ロラゾンとイリヤの会談

nianticglowsナイアンティック計画(Niantic Project)
2015/04/30 14:03:08
敵を知るならその懐に飛び込めという。

ナイアンティック計画の背後を暴こうと競合勢力がこれほど歩み寄る日が来ようとはまことに不思議でならない。
エックス


極秘文書
フィールドID:4OWDOWTCZEXISBEVIFZENINPRQ

出典:
 非公表
監視対象:
 対象ネットワーク・スキャン
現状:
 イリヤ・ペフツォフ(ヴィシュラ・テクノロジー最高経営責任者)
 アブリル・ロラゾン(IQテック・リサーチ最高経営責任者代行)

##記録開始

ロラゾン: あなたとは話し合いの場が必要と考えていた。

イリヤ: もっと気の利いた切り出しを期待していたよ。

ロラゾン: それはすまない。

イリヤ: ニィに対しての口上と同じだったのでね。

ロラゾン: さて、その後デブラから連絡があったのか確認してもかまわないでしょうか。

イリヤ:今の状況に陥る以前から長らく連絡は途絶えているよ、強情な女さ。

ロラゾン: 彼女らしいことですね。どうでしょう、今や我々は利害を一致させていると思うのですが。

イリヤ: それで何をしようというのだ?

ロラゾン: ナイアンティックで一体何が起きたのか調査するのです。カルビンが隠し通していたことは何なのでしょう、いまや全ての道はカルビンに通ず、ですよ。

イリヤ: 全く同意見だ。

ロラゾン: おそらくは、我々はライトマンよりは幸運であることでしょう。

イリヤ: あるいは誰が現れようと...

ロラゾン: そうなるでしょう。さて、この件で我々は敵味方いずれでしょうか。

イリヤ: とりあえずは、密接な関係であるべき、ということにしておこうか。

##記録終了

ヒューロン・トランスグローバル社

Niantic Project
2015/04/30 14:03:08
Keep your friends close and your enemies closer. 

As the alliance to uncover the secret behind the Niantic Project grows, I can't but help wonder exactly how close these competing forces will keep each other in the days to come.

x

 Close.png

FOR INTERNAL USE
Field ID: 4OWDOWTCZEXISBEVIFZENINPRQ
Source: Withheld
Surveillance Target: Targeted Network Scan
Present: Pevtsov, Ilya (CEO, Visur Technology)
Lorazon, Avril (Acting CEO, IQTech Research)
E-Int Form: COMINT Surveillance Audio

##BEGIN TRANSCRIPT

LORAZON: I think there is a conversation you and I need to have.

ILYA: I was expecting a more original opening.

LORAZON: Excuse me?

ILYA: That is the same one you used with Ni.

LORAZON: Well. Then do you care to confirm that Devra isn't speaking to you?

ILYA: Devra stopped speaking to me long before she became what she seems to be now. Headstrong woman.

LORAZON: That she is. It seems, at this point, that we all have interests in common.

 ILYA: And what is that interest?

LORAZON: To find out what the hell happened at Niantic. What Calvin was hiding. Because at this point, all roads lead to him...

ILYA: I agree with you on that front.

LORAZON: Maybe we will have better luck with Lightman.

ILYA: Or whoever emerges after...

LORAZON: There is that. So are we friend or foe on this?

ILYA: Let's just say we should keep each other close.

##END TRANSCRIPT

HULONG
TRANSGLOBAL INDUSTRIES CORP.

 

前へ

ミートアップ・ロンドンの開催告知

次へ

AXAシールドの紹介映像