マーティンのホテルにて

hank.jpgハンク・ジョンソン(Hank Johnson)
2015/04/10 14:57:57
ローマのホテル支配人は宿泊費を滞納したままのマーティン・シューベルトがどこにいるかなどよりも、誰が肩代わりしてくれるのかに関心を寄せていた。幸いなことに、イリヤから受け取った金を所持していたので、滞納金と引き換えに部屋の鍵を受け取ることができた。ヴィシュラ・テクノロジー社は、私のような一所に留まらぬ男の仕入れる話を得ようと資金調達に協力してくれたわけだ。

部屋は煙草と陰謀とが立ち込め、いまだ失せてはいなかった。走り書きやいたずら書きをしたかのような数枚の紙があった。キャリー・キャンベルのヴォイニッチ手稿のような手記を思い起こさせるものだった。コンピュータのディスプレイにスタイン・ライトマンとユーリ・アラリック・ナガッサのグーグル・ハングアウトが開いていたが、どちらもアクティブ状態にはなっていなかった。ドイツ語、そしておそらくはスラブ語であろう中東言語で書かれた古書があった。

この非常に不可解な走り書きから読み解くことができるのは、ナガッサから提示された幾つかの学術的質問に回答していたということと、ライトマンが翻訳の協力をしていたのだろうということだ。だが、やはりじっくりと目を通すほどの猶予はなかった。幾多の企業や諜報機関がこの発見を確保せんと動いていたのだ。

突然の声に私は手を止めた。それは机下に隠されたデバイスから発せられたものだった。双方向ポケットラジオの類だ。それが誰なのかはわからないが、静かな声で机上に散らばるマーティン・シューベルトの論文解釈に協力を強いられた。ここで拒否すれば、厄介なことになりかねない。声の主が何者かはわからない、ヒューロン・トランスグローバル社の手の者か、国家情報局か、あるいはロラゾン率いるIQテック・テクノロジー社か。あるいはそれらとも異なる勢力なのか。

見えざる者に対して私の知り得る限りを語った。すると音声ストレス分析をかけたと言い、元の場所に論文を戻して立ち去るように命じた。おそらくは私よりも情報に通じた人物を別途派遣しようと判断したのだろう。この電子機器を用いた「キャッチアンドリリース」トラップをなんとか無傷で逃れたのだ。彼らには私を害する余裕はなかったのだろうし、私自身も問題を抱えていた。加えて言えば、マーティン・シューベルトの部屋はそもそもが散らかし放題だったわけだ。

Roma.jpg

Hank Johnson
2015/04/10
The manager of the hotel in Rome was more interested in who was going to settle+Martin Schubert's bill than he was in the whereabouts of his delinquent guest. Fortunately, I had some walking around money from Ilya (+Visur Technology has expressed interested in funding the development of future NOMAD episodes), so I paid the bill in exchange for the key. 

The room still reeked of cigars and cerebral intrigue. It was a still life. Several sheets of paper scrawled and doodled upon that reminded me of an artless take on +Carrie Campbell's Voynich-like pages. A computer open to a dead Hangout with +Stein Lightman and +Yuri Alaric Nagassa, both also absent. A couple of old books in German, what I would guess was a Slavic language and a middle eastern script I couldn't identify.

From what I could decipher of his extremely cryptic scribblings, he was answering some academic question Nagassa had put to him and Lightman was probably helping with the translation and contextualization.  Of course, I didn't have much time to read thanks to the hunger with which various corporations and intel agencies are trying to obtain these troves of knowledge.  

A disembodied voice interrupted me. It was coming from a device hidden underneath the desk. 2 way radio. Whoever was using it couldn't have been that far. I was told, calmly, that I was going to assist them by interpreting some of Schubert's paper lying on the desk. If I chose not to help, there would be consequences. I'm not sure who this person was... +Hulong Transglobal? NIA? Lorazon and +IQTech Research?  Or some other entity...  

I told the disembodied voice what I knew.  It said it had analyzed me for voice stress and told me to leave the paper in place and leave, probably in case someone more informed than me decided to pay a visit in the future. I left the electronic 'catch and release' trap unharmed. There wasn't much margin for them in killing me, and, well... as for me, I have my own problems to deal with. Besides, it would've messed up the 'in situ' of Schubert's room. 

 

前へ

ミッション共有機能の追加

次へ

情報更新の不具合