テクノロジーのグリフ

Android_Dream_Abi-1.jpegエドガー・アラン・ライト(Edgar Allan Wright)
2015/06/06 07:20:28
ニゲル・モイヤーによって明らかにされたこの実に魅力的な文書について考えていた。その時のことだ、スタイン・ライトマンが目の前に立っていたのだ。ライトマンは何か言葉を口にしたのだ、おそらく一言だけだったはずだが、彼は手で合図をした。

同じ仕草を幾度も幾度も繰り返していたのだ。

周囲に炎があがったかと思えば、あらゆるところへとたぐり寄せられる。ライトマンが語り、仕草を示すたびごとに、周囲は一変していく。有り得ぬ速さで動く幾千の歯車。均一に流れるエネルギー、それは複雑な回路が延々と続いているかのようだ。そして光の照射が弧を描いては接触し、増えては減っていく。

何らかの機械の内にいたのだ、そこから進化と成長を見ていた。

そうすることで、彼の言っていたことに気づき得た。実際には彼が何と言っていたのか覚えてはいないのにだ。ライトマンは取り囲む奇妙な機械のことを示していたのだ。彼が示していたのはすなわち「テクノロジー」である。彼の言葉なのかあるいは何らかの手段で私にその意思を送ったのかはわからないが、確かに伝わったのである。

今となってはそれがエキゾチックマターとの接触であったのか、夢であったのか、失われた記憶であったのか、あるいはそれら全てが絡み合った結果なのかはわからない。ワラタのときに交わした会話のようにも思えるところもあったが、大半が非常に奇妙で理解しがたいものだった。だが、確かめるすべはない。

Technology.jpg

Edgar Allan Wright
2015/06/06 07:20:28
I had been reviewing this most fascinating document Nigel Moyer has brought to the surface. The next thing I remember, +Stein Lightman was standing in front of me. He was saying something... words, or perhaps just one word, and making a motion with his hands.

The same motion again and again.

We were surrounded by fire. Then by a dense network of rope being pulled in all directions. Each time he would speak and motion, our surroundings would change. Thousands of interlocking gears moving at impossible speeds. Energy flowing in a rigid pattern, like an infinitely complex circuit diagram. Then, radiant beams of light arcing and interacting, multiplying and dividing.

We were inside of some kind of machine, watching it evolve and grow from within.

I then realized I knew what he was saying (although I do not remember actually hearing his voice) He beckoned to the strange mechanism that surrounded us. 'The Technology,' he communicated. (I say communicated, because I do not know if he spoke or transmitted this idea to me through some other method).  

When it ended, I was unsure if this was an XM encounter, a dream, a lost memory or some combination of them all. Parts of it felt like a conversation I remember having during Waratah, but other aspects of it were quite surreal. I cannot be sure. 

前へ

イングレスフィット景品

次へ

ファーストサタデー 6-JUNE 開催