スザンナのビジョン(III)

pac4.pngP.A. シャポー(P.A. Chapeau)
2016/10/22 13:10:45
 世界各地のエージェント諸君が今回の復元に貢献してくれた。それは実にインドからペルー、ノルウェー、イスタンブールといった幾多の地域からもたらされたものだった。

 二つの報告を寄せてくれたオペレーション・エセックスの調査員ジェニファー・ピサーノデヴィド・ジャブルズースキ、そしてこの謎を解読して今回の重要文書を明らかにしてくれた数多くのエージェント諸君と調査員諸君に感謝したい。

 アコライト集落でのスザンナのやりとりがようやく明らかとなってきた。その小屋のことは我々も把握していることだが、スザンナの使命とその旅路にどのような影響を及ぼしたというのだろうか。我々は間もなくその真実に辿り着けることだろう。

P.A. シャポー

#InvestigateIngress

 スザンナが振り向くと、そこにハイウェイ1はなかった。黒々としたハイウェイ1のアスファルトはなく、舗装もされていない道だったのだ。小屋はあったものの、幾つかはなくなっていた。遥か遠く海岸線の道から古めかしいモデルTのエンジン音が聞こえた、いやこれはモデルAのものだろうか。

「さあ行きましょう。誰かに見られても何の益にもなりません...」

 アコライトが身振りし、スザンナは彼女を追って森の中を進んだ。進むごとに霧に視界が失われていった。だが、どこかしら不自然なものだった。路上には何もなかったが、セントラル・コーストは地表近くで気候が目まぐるしく変化していくことで知られていた。緩やかな緑衣をまとったアコライトは立ち並ぶ小屋へとスザンナを案内した。

「あのSUVは私にとっては最新のものよ。この場所が面白い所以ね...幾つかの時代が同時に存在するのよ。それが同期しているの。ハンクはアノマラスゾーンと呼んでいたわね。」

「サーティンマグナス・ネストということかしら?」とスザンナは訊ねた。

「あらゆるネストはアノマラスゾーンにあるけれど、あらゆるアノマラスゾーンがネストというわけではないのよ。ここはネストではないわ。少なくとも本来的な意味でのネストではないわね。でも付いてくれば、あなた疑念を覚えているであろうことを確認できるでしょうね。」とアコライトは応じた。それはエンライテンメントの指導者というよりもむしろ博物館のカイドのようであった。

 現代的な銃器を手に迷彩服を着こんだ男たちが集落の周囲にいることにスザンナは気づいたが、太古の装束をまとった男女の姿も目にとらえていた。一瞬のことだが薄衣をまとった女はスザンナの内を、あるいはスザンナを介して全てを見通すように興味を隠し切れぬ視線を向けていた。男の方は太古の旅装束をまとっていた。最初、スザンナはそれをハンクかと思ったが、そうではなかった。スザンナと女は離れていった。その男女は異なる時代の霧へと消え去っていった。それは何とも表現し難いものだった。

 霧やシダを抜け、自然のものと思えぬ荒野を抜け、岩々に打ち付ける波を抜けた。アコライトは足早に進んでいき、スザンナもなんとか付いていった。一瞬、スザンナは茂みの向こうで彼女を見つめる男の姿を見たように思えた。鋭く...端正な...兵士のような男だった。枝葉が男をほとんど覆い隠していたが、そこには誰もいなかった。異なる時代の断片であったのだろうか。

 ようやく二人は小屋の前に立った。何世紀も前からそこにあるようであったが、そんなことはあり得ないことはわかっていた。いや、あるいは本当に存在していたのだろうか。ここでは時間も空間も不安定だ。見せかけに過ぎぬのだ。この世の全てが見せ掛けに過ぎぬとスザンナには思えた。当たり前と思っていた物事は果て無き変化を受け入れ得るものだった...スザンナの体の内にある細胞は絶えず交換を繰り返していたわけだが、それはいつの時点で別の体だと言えるのだろうか。千年にわたって変わることなき地を訪れたことはあったが、それも錯覚に過ぎない。あらゆるものが異なるのだ。熱と風、あらゆる力によって絶えず姿形を変えていくものなのだ。

セントラル・コースト
カリフォルニア州のこと。アメリカ政府承認ブドウ栽培地域のひとつ。

Time.png

TIME AND CHANGE
October 21, 2016 · by PAC · in Intelligence and Other Media

Agents from around the world helped recover this -- from India to Peru to Norway to Istanbul and myriad locations in between.

