クラウディアの接触

hank.jpgハンク・ジョンソン
2015/04/08 13:35:03
遅かれ早かれ明るみにでることだろう。なぜなら、結局のところ、この世界に秘密はほとんど残されてはいないのだ。オリバー・リントン=ウルフの出入りがあったと思しき住まいから出たところで、クラウディア・グラスと出会ったのだ。彼女はレミントンM700のスコープを通して見つけることができたことは幸運だと語った。私は引き金を引かなかったことに謝意を返した。一度は撃ったのだが外してしまったのだと彼女は言ったが、それが事実なのか彼女なりの皮肉なのかはわからない。彼女が狙いを外すとは思えないのだ。

並外れた実力を備えるとともに悪辣を好む人物ではない。彼女は自らも最期のときが来るに違いないと自覚するがゆえに、できる限りのことを為し得ようとしているのだ。私の前に現れたのは社交辞令などではなかった。彼女は自らの上司が私と接触を持ちたいと伝えに現れたのだ。驚くことではない。私もイリヤとの接触を望んでいたし、彼が取り得る最も可能性の高い手段は強行に私を確保しようとすることと考えていたのだ。奇妙な誇大妄想にとらわれた者とはそういった行動に出るものだ。私を殺害するのであれば彼に接触する益はなく、むしろ多くの問題を生じることだろう。したがって、この申し出を受けることは安全と感じた。

それは興味深いやりとりだった。私は口外しないことを約束した。ヒューロン・トランスグローバル社、国家安全保障局あるいはIQテック・リサーチ社が写本を保持しているが、手放すこととなるだろう。先に述べたように、この世界に秘密はほとんど残されてはいないのだ。

私に言い得ることといえば、オリバー・リントン=ウルフの所在に関しては更なる情報は見込めなかったということだ。憶測だが、彼の本質がポータルネットワークの何処かにあるのだとすれば、肉体はどこにあるというのだろうか。わからない。

クラウディアを伴って目的の場所へと赴いた。そこで彼女の最期を担うであろう組織の類に出迎えられたのだが、それはいずれ開示しよう。彼女にとっては当たり前の生き様なのだろうし私もそうやって生きてきたものだが、もはや戻ろうとは思わない。我々は集団から外れたのだ。ペルセポリスを前に学ばねばならないことは多い。

Where.jpg

Hank Johnson
2015/04/08 13:35:03
As I know it will come out sooner or later anyway, because, after all, there are few secrets left in this world, I was greeted by Claudia Glas as I exited the apartment which I believed was staged to look like Lynton-Wolfe was there. She told me that it was good to meet me in person since she had only seen me through the scope of her 700. I told her I appreciated her not pulling the trigger. She said she had fired once and missed. I don't know whether she was telling the truth or it was her sense of irony. I doubt she misses.

Unusual person and not in an entirely bad way. Claudia has that feeling about her that she knows any day might be her last, so she wants to get everything out of it that she can. It wasn't a social call. She said her boss wanted to talk to me. No big surprise. I wanted a meeting with Ilya, and I knew the best way to get one was to make him think that he was hijacking me. Weird megalomaniacal types work that way. There's nothing in it for him in killing me, and probably a lot of problems, so I felt safe going into it.

We had an interesting discussion. I told him I'd keep it confidential and I'm honoring that. Ten to one either +Hulong Transglobal, the NIA or +IQTech Research has a transcript and will release it. As I said, there are few secrets left in this world.

One thing I can say is that Ilya has no better idea of the whereabouts of +Oliver Lynton-Wolfe than I do. My guess? His essence is somewhere in the Portal Network, and his body? No idea.

I hitched a ride with Claudia to a destination I'll disclose later where we were greeted by some unpleasant corporate types determined to make it her last day. It wasn't. I sense that's the normal rhythm of her life. I've lived that way, not keen to going back to it. We parted company. There's a lot I have to learn before #Persepolis.

 

前へ

ペルセポリスアノマリーの決定

次へ

信奉者と学徒:小屋