カルビンとクレーゼの謎

Android_Dream_Abi-1.jpegエドガー・アラン・ライト(Edgar Allan Wright)
2015/11/11 02:50:54
昨日は素晴らしい日となった。まずは、第3巻が発売されるとは知らず申し訳なかった。調査に没頭してしまっていたのだ。実際のところ、カルビンはいつから関与していたのだろうか。彼は傀儡であったのだろうか、あるいは傀儡子であったのだろうか。彼はアバドンなのだろうか。実に魅力的な疑問であり、素晴らしい試みだ。

だがそうだね、いつからカルビンが関与し始めたのだろうか。答えを見出すに充分な材料が揃っているかはわからないが、彼の足跡を追うことは実に魅力的なことだね。そして、今週のことになるわけだが、クレーゼはいずこで組み込まれたのだろうか。ナイアンティック計画の折に彼がシミュラクラであったとは考えがたいのだが。

Edgar Allan Wright
2015/11/11 02:50:54
Brilliant day, yesterday. First off, excuse me for not knowing about the release of book 3. I have been immersed in studies. Indeed, when did Calvin get involved? Was he the puppet or the puppeteer?  Is he Abaddon?  Fascinating questions.  Brilliant work.  

But yes. When did it begin for Calvin? I'm not sure we know enough to answer that, but his trail is fascinating to follow?  And, relevant to this week, where does, did, Kureze fit in?  It doesn't seem that he was a simulacra at Niantic.

前へ

隠された任務

次へ

ハンクの失われた原稿