ビッグサーとナヴァッロに関する考察

Melissa Wikkedimp
2018/01/31 11:34:49
些か長文となってしまいますが、私はラビットホールへ迷い込んでしまったようです。

始まりは不思議な体験をした夜のことです。オペレーション・エセックスのチャットルームでアコライトとエンライテンド集落の所在地について議論を交わし、カリフォルニアの地勢に疎かった私は自分なりに調査を開始しました。こちらの投稿で挙げたとおり、私はカルロス・ピエドラ・アグダが仲間たちとともにトーテムを手にパイダから向かった地であるキャンプ・ナヴァッロとアコライトのもとへ向かったスザンナ・モイヤーが最後に目撃されたビッグサーとの距離を算出する方法に辿り着きました。その距離は220マイル(354キロメートル)でした。そしてビッグサーから北へ110マイル、キャンプ・ナヴァッロから南へ110マイルにあるナイアンティック・ホテルの発見につながったのです。ですが、更に掘り下げて調査する必要がありました。この発見には更に多くの謎が残され、充分な回答とは言えないものでした。

確かに、ビッグサーからキャンプ・ナヴァッロへ向かえばナイアンティック・ホテルはその中間に位置しますが、正確な中間地点ではありません。その功績はヤコブ・ラッケンバックにあったのです。汽船のヤコブ・ラッケンバック号です。

1953年07月15日、ヤコブ・ラッケンバック号はジープの車両部品といった軍需品を積載して韓国へと出航しています。早朝は濃霧で視界はほとんどありませんでした。(私が住んでいた頃も濃く厚い霧に呆然としたものです。5フィート程度しか視界がありませんでした。)汽船ハワイアン・パイロット号との衝突事故が起きたとき、ヤコブ・ラッケンバック号は橋を抜けて外海へと向かっていました。そしてポイントボニータ灯台から15マイルで沈没したのです。

さて、ここで終わっていてもよかったのですが、私は調査員であり、ヤコブ・ラッケンバックなる人物の素性を追わねばなりませんでした。ヤコブ・ラッケンバックはテキサスへ訪れた最初の農民のひとりです。ドイツ生まれの彼は妻と多くの子供たちのための家を求めてきました。その家族の名は街と歌に残されています。非常に印象深いものに思えましたが、それでもどうしてラッケンバックなのかの問いを解消できはしませんでした。更に何かが残されており、それに辿り着かねばなりませんでした。考えるに、それでも以前よりは遥かに真相に迫っていると思われました。

私たちは歴史の中で更に歩を進めています。然程重要ではありませんが、関連はしているでしょう。ラッケンバックは貴族協会の助けを借りて渡米しています。貴族協会はドイツ人をテキサスへ送ることを願ったフィッシャー、ミラー両氏によるフィッシャー・ミラー助成事業を獲得していました。フィッシャー・ミラー助成事業はコンコー、メナード、キンブル、マッコラッハ、メイソン、リャノ、サン・サバといった7郡で行われてきました。

この助成事業を現在手掛けている所有者が土地の調査を行ったところ、そこがコマンチ族の勢力下にあったことがわかっています。(コマンチ族長カテムシーからはエル・ソル・コロラドと呼ばれた)ジョン・ムセバッハ氏は、植民地の生き残りにはコマンチ族との盟約が不可欠と分かっていたのです。その折、「彼らは和解の可能性を巡ってサン・サバ川の古いスペイン要塞を訪れています。そこは銀資源が豊富であると言われていた地域です。プレシディオ・サン・サバ遺跡ではかつての投資家たちの名が気様れており、1829年当時のジム・ボウイの名もそこにありました。」

こういった関連性があるのは偶然のことでしょうか。サン・サバ、ジム・ボウイ、ヤコブ・ラッケンバック号、ビッグサー、そしてキャンプ・ナヴァッロ、これらにはどれほど強いつながりがあるのでしょうか。ジョン・ハンケ、あなたは自分自身をセンシティブとはお考えになっていないのでしょうか。

2018-01-30.png

Melissa Wikkedimp
2018/01/31 11:34:49
This is going to be a bit longer than I'm used to writing but I fell down a rabbit hole.

It started the night I had my "I wonder" night. We had been discussing, in the Essex chatroom, the Acolyte and where the ENL compound was. Not knowing much about California geography, I set off on my quest. As I stated in this post, https://plus.google.com/u/0/104903546245340441282/posts/YpkKXwtpJw6, I had figured out how to find the distance between Camp Navarro, where Carlos Piedra Aguda had lead his crew after fleeing Paita with the totem, and Big Sur, where Susanna Moyer was last seen on her way to meet the Acolyte.
The distance was 220 miles. That lead me to find the Niantic Hotel, which was 110 miles north of Big Sur and south of Camp Navarro.But I needed to dig deeper and what I found provided me with more questions and not enough answers yet.

Yes. The Niantic hotel is the midpoint if you walked from Big Sur to Camp Navarro. But it is not an exact midpoint. That honor belongs to Jacob Luckenbach. The SS Jacob Luckenbach.

On July 15, 1953, The Jacob Luckenbach was to set sail for Korea with Jeep parts and other things. There was a thick fog that morning, so visibility was low. (I have vague memories of the thick fog when I lived there myself. You could barely see 5 feet in front of you.) it had crossed the bridge and was heading out to sea when it got struck by the SS Hawaiian Pilot. It sank 15 miles from Point Bonita.

Now, this was where I might have stopped, but I am a researcher, so I had to see who Jacob Luckenbach was. Jacob Luckenbach was one of the first farmers to come to Texas. Born in Germany, he found a home for his wife and many children. There is a town and a song that bears his family's name. I thought that was quite impressive. But didn't seem to quench my thirst for answers as to why Luckenbach. There was something more and I had to find it. And I think I did. Or at least I am closer now than I was before.

Now we go back further in history. Not much but it is relevant. The Luckenbach's came to America with the help of Adelsverein. The Adelsverein had purchased the Fisher-Miller grant from Mr.'s Fisher and Miller in the hopes of bring Germans to Texas, which they did. The Fisher-Miller grant composes of 7 counties: Concho, Menard, Kimble, McCollach, Mason, Llano, and San Saba.

When the current owners of the grant went to survey the land they realized it was with Comanche territory. Mr. John O. Meusebach(named El Sol Colorado by the Penateka Comanche Chief Ketemoczy (Katemcy) knew that for his colony to survive he would have to propose a treaty with the Comanche. Somewhere along the way, "they visited an old Spanish fort on the San Saba River, to determine viability for a settlement. It was a region said to be rich in silver deposits. In the ruins of Presidio San Sabá, they found etched the names of previous mineral speculators, including that of Jim Bowie who had been there in 1829."

Is it a coincidence that this connection exists? San Saba, Jim Bowie, The SS Jacob Luckenbach, Big Sur and Camp Navarro. And if the connection exists how much deeper does it go? +John Hanke , are you sure you're not a sensitive yourself? :)

https://sanctuaries.noaa.gov/maritime/expeditions/luckenbach.html
https://tshaonline.org/handbook/online/articles/mnf01
https://en.wikipedia.org/wiki/Meusebach-Comanche_Treaty#Meusebach_and_the_Penateka_Comanche

+H. Richard Loeb
+flint dille
+Hank Johnson
+Project Isthmus
+Ariel Diana(thank you for doing what you do)

前へ

ヴォイニッチ手稿の解明

次へ

記憶と経験