カルビンの存在

Android_Dream_Abi-1.jpegエドガー・アラン・ライト(Edgar Allan Wright)
2015/10/27 22:13:54
ヤーハンとエイダの映像の理解に努めているところだ。

それでも、過去、現在、未来が不吉なことにも計算基板へとって替わられる可能性が示されている。

ほんの僅かな言葉に言外の意味があまりにも多く含まれている。起こりうる事象を想像せよ。

また、私はカルビンの存在を感じ取った。数十年にわたって彼が行い言及してきたことで私の知る限りのすべてにおいて、微妙に異なる解釈を見出した。異なる角度から眺めたのだ。それはマジシャンの袖の内から世界を眺めるようなものであった。

彼の行ってきたすべてが、いまこの瞬間、ワイダ、ナイアンティック...それらすべてに通じていたのだ。そしていまなお、彼は目的を達してはいない。

あるいは、私の理解はすべて誤りなのだろうか。彼が元凶なのだろうか、あるいは英雄なのだろうか。彼は操り手なのだろうか、それとも駒のひとつに過ぎないのだろうか。

思い巡らそう、熟考しよう、整理しよう。

Edgar Allan Wright
2015/10/27 22:13:54
I am still assimilating the Jahan/Ada video.  

Still formulating past, present, future, alternative possibilities in the ominously titled computational substrate.  

So much implication in so few words. Images of possibilities.

And somewhere in there I felt the shade of Calvin. Everything he did and said in the decades I knew him takes on a new shade of meaning.  It is visible now from a different angle -- like viewing the world from inside the magician's sleeve.

Everything he did led to this moment, Whydah, Niantic...  Everything.  And yet he is not here for his triumph.  

Or have I got it all wrong? Is he the villain or hero of the piece?  Is he the hand moving the pieces, or is he just a piece?

Meditating. Contemplating. Assembling.

前へ

ヤーハン・グリフ

次へ

キューピッドスパン