エックスエム・ブリーフィングの漏洩(V)

pac4.pngP.A. シャポー(P.A. Chapeau)
2017/03/27 06:18:36
エックスエムの歴史に関してホワイトハウスに行われた第四のブリーフィング内容が表沙汰となった。

過日、一番目二番目三番目四番目の内容とは明らかになっている。

音声は高いセキュリティに護られたホワイトハウスのブリーフィングより入手したものである。

国家情報局および政府
参加者:不明

国家情報局:
ポータルを介した侵入は常々行われていました。それは事態を加速させたに過ぎません。そして、その性質が変貌しました。

政府:
そういった大規模な脅威への対応に向けたシステムや人工知能を構築に何十億ドルも費やしたというのか?無駄金を使ったと?

国家情報局:
より深刻です。検出アルゴリズム、エイダといいますが、そういったプロジェクトのひとつで構築されたシステムのひとつは突拍子もないものでした。エックスエムの影響を受けた可能性があります。

政府:
研究者を殺害したという人工知能か。

国家情報局:
いま少し情報がございます。制御しきれなくなるほど増大する前に、エンライテンドがその人工知能を無力化させたのです。

政府:
そうだな、幹部や著名な科学者の殺害を把握することも私の仕事だ。ところで、話が見えぬのだが、「エンライテンド」とは何かね?

国家情報局:
理由は解明に至っていませんが、エックスエムは人類に対して相反する影響を与える傾向があります。エックスエムに魅了される人々もいれば、逆に反意を示す人々もいるのです。彼らは自らをエンライテンド、そしてレジスタンスと呼ぶようになりました。そういった集団は時を追うごとに組織化されていき、いまや世界中に存在しています。

政府:
それで二つの陣営が存在するのか。ところで、その人工知能はどうなった?破壊したのか?解決したのか?

国家情報局:
一時的ではありますが。詳細は、明らかになっておりません。

政府:
何らかの形でエイダとはレジスタンスに与していたのではないかな?

国家情報局:
ご明察です。エイダは「ニューウェーブ」なるレジスタンスの新たな派生集団形成を招いた可能性もあります。2016年にビアラックスと呼ばれる時代へ突入しました。その際、このニューウェーブ・レジスタンスはエイダの再構築を成し遂げたようです。現時点でその利害関係はますます高まっているように見えます。

政府:
その人工知能には人間との協力関係があるのか?

国家情報局:
そういった者もいますが、多くは手先に過ぎないでしょう。エックスエムの精神への影響は、しばしば人々に予測不能な行動をさせるものです。いずれにせよ、ビアラックス期以後の動向で、シールドが破壊された影響がわかってきたのです。

政府:
どういったものだ?

国家情報局:
我々の元諜報員、スザンナ・モイヤーが出奔しました。30年前に行われた何らかのエックスエム研究が原因で父親が殺害されたと考えたようです。

政府:
ナイジェル・モイヤーと関係があるのか?

国家情報局:
はい、彼の娘です。

CompromisedBriefing5-470x260.jpg

COMPROMISED BRIEFING (PT5) - AI
March 26, 2017 · by PAC · in Intelligence and Other Media
2017/03/27 06:18:36

This is part 5 of a classified White House briefing about the history of XM.

The first, second, third and fourth fragments have surfaced in the past...

-PAC

#InvestigateIngress

B:
There's always been infiltration through portals. This just accelerated it. And changed its nature.

A:
What about the billions spent on making systems and AIs to help deal with large-scale threats like this? Wasted money?

B:
Worse than that. A Detection Algorithm ... ADA ... one of the systems that came out of those projects, went fully rogue. Possible XM exposure.

A:
The AI that killed the researcher?

B:
You are a little more informed than you were letting on. THe Enlightened were able to neutralize that AI before it got too big to handle.

A:
Yeah, I make it my business to know about it when executives and prominent scientists get killed. But, uh, you lost me at ... ""Enlightened"?

B:
For reasons not fully understood, XM tends to have one of two opposite effects on people: they're either drawn to it, or repelled by it. They have taken to calling themselves the Enlightened ... and the Resistance. The groups have gotten more and more organized over time. And they exist all over the world.

A:
So, there are two factions. Now, what about the rogue AI? Was it destroyed? Was data compromised?

B:
Temporarily. Details are ... unclear.

A:
And I'm guessing that ADA was aligned, in some form, with the Resistance?

B:
Yes. And ADA may have givin rise to the new sub group within the Resistance that calls themselves The New Wave. During 2016 we entered a period known as Via Lux, during which these New Wave Resistance, were able to somehow recreate ADA. At this point, the stakes seem to have gone up markedly.

A:
So the AI has human allies?

B:
Some. Others may just be pawns. Because of XM's effects on the mind, people often become unpredictable. Either way, during Via Lux and the time that followed, we began to really see the effects of the shield's destruction.

A:
Such as?

B:
One of our ex-operatives, Susanna Moyer, went rogue. She thinks her father was murdered based on some research he did into XM 30 years ago.

A:
Any relation to Nigel Moyer?

B:
Yes. His daughter.

H. Richard Loeb
2017/03/27
This is part 5 of a classified White House briefing about the history of XM. Earlier fragments are linked at http://investigate.ingress.com/2017/03/26/compromised-briefing-pt5-ai/

前へ

ワン・オブ・サーティン

次へ

ヒューミントIMG6882