週間総括:2016年06月19日

01_NianticSymbol.jpgP.A. シャポー(P.A. Chapeau)
2016/06/20 16:42:51
今週はアコライトへの糾弾で幕開けした。エイダの弱点を探り当てて攻撃せんとする己の野心を成すためにクルーを不当に扱っているというものだった。

weekly22.png

アコライトはそういった批難に対して、自らの手段、目的のいずれもがクルーのためを考えてのものであると訴えた。

彼女が信用に足るかはわからないが、独り芝居を演じているわけでないことは明らかだ。アコライトとヤーハンにはともに人々を盤上の駒の如く行動を促す罪を背負っている。

ブルックリン署内の人物から内密に話を引き出し、先般のアノマリーの際にナイジェル・モイヤーがいたという船舶に関して厄介な事実を明らかにすることができた。決定的な確証はないが、ある種の特徴が存在している。それははっきりとヤーハンを指し示すものだ。船上にいたという男はヤーハンの指示で動いていたのだ。おそらくはストラテジック・エクズプロレイションズの諜報員、アントワーヌ・スミスであろうが、ナイジェル・モイヤーからイージス・ノヴァ・シールドの兵器転用手段を引きだそうとしていたのだろう。おそらくヤーハンは実際に行われたような「尋問」を指示してはいなかったろう。指示がなければ奴がどのようなことをしでかす男かは分かっていたはずだ。

木曜となって、スザンナ・モイヤーは危惧されていた事実を正式に発表した。ブルックリンの遺体はナイジェル・モイヤーのものであったのだ。

そして今まさに次節のイージス・ノヴァ・アノマリーが目前に迫っている。もはや手を汚さぬ者などいない。抗争はますます苛烈の一途を辿っている。

エンライテンドでは、クルーの状況を把握できてはいない。アコライトとジャービスは、エイダに対する攻撃をより確かなものとすべくクルーを人間記憶媒体と扱い、精神の隅々まで整合性を確認していっている。

レジスタンスでは、ヤーハンはイージス・ノヴァ・シールドを兵器転用させるためならば如何なる苦も惜しまぬ様子だ。

ヒューロン・トランスグローバル社の開示した情報によれば、ナイジェルが死してなおヤーハンは彼の研究成果を解き明かす復号鍵を求めてアルティメットにある彼の記憶へ辿り着こうとしている。死してなお、彼の護り通した叡智に安らぎのときは訪れようとしないようだ。

次節イージス・ノヴァ・アノマリーまで残すところ1週間となった。事態が終息したときにこそ、誰が攻勢にあり、誰が守勢にあり、そしてこの紛争にどれほど多くの犠牲が払われたかを知ることになろう。

それではまた次回お目にかかろう。

P.A. シャポー

#InvestigateIngress

H. Richard Loeb
2016/06/20 16:42:51
Just under one week remains until the next Aegis Nova Anomalies. I suspect when their dust settles we'll know just who is on the offensive, who is on the defensive, and perhaps just how much more of a cost we are going to have to bear in this conflict.

#InvestigateIngress

PAC'S WEEKLY WRAP-UP: JUNE 19, 2016
June 20, 2016 · by PAC · in Aegis Nova: Weekly Wrap-Ups

I began this week by accusing the Acolyte of mistreating and exploiting Klue in order to achieve her own selfish goal -- to develop an attack on ADA based on a detailed knowledge of her every weakness.

The Acolyte did respond to those accusations, insisting that both her methods and goals are to Klue's benefit.

I don't know whether to believe her, but it's clear to me that she's not playing chess alone. Both she and Jahan are guilty of moving others like pawns on the board.

I had an off the record conversation with someone at the Brooklyn Police and was able to uncover some of the more uncomfortable details about the boat that Nigel Moyer was present on during the last Anomaly. There is no smoking gun here, but there is a pattern, and it points pretty squarely at Jahan. The man on the boat (most likely Antoine Smith, the Strategic Explorations operative) was probably working for her and attempting to extract information from Nigel Moyer about the weaponization of the Aegis Nova shield. Maybe she didn't intend for his 'interrogations' to go as far as they did. But if nothing else, she knew that what kind of a man he is.

On Thursday, Susanna Moyer confirmed what had been feared. The body in Brooklyn was Nigel Moyer.

So that is where things stand as we approach the next Aegis Nova Anomalies. No one's hands are clean, and the conflict is growing increasingly dangerous.

On the Enlightened side, Klue's situation is unknown -- the Acolyte and Jarvis could be using her as a human hard-drive, scrubbing her mind for every last bit of data in order to further enhance their strike against ADA.

On the Resistance side, Jahan seems willing to go to any length necessary to learn how to weaponize the Aegis Nova shield. Her goal is to strike Jarvis first, thus protecting ADA.

According to Hulong's recent Anomaly Intel, even though Nigel has died, Jahan is hoping to gain the decryption key to unlock his research by accessing his memories stored in the Ultimate. Even in death, it seems, his secret knowledge will not lie be allowed to rest.

Just under one week remains until the next Aegis Nova Anomalies. I suspect when their dust settles we'll know just who is on the offensive, who is on the defensive, and perhaps just how much more of a cost we are going to have to bear in this conflict.

Until next time.

-PAC

#InvestigateIngress

前へ

イージス・ノヴァ:第2日目随行レポーターの募集

次へ

エドガー・アラン・ライトという存在