イレブン・オブ・サーティン

pac4.pngP.A. シャポー(P.A. Chapeau)
2017/03/23 16:26:27
エンライテンドはリスクを残したままにしようとはしなかった。本日、エンライテンド陣営の諜報員はナイアンティック・マグナスにおいていま現在ローランド・ジャービスの担っているドリーマー・アーキタイプの掌握に求められていたシャード作戦を完遂させたのである。

ローランド・ジャービスは、かつて、そして今も、エンライテンド陣営にとってイデオロギーの象徴となっている人物だ。ナイアンティック参画以前、ジャービスは偉大な彫刻家として自らの作品を通じてセンシティブの力を探究してきた。ナイアンティック計画時代、「エンライテンド」思想が世に広まる前からジャービスはエックスエム・ポータルが人類の認識と経験の向上にどのように寄与していくかを探究していった。

その芸術的なビジョンはリントン=ウルフよって役立てられた。リントン=ウルフはジャービスが自発的に、あるいは無意識のうちに、その作品を通じてエックスエム・オブジェクトの原型を表現していたことを察したのだ。様々な点でエックスエムに隠されていた秘密を初めて解き明かしたのはジャービスであり、啓示の夜を迎える礎となった。そしてその先にジャービス自身の死があったわけだ。

チューリッヒ中央駅で国家情報局諜報員の銃火に晒されたのち、ジャービスは不滅の、そして超次元の存在としてポータルネットワークから現れた。そしてエンライテンド思想を発信し続けていったのだ。彼のこのような変貌は、エックスエム・スキャナーアプリケーション内に「エンライテンド」機能が出現したことにも関与しているのかもしれない。

オペレーション・サーティンマグナスを経て、エンライテンド諜報員たちはジャービスのペルソナ断片の再構築を成し、今再びジャービスは肉体を以て地上に降り立った。だが、ヘリオス期に生じたポータルの弱体化にともない、ジャービスは病に伏し、その果てに没することとなった。

ここ数年のうちに、ジャービスはときに超次元からの声として、あるいは人の身として、エンライテンドの道を歩む人類の未来のために自らのビジョンを広めてきた。それはジャービスが「我らが同胞」と呼ぶシェイパーのビジョンへ導くものであった。

それは解き明かすべき謎があり、未知に溢れ、経験を積んでいく未来である。ジャービスの組織した人工知能倫理待遇協会は、人類から感動と驚きの経験を損ない得る思考機械の干渉を受けない人類の未来を中核に据えている。

そして彼の取り組みは、アコライトの名のみ知られる女性へと受け継がれている。

JarvisE.jpg

ELEVEN OF THIRTEEN: ENL CLAIM THE DREAMER
March 23, 2017 · by PAC · in Intelligence and Other Media
2017/03/23 16:26:27

The Enlightened didn't want to risk this one. Earlier today, operatives working for the Enlightened Faction completed the Shard Operations necessary to gain control of the Dreamer Archetype -- currently occupied in the Niantic MAGNUS by Roland Jarvis.

Jarvis was -- is -- in many ways the ideological figurehead of the Enlightened Faction. Prior to his arrival at Niantic, he had already explored his Sensitive powers through his work as a revered sculptor. And while at Niantic, even before the concept of 'Enlightenment' began to permeate through the collective consciousness, he explored how the XM Portals could serve as something that could enhance human cognition and experience.

His artistic visions served as fodder for Lynton-Wolfe, who realized that Jarvis, wittingly or unwittingly, was revealing the blueprints for XM objects through his art. In many ways, it is Jarvis who first first unlocked the secrets hidden within XM -- perhaps setting the stage for the events of Epiphany Night -- and by extension his own death.
cbefeffgfgcaciebecefcgdbcifffdfjdjci

After being gunned down by NIA operatives at Zurich Hauptbahnhof, Jarvis emerged from the Portal Network as an undying, transdimensional entity and continued to spread his message of Enlightenment. His transformation may also be responsible for the emergence of 'Enlightened' capabilities within the XM Scanner App.

Through the events of Operation 13MAGNUS, Enlightened Operatives reassembled fragments of Jarvis's persona, allowing him to roam the planet in physical form again -- for a time. He grew ill following the weakening of the Portals during Helios and ultimately succumbed to this sickness.

Over the course of the last few years, whether as a transdimensional voice or in person, Jarvis has shared extensively his vision for the future of humanity on an Enlightened path into the future -- guided by the vision of the Shapers -- 'Our Friends' as Jarvis calls them.
wgg33nymuaitae104ig

It is a future where the mystery of discovery and the unknown pervades and fulfills human experience. His organization, the Society for the Ethical Treatment of AIs, has at their core a vision of humanity free of interference from thinking machines -- tools that he sees as undermining the human ability to experience wonderment.

His work is carried on by a woman known only as The Acolyte.

-PAC

#InvestigateIngress

H. Richard Loeb
2017/04/23
The Enlightened didn't want to risk this one. Earlier today, operatives working for the Enlightened Faction completed the Shard Operations necessary to gain control of the Dreamer Archetype -- currently occupied in the Niantic MAGNUS by Roland Jarvis.

前へ

集合精神

次へ

トゥエルブ・オブ・サーティン