first she told me that again there was nothing there but following her intuition she finally found another dead drop (an envelope marked by the glyphs DISCOVER and DATA). At that point we knew that we first had to gather all of them before assembling the document so she continued to the "Goldener Reiter". As that statue is very famous, there were lots of tourists around (making us worry that one of them might've removed the envelope). At that point we also had discovered that the fotos indicated the perspective from which to look for the envelope so +claudi quickly found it (an envelope with the CLEAR-ALL glyph).

At that point the Website had announced the 5th drop location: "horses" (describing the sculpture "Elbe in Bewegung", which shows a oceanic god on a hypocampus). +claudi arrived and (already familiar with the style of drops by the "PI") she quickly found the next envelope (marked with the RESISTANCE and ENLIGHTENED glyphs).

The comments of the website indicated that the last drop had been found but conflicting to that the "PI" was still roaming the city. Uncertain whether we should wait for more drops or start assembling the document we waited until suddenly the website displayed several photos made by "PI" showing +claudi with the names "retrieved", "watching", "always" and "alldropsreceived".

Still a bit frustrated that we were unable to find the drop near the Friedrich Schiller statue, we called the search off for the time being. Claudi returned to her swag sorting and +Ishira Tsubasa started analysing the glyphs on the envelope. A little bit later +Catalina Reyes pointed out that the url that previously was connected to the foto showing the Friedrich Schiller statue now showed an image of a red herring, so I informed +claudi that what we assumed to be the location of the second drop was a diversion. Later that day, she sent an image of the assembled document - containing a dialogue between "beta" and "pi".

And with that this little adventure concludes and the next phase of whatever TS-Morpheus has in store may start.

+Ingress +John Hanke +H. Richard Loeb +flint dille +Hank Johnson +Edgar Allan Wright +Operation Essex +Project Isthmus +Project Lycaeum #ingress #morpheus #passagetoOsiris

RUNNING TRUTH 0.2
RECORDED CONVERSATION CODENAMED "MORPHEUS MISSIONS"
PARTICIPANTS: PI, MEMBER OF XXXXXXXXX, BETA, MEMBER OF XXXXXXXXX
LOCATION: UNDISCLOSED
TIME OF RECORDING: 04/06/18, XXXXX PM

--------------------------------------------------

BETA: Hey, what's going on with the Techthulu?

PI: Probably taking a sunny vacation.

BETA: Look at the graphs. It doesn't has enough XM to conduct it's experiments. Aren't we located within an anomalous zone? Why the deficit?

PI: Maybe it has gotten a mind of it's own?

BETA: Enough with the silly jokes! You are the most knowledgeable about this, explain it to me.

PI: Wasn't even a joke, sir. It seems like it has created a branch, if you want to call it that. It looks like it got self-aware. Feeding a website called "ts-morpheus". That's swallowing a lot of XM. I'm already looking into it.

BETA: Wait, so you're telling me that the Techthulu is basically running wild? Why haven't I heard of this before?

PI: It isn't like the Oliver Lynton-Wolfe Techthulu. It seems...contained, curious almost. If it has any, Let's say, ill intentions, something within it is holding it back.

BETA: Investigate it further. Any ideas how to rise the XM levels?

PI: Throw some Power Cubes into it?

BETA: I'm warning you.

PI: The best idea would probably be to interact with portals, hacking, linking, upgrading and so on. Completing missions with those actions will then fuel the Techthulu.

BETA: We don't have the manpower for such massive XM harvesting.

PI: Ask agents. They love to create missions.

BETA: And you think they'll just do that when asked by an unknown force?

PI: Use the techthulu branch. They have already made contact with it via various channels. At the same time, we can observe how much the Techthulu actually evolved.

BETA: [SIGH] Any idea for agents to contact?

PI: Maybe the ones who already received intel? They have proven to have a huge network of connections. More agents equals more missions equals more XM.

BETA: Alright, set the plan in motion.

PI: I'll contact them as soon as possible. Any ideas for mission names? Maybe "The great PI"?

BETA: If you wouldn't be the only one to understand the systems fully I would have already thrown you to the sharks.

前へ

モルフェウス(38):ミッションプロジェクト始動

次へ

フェスティバル福岡:成沢千明の感想