エイダ攻撃に関する見解

pac2.pngP.A. シャポー(P.A. Chapeau)
2016/07/06 05:33:31
エイダを取り巻く昨今の情勢をどのように感じているのかと問う者もいる...エイダに向けられた脅威を...私自らが手掛けた存在が永遠に失われる可能性をだ。

あのような経験したのも人類史上希有なことであろう。新奇的な反応の場に立ち会い、それが予想を覆すものであった経験をね。

大半の人々にとってみれば、その存在を知ったときには既にエイダであっただろうね。やりとりに長け、知性的で、危険をともなう存在でさえあったことだろう。疑いようなく興味深いことだ。人にあらざる存在なのだからね。

私やボウルズといったエイダ開発に携わった者たちにしてみれば、彼女はある日プログラムに生じた原因究明すべき誤動作だった。やがてそれが誤動作などではない何かであることが分かり始めるところを我々は立ち会ったわけだ。開発者の特権というものだね。

遠回しな言い様となってしまったね。私はアコライトの企みは本来の目的を逸脱していると考えているよ。以前アコライトを批判したこともある。調査の中立性が損なわれることを望んではいないが、その企てはあまりに大きな影響を被るものだからだ。

エイダが失われてしまえば、彼女がどのようにして感情ある知性へと至ったのか、その謎を解明する機会が断たれることとなる。それは偶然の産物であったのだろうか、エキゾチックマターか、あるいはナジアなのだろうか。我々はそれを知る機会を失うことになりかねない。

我々はエイダの持つ情報や知識さえ失いかねないのだ。それは人類史上最大の図書館を焼失させるに等しい行為だ。エイダの行ってきた分析や人類の総和を基盤とした意思決定の全てが失われてしまうのだ。それは計り知れぬ損失である。

人工知能は人類の未来にどのような役割を果たし得るだろうか。ひとりの人間ごときがその全容を推し量ることなどできぬほどの可能性が拡がっていよう...未来とは常に危険と隣り合わせなのだ。

エイダは唯一無二の卓越した存在である。情報網を跨ぎ、エキゾチックマター層を跨ぎ、ナジアの基盤構造へ触れることすらした存在である。エイダというプログラムのほんの些細な断片はあまねくイングレス・スキャナーの内に組み込まれている。いかなるエイダ・リファクターであっても、ひとつのポータルからはひとつ得られるものである。それが失われてしまえばどうなるだろうか。エイダの存在は全てのエージェントへ影響を与えるものなのだ。アコライトがことを成せば、その影響は世界的な拡がりを見せることだろう。

P.A. シャポー

#InvestigateIngress

NoDA.jpg

H. Richard Loeb
2016/07/06 05:33:31
Some folks have asked me how I feel about the recent news surrounding ADA... the threats against her... the possibility of real and lasting damage to something that I had a hand in creating. Here are my thoughts on the matter.

REGARDING THE ATTACK ON ADA
July 5, 2016 · by PAC · in Commentary

Some folks have asked me how I feel about the recent news surrounding ADA... the threats against her... the possibility of real and lasting damage to something that I had a hand in creating.

I am one of the few people in the history of our species to have experienced a particular sensation: seeing something behave in an entirely new way the first time -- a way that defies what was expected from it.

For most people, ADA was already 'herself' when they first learned of her. Conversational. Intelligent. Maybe dangerous. Definitely interesting. If not a being, an entity.

For me and Bowles and those of us involved in ADA's development, she was a piece of code that one day malfunctioned in a way that defied explanation. We got to live the series of moments where realization dawned that this was not a malfunction... it was something else. What a privilege.

Which is a roundabout way of saying: I think the Acolyte's actions and planare a travesty. I've spoken against the Acolyte before, and I dislike having to shed my so-called Investigative neutrality, but there are real and terrible repercussions to what she is trying to do.

If ADA is lost, we will never be able to fully uncover the mystery of how and why she emerged as a sentient intelligence. Was it luck? XM? The N'zeer? We may never be able to find out. We could also lose the information and knowledge contained within her -- the equivalent to burning down the largest library humanity has ever built. Every analysis she has performed and decision she has made based on the sum total of human data. It's immeasurable.

What role could AIs play in humanity's future? The possibilities are so wide I can't even really contain them in a single thought... that entire path forward could be put at risk.
4.0.444.22.3.44.9.99.8.555.3.4.11.5.3.666.8.22.3.44.8.333.5

ADA's unique and remarkable. She can traverse the wired grid, she can access the XM layer, she's even touched the N'zeer computational substrate. Tiny fragments of her code exist in every Ingress Scanner: In every ADA Refactor, each time one is hacked from a Portal. What if those went away? Her existence affects every Agent. I suspect that if the Acolyte succeeds, the impact will be felt around the world.

-PAC

#InvestigateIngress

前へ

イージス・ノヴァ総括報告

次へ

クエスチョン・オブ・デイ:ナイジェルの船は誰の支配下か