デヴラのボールトに関する所見

pac4.pngP.A. シャポー(P.A. Chapeau)
2016/10/18 15:51:15
先だって私は次のような疑念をクエスチョン・オブ・デイへ投じた。

デヴラのボールトとは何だったのだろうか。

  • ナイアンティック研究者たちの謎に包まれた記憶のバックアップ機能か
  • ハウクラフト文書の所蔵場所か
  • デヴラが残るポータル・ウィルスを保存した場所か
  • 若かりし頃のデヴラの記憶か

これは正答のある問い掛けではなく、調査コミュニティの反応をみて自身の考えを取りまとめようというものだった。答えに辿り着いているはずだが、確証を掴めてはいないといった問い掛けだ...

本日、エドガー・アラン・ライト博士がこの議論に加わったのだが...実に読みごたえのある内容だった。いつもの如く答えを示す以上に新たな疑念を提示していったが、時として優れた疑念こそが報いとなることもある。論点をまとめることになるのだ。

それでは、ライトの投稿をご紹介するとしよう。

2016年10月10月15日のクエスチョンに対するアンサーだ。デヴラのボールトに関する疑義は私にとって興味深いものだ。時として疑義を問うことはその答えのみならずそこで触れられていなかった新たな疑義を生じることになるからね。

明らかになったことに照らして考えれば、正しい答えは「若かりし頃のデヴラの記憶」となるのだろうね。だが、この疑義がナイアンティック研究者たちの謎に包まれた記憶のバックアップ機能という新たな議論を生み出すこととなった。そういった場所やものが存在する可能性は極めて高いように思えるが、改めて検討せねばならないだろう。そのようなバックアップが実在することをご存知だろうか。その証拠があるだろうか。

あと、ポータル・ウィルスはどうなったのだろうか。私の記憶ではデヴラによるヒューロン・トランスグローバル社内での使用が最後のはずだが、ご存知の通りこの件ではデヴラから頑なに対話を拒絶されてしまった。そのわけは判然としない。我々はいい大人だろうに。

あとは...明らかとなったことに照らせばボールトではないだろうが、今回の疑義がもたらした最大の発見はミスカトニック大学図書館の存在だろう。我々の次元界では架空のものと考えられてきたが、その実在は別次元にあり、我々の次元界からも干渉し得ることが明らかとなっている。

いわゆる「ネクロノミコン」がもたらす狂気とは実際にはグリフに由来したものなのだろうか、あるいはここでは便宜上我々の次元界の「オルタネイト・プレーン(代替次元)」とでも呼ぶところを認識したことに由来しているのだろうか。狂気とは、同時に二つの次元界に存在したことによる認識の食い違いによって引き起こされるのだろうか。

エドガー・アラン・ライト(Google+)」

P.A. シャポー

#InvestigateIngress

DevraVault.jpg

WRIGHT'S RESPONSE ON DEVRA'S VAULT
October 17, 2016 · by PAC · in Commentary

I recently asked the following via the Question of the Day:

What was Devra's Vault?

  • Secret backup facility for Niantic Researcher memories
  • Place where the Howcraft document was stored
    mjtwiobzkyuhikj5jqugi2jpmr2csoltmv3gw6q
  • Where Devra kept the last of the Portal Virus
  • A memory from Devra's childhood
    vrwwoivabdnixiginjv

This question was less a quiz with a right answer than my attempt to try and structure my own thoughts based on the Investigative community's response. It's a puzzle that I think we have the answer to, but I'm not sure...

Earlier today, Dr. Edgar Allan Wright weighed in... it's an interesting read. As usual for him, more questions than answers... but sometimes good questions are their own reward. They allow us to frame our thinking.

Here's what he had to say:

The question of Devra's Vault is fascinating to me. Sometimes, simply asking a question begets answers not only to that question, but other unstated questions.

While technically, the correct answer might be 'A memory from Devra's Childhood', the question in and of itself begets discussion about a secret backup facility for Niantic Researcher memories. I have a very strong suspicion that such a place and thing exists, but I have to revisit that. Do we know that such a backup exists? Is there evidence of it?

And what of the Portal Virus. It is my clear impression that she used the last of it at Hulong and, as you know, she has resisted every attempt I've made to open a dialogue with her. I'm not sure why. We are adults, Devra.

And... While it is not technically the Vault, perhaps the greatest revelation to come from asking this question was the existence of the Miskatonic Library. We now know that although it was believed to be fictional in our plane of existence, it does exist in another plane and that that plane can be accessed from ours.

Does the ensuing madness of the so-called "Necronomicon" really come from the Glyphs or does it come from clearly seeing what I'll call for the purposes of this discussion an 'Alternate Plane' from our plane -- that the madness comes from the cognitive dissonance of simultaneously experiencing two realities?

Dr. Edgar Allan Wright via Google+

-PAC

#InvestigateIngress

H. Richard Loeb
2016/10/18 15:51:15
Earlier today, Dr. Edgar Allan Wright weighed in on the question of Devra's Vault... it's an interesting read. As usual for him, more questions than answers... but sometimes good questions are their own reward. They allow us to frame our thinking. Here's...

前へ

クエスチョン・オブ・デイ:デヴラのボールト

次へ

テクトゥルフの考察