ローソン・パワーキューブ

Ingress_logo.pngイングレス・ジャパン
2016/02/26 19:40:47
名称: Lawsonパワーキューブ
開発者: IQTech East

説明:
Lawson パワーキューブは強化されたパワーキューブで、他に存在するどの種のパワーキューブよりも多くのXMを内包している。他のパワーキューブとは違い、内包するXMが枯渇するまで自動でスキャナーにXMを供給することが可能である。

ストーリー:
IQTech Eastはエゼキエル・カルヴィンがShonin Anomalyで行方不明となる直前に設立した組織である。カルヴィンと長きに渡る関係を持つ高名な科学者である司アキラ少佐もIQTech Eastの立ち上げに関わっており、若く優秀な研究員を採用することに成功したようである。IQTech極東支部はリントン=ウルフ博士が開発したパワーキューブの技術に加え、折り紙に着想を得て多くのXMを畳み込む方法を編み出した。この研究はローソンと呼ばれる企業の支援によって実現した。ローソンはXM技術を活用することで、コミュニティを活性化しようとしている、日本の企業である。

本日から1週間は、Lawson ポータルからのみ出現する模様です。

lpc_front.png

Ingress
2016/02/26 17:00:49
Lawson Power Cube

Developer: IQTech East

The Lawson Power Cube is an enhanced version of the standard Power Cube which provides XM storage greater than all other known variations.  Unlike the standard Power Cube, it can automatically route XM to the Scanner until it is exhausted.

IQTech East was established by Ezekiel Calvin shortly before his disappearance during the Shōnin Anomaly. Major Akira Tsukasa, a respected research scientist with longstanding ties to Calvin, helped IQTech East recruit a team of promising young researchers in Asia.  Building on Dr. Lynton-Wolfe's Power Cube research, IQTech East discovered a new method of folding XM objects inspired by origami. Resources for this project were provided by  the Lawson Corporation, a Japanese company seeking to use XM technology to revitalize communities.

前へ

イングレスレポート:オブシディアン迫る

次へ

ローソン・パワーキューブ・カードの適用