これこそがビアノワール

pac4.pngP.A. シャポー(P.A. Chapeau)
2016/10/19 08:43:01
勝利への道とそこに立ちはだかる危機が徐々に明らかとなっている。

その全ては数週間前へ遡る。

ビアラックス・アノマリー最終戦において奇妙な文献が表沙汰となった。我々はこれをハウクラフト文書と呼んでいる。長年協力関係にあったセンシティブ、H.P.ラヴクラフトとロバート・アーヴィン・ハワードの共著と見られているが、イングレス界では今なお謎に包まれた人々だ。

その文献にはある種のテクノロジーや機械といったものへの恐怖とそこで遂行された召喚の儀式が描かれていた。この内容を広い視野で把握することに貢献してくれた人物のひとりがハンク・ジョンソンだった。ハンク自身が考えたのか伝え聞いたのかはわからないが、「テクトゥルフ」という言葉を明かしてくれたのだ。ハンクによれば、「テクトゥルフとは怪物などではなく見たものを説明するに相応しい言葉を知らぬ者によって説明された現代科学」なのだという。

それも数ある議論のひとつだ。更に興味深い議論がある。イージスノヴァの直後にスザンナ・モイヤーの足取りが途絶えたことは明らかだったが、父親が死去したことを受け、スザンナはヤーハンに対する復讐を目論んでいたという説が有力なまま推移していた。

新たに判明したことによれば、そのようなことは行われていなかったのかもしれない。最近になって明らかになった文書コダマ・スマイルズによるスザンナ・モイヤー失踪調査によれば、モイヤーは全く違うものを、父親の遺した強力かつ危険な研究成果を追っていたようだ。そして、復讐とは詮索の目を逸らすための偽装に過ぎなかったというのである。

スザンナは「テクトゥルフ」を追っていたのだろうか。

それこそがナイジェル・モイヤーの研究成果、邪悪で恐怖に満ちた太古の機械だったのだろうか。

スザンナは見つけ出したのだろうか。そうであれば、彼女の身に一体何が起きたというのだろうか。

それらが我々が今後数週間を掛けて答えに辿り着かねばならぬ疑念であり、諸君の助力が必要となることだろう。

その力が実在し、我々の考える通りのものであったならば、2016年11月12日には数多くの争点がある。申し上げたとおり、これこそがビアノワールなのだ。我々の辿る道の行く先は果たしてどこにあるのだろうか。

P.A. シャポー

#InvestigateIngress

ハンク・ジョンソン:
 今の世界は完全に闇に没した。

アコライト:
 同胞は我々を、我々の精神を深く探究することを求めています。

エイダ:
 私たちを闇へと引き戻そうとする勢力に抗うのです。

ヤーハン:
 ナジアの闇を変革の原動力とするのです。

アントニン・ホリス:
 闇からの囁きが聞こえた。

エイダ:
 男の精神を引き裂きし思考の靄は果て無き地平の闇へと収束していきます。そこが消滅点です。

ハンク・ジョンソン:
 諸君はもう我が謎に辿り着いている。

ローランド・ジャービス:
 完全なる静寂となることだろう。宇宙と虚無とが共に存在することになるのだ。

UntoldPower-470x260.png

THIS IS #VIANOIR
October 18, 2016 · by PAC · in Intelligence and Other Media

The path to the victory, and what lies at stake, has grown clearer.

This all began a few weeks ago.

At the #ViaLux finale, a strange document came to the surface. We've been calling it the Howcraft document because the theory so far is that it was co-written by H. P. Lovecraft and Robert E. Howard -- long time collaborators -- sensitives -- and no strangers to the world of Ingress.

The scene describes some kind of technological or mechanical horror and a summoning ceremony taking place around it.

Hank Johnson has been one of the people helping us put the story into perspective -- he's the one who either coined or revealed the word 'Tecthulhu.' According to Hank "this 'Tecthulhu,' is not a monster, but modern technology described by one who did not have the information to know what they are looking at or words to describe them."

That's one of the threads -- the other one is even more interesting. We all know that Susanna Moyer disappeared right after #AegisNova. The prevailing theory was that she had attempted to wreak vengeance on Jahan for her role in Susanna's father's death -- and that all went sideways.

Turns out, might not have been the case. Recently discovered documentsand Agent Kodama's investigation into Susanna's disappearance have suggested that Moyer may have been on the trail of something else entirely -- her father's powerful and dangerous research -- and the whole vengeance thing was just a cover to keep prying eyes away.

Was Susanna on the trail of the 'Tecthulhu?'
εηοζοφσζοφσΩζοφσυθσεεζοφσσω

Was this Nigel Moyer's research -- an ancient machine with dark and terrible power?

Did she find it? If so, what the hell happened to her?

These are the questions we'll be looking to answer in the coming weeks, and we'll need your help.

If this power is real, and as powerful as we think it is, there's a lot at stake come November 12th. Like I said, this is Via Noir. Let's see where the road takes us.

-PAC

#InvestigateIngress

Hank Johnson: The modern world was utterly in the dark.

The Acolyte: Our friends wish to explore us., our minds. All aspects of them. Even the dark ones.

ADA: Fight the forces that would drag us back into the darkness.

Jahan: Turn the darkness of the N'zeer into the dynamo of transformation.

Antonin Hollis: I hear whispered voices in the dark.

Ada: A blur of thoughts that had been ripping through his mind had been reduced to focusing on a never-ending dark Horizon. The vanishing point.

Hank Johnson: Now you know my darkest secrets.

Roland Jarvis: It will be perfect silence. It'll be both the universe and the void.

H. Richard Loeb
2016/10/19 08:43:01
The path to the victory, and what lies at stake, has grown clearer.

前へ

テクトゥルフの考察

次へ

ビアノワールの疑念