These two posts, created by Operation Essex Investigators Jennifer Pisano and Dawid Jabluszewski help identify and thank the many Agents and Investigators who helped crack this puzzle and bring this important document to the surface.
ocehoccerrgocccrerorekoforeoorrzogocerrrroccrrl

oenibsbkgebgmhyhfriraguerrrpubabirzoreqrygnsb
hervtugrvtuglnaxrroenib

More of Susanna's interactions at the Acolyte's compound have now come to light -- and we all know what was in that cabin -- but how did that affect Susanna's mission and her journey? I suspect we'll find out soon.

-PAC

#InvestigateIngress

Susanna turned to look. Highway 1 was gone. At least the dark, asphalt part of Highway 1. It was a dirt road. The cabins were similar, but some were missing. She heard the sound of an old car and a Model T(or was it a Model A?) far down the coast road.

"Come on. Nothing good comes of them seeing us ..."

The Acolyte gestured and Susanna followed her into the woods. As they walked, she became aware of a looming fog. But there was something unnatural about it. There had been none on the road, but the Central Coast was known for its micro-climates. The Acolyte, clad in flowing green, led her towards a group of cabins.

"That SUV looks pretty modern to me."

"That's why things are so interesting in these areas ... Multiple times can exist simultaneously. They just sync. Hank calls them Anomalous Zones."

"Is this a 13MAGNUS Nest?" Susanna asked.

"All nests are in anomalous zones, but not all anomalous zones are nests. This is not a nest. At least in the classic sense, but if you follow, you will see something that will confirm what I believe you have come to suspect" the Acolyte said, seeming more like a museum docent than the leader of the Enlightenment.

Susanna noticed men with modern guns and camo on the peripheries of the camp and then her eye was drawn by a man and a woman dressed in ancient clothing. The woman wore a diaphanous gown and eyed Susanna for a moment with ill-concealed fascination, as if she was seeing inside of her or through her or beyond her of all at the same time. The man wore an ancient traveling garb. At first, she thought it might be Hank. It wasn't. Susanna and led the woman away. They both vanished into the mist of faded into another time. It was hard to tell which.

The trail led through fog and ferns and what felt like an unnatural wilderness and the crashing of the sea against the rocks grew louder. The Acolyte was moving very quickly and Susanna had to run to keep pace. For a moment, she thought she saw a man watching her through the brush. Sharp ... chiseled ... like a soldier. The leaves and branches rendering him nearly invisible. Then, nothing. Another fragment in time?

Finally, they stopped in front of a small cabin that appeared to have been there for centuries, but she knew it couldn't have been. Or could it have? Time and space were fluid here. Plastic. It seemed to Susanna that the whole world was becoming plastic. Things she had thought were fixed were infinitely malleable ... Every cell in her body was constantly replacing itself. At what point was it a different body? She'd visit a site where nothing had changed for 1000 years, but that was an illusion. Everything was different. Reshaped each moment by wind and heat and every other forcce sweeping across it.

H. Richard Loeb
2016/10/22 13:10:45
Agents from around the world helped recover this -- from India to Peru to Norway to Istanbul and myriad locations in between. More of Susanna's interactions at the Acolyte's compound have now come to light -- and we all know what was in that cabin -- but...

前へ

クエスチョン・オブ・デイ:ハウクラフト文書

次へ

honto x Ingress 『聖☆おにいさん』コラボ記念(II)