死の谷へ

hank.jpgハンク・ジョンソン(Hank Johnson)
2015/04/18 08:39:54
アナズテックの民は歓迎してくれた。少なくともユーリ・アラリック・ナガッサの消息に関して彼ら以上の情報を私が持ち合わせてはいないと分かるまではね。ユーリの父が使用していた古い観測所跡を捜索する許しを得たが、たどり着くには随分と時間を要した。観測所は冷戦時代のタイムカプセルの如き遺物にユーリの技術を組み入れたものだったが、そこでは何も得られなかった。ユーリが重要なことを知らせようとしていたならば、ここではなかったかあるいは誰かが私に先んじて回収してしまったかのいずれかだろう。だが、それは疑わしいことだ。アナズテックの民と私は知己であったが、他の者たちはそうはない。加えて彼らは物質社会に疎いが、目に見えず音に聞こえぬ世界との交感によってそれを補っている。彼らに認められることなくしてこの場に立ち入ることのできる者などいない。さもなくば侵入は流血をともなうものとなるはずだ。

アナズテックの民はユーリの奇妙な夢を伝えてくれた。それは霧と雲と光、そしてこことは異なる世界からのメッセージに満ちた短くもはっきりとした夢であった。

彼らは、私を死の谷へ連れていくことを望んだ。今はまさに危険な状況ということであり、私はそのリスクを検討している。そこにはアフガニスタンアノマリーやコンゴクレーター、ヤーハンの宮殿、そしておそらくはペルセポリスに匹敵する強力な異常があると考えるに足る根拠がある。

Vision.jpg

Hank Johnson
8:39
This time the Anazktec were happy to see me. At least until they discovered that I didn't have any better idea of +Yuri Alaric Nagassa's whereabouts than they did.  They let me search the ruins of Yuri's father's old observatory. Took a while to hike there. It was like a time capsule of the cold war, superimposed with Yuri's tech. Nothing there. If Yuri had an important message to send, either it wasn't there or somebody else had gotten there before I did. I seriously doubt that. The Anazktec know me, they don't know the others, and what they lack in hardware, they make up for with an absoluteness connection to their environment... invisible and inaudible. Nobody would have been allowed in there without their knowledge or permission. Such an intrusion would be bloody. 

The Anazktec indicated that they had had strange dreams of Yuri. Short, sharp dreams filled with mists and clouds and light and messages from places beyond this world. 

They wanted to take me to the Valley of the Dead. That would be dangerous right now. I am considering the risk. I have every reason to believe that it is as powerful an anomalous presence as either the Afghan Anomaly, the Congo Crater, Jahan's temple and, perhaps... Persepolis. 

 

前へ

ミートアップ・パリ

次へ

アノマリー翌日のイベント