ブルックリン事件の真犯人は誰か

01_NianticSymbol.jpgP.A. シャポー(P.A. Chapeau)
2016/06/10 14:19:49
イージス・ノヴァ発生時、ブルックリン近郊にあった船舶には誰が関わっていたのだろうか。徐々に手掛かりはつがなりつつある。ナイジェル・モイヤーが乗船していたことはわかっている。スザンナ・モイヤーが彼に接見して短いやりとりがあったこともわかっているが...おそらくはこの船舶を掌握した何者かが機密情報を得ようと画策したことだろう。遺体漂着を知ることになるのは、その数日後のことだった。

今回の漏洩によれば、IQテック・リサーチ社のアヴリル・ロラゾンはブルックリンで起きた顛末の背後関係の疑いをアジア圏のXM企業、ヒューロン・トランスグローバル社のユェン・ニィに向けた。しかしながら、ニィの回答を信じるのであれば、真犯人は別にある可能性も残されているようだ。

こちらがその内容だ。

ロラゾン: 話がある。

ニィ: なにかしら。

ロラゾン: ナイジェル・モイヤーの件だ。ブルックリン近海にあった船舶だよ。あれは君たちの手引きだった。

ニィ: 私たちではないわ。

ロラゾン: 我々の得た証拠は君たちを指し示している。君の言うことは信じ難いよ。

ニィ: ロンドンから後はナイジェルの行方が途絶えていました。そちらの情報と違いがないなら、それは信じていただけるのでしょうね。無論私たちは行方を追い、そして...

ロラゾン: そして...なんだい?

ニィ: そして、連絡をとろうとしたわけです。隠し事は無しにしましょう、ナイジェルの研究が私たちの考えているとおりならば、誰もがやっていたことです。あなた方もそうであったことは私たちも知るところです。

ロラゾン: それは隠し立てしても意味ないことだな。

ニィ: イージス・ノヴァ・シールドの制御された状態で最高出力が引き出されたならば...

ロラゾン: 計り知れぬ力を発揮することだろうな。この世界からエキゾチックマターを枯渇させるに足るものが...

ニィ: 特定の目的に行使されると。

ロラゾン: そのとおりだ。

ニィ: 私たちがナイジェルとの接触を望んでいという指摘はごもっともなこと、ですがそうはならかった。

ロラゾン: イリヤでもないな、そちらは確認している。

ニィ: 私の方でもそう確認しています。

ロラゾン: では、君の言を信じるならば、私の仕業ということになるな。そんなことが可能な者など実に限られているのだから。

ニィ: ヤーハンとアコライトがいますよ。私が疑いを向ける者の上位に彼女らの名が挙がっています。

ロラゾン: 私もそうだ。

P.A. シャポー

#InvestigateIngress

PossibleSuspects.png

H. Richard Loeb
2016/06/10 14:19:49
Who was behind the boat near Brooklyn during the last Aegis Nova Anomaly? In this leaked transcript, IQTech's Avril Lorazon confronts Hulong Transglobal's Yuen Ni with suspicions that the Asian XM corporation may have been behind what unfolded in Brooklyn. However, based on her response, it seems the true culprit may be someone else.

#InvestigateIngress

BROOKLYN: THE SUSPECTS
June 9, 2016 · by PAC · in Intelligence and Other Media

Who was behind the boat near Brooklyn during the last Aegis Nova Anomaly? The pieces are slowly coming together. We know that Nigel Moyer was aboard. We know that Susanna was able to meet him, briefly, and they had a short conversation -- probably a ploy to attempt to gather intelligence by whoever controlled the boat. We know a body washed ashore some days later.

In this leaked transcript, IQTech's Avril Lorazon confronts Hulong Transglobal's Yuen Ni with suspicions that the Asian XM corporation may have been behind what unfolded in Brooklyn. However, based on her response, it seems the true culprit may be someone else.

Transcript:

LORAZON: We need to talk.

NI: Then talk.
17m691m7212698459&3p3m2468802436547&2p2m3m281m23083330619

LORAZON: Nigel Moyer. This boat in Brooklyn. That was you.

NI: It wasn't us.

LORAZON: Our evidence points to you, and I'm inclined not to believe you right now.

NI: We lost track of Nigel after London. Your intel says no different, so trust it. And yes, we were trying to track him and...

LORAZON: And?

NI: And have a conversation. Let's be honest, if his research is everything we think it is, so was everyone. So were you, and we know you were.

LORAZON: No point hiding it.

NI: If the Aegis Nova shield can be controlled, configured to the nth degree...

LORAZON: Its power could be immense. Something powerful enough to starve XM from the world...

NI: Targeted, focused on a single point.

LORAZON: Yeah.

NI: You're right we wanted to talk to him. But this wasn't us.

LORAZON: Wasn't Ilya either, I've confirmed that.

NI: So did I.

LORAZON: So, if I believe you, and let's say I do, the list of possible suspects is pretty small.

NI: Jahan, the Acolyte. They would be at the top of my list.

LORAZON: Mine too.

-PAC

#InvestigateIngress

 

前へ

二次創作に関する利用規約

次へ

Anker x Ingress: イングレス・ギブアウェイ