支配的な情勢

nianticglowsナイアンティック計画(Niantic Project)
2015/02/21 20:31:38
ハンク・ジョンソン、アズマティそしてヤーハンがアフガニスタンの13マグナス・ネストへ近づくことで、ハンク・ジョンソンの精神はどうなっていくのだろうか?

ブラントは、それを「支配的な情勢」と呼び、険悪に...。
エックス


dabphsgx3code3
SJOZWYRM1ECVJGZKU9
極秘文書
フィールドID:XVJCJGRS9D/OHECUBA2

出典:
 非公表
監視対象:
 ワイドネットワーク・スキャン
現状:
 エゼキエル・カルビン
 ジョアンナ・ブラント

##記録開始

カルビン: 何の用かね?

ブラント: ハンク・ジョンソンのことよ、あなたに訊ねようと待っていたの。

カルビン: 君こそ...いや、少なくともかつて君は精神科医だったのではなかったかね?

ブラント: 今でもその精神を失ったわけではないわ。訊ねたいのは、非常に限られた情報にもとづく憶測に過ぎないことよ。

カルビン: よかろう、平易な言葉で訊ねてくれるならね。

ブラント: あなたには造作もないことでしょう?博士様なんだから。

カルビン: あいにく心理学の、ではないのでね。

ブラント: 簡単に言えば、彼は自らの望みをわかっているし、明確な目的もある。それでも無意識のうちに葛藤しているわ。

カルビン: 彼はナジアを止めるためならば何だってするだろう。だが、アズマティへ危害が及ぶことは避けたいのだ。それにヤーハンとの関係もまだ断たれたわけではない。

ブラント: そしてかつてはシェイパーや一般的なエンライテンド陣営の意図とは全く異なる立場を取っていたわ。

カルビン: 彼の行動をどのように説明付けようというのだね。

ブラント: 状況次第よ。

カルビン: 何だって?

ブラント: ヤーハンのすること。アズマティのすること。率直に言えば、支配的な情勢ということね。

カルビン: 支配的な情勢だと?

ブラント: エンライテンド陣営あるいはレジスタンス陣営のいずれかが勝利し、情勢が傾いたときと言えばよいかしら?

カルビン: そうか...21日に発生するアノマリーだな。彼女はその刻が来るまで時間を稼いでいるというわけか。

ブラント: 彼女の立場に身を置いてみなさい。自らが未知の領域に足を踏み込んでいることは自覚している。瀬戸際を待ち望んでいるのです。gxbwagnx4xszmrv2

カルビン: 彼女が13マグナス・ネストへ立ち入れば、その力に変化が生じるだろう。

ブラント: 率直に言って、あなたは何を憂慮しているのかしら?

カルビン: 憂慮なんてしていないさ。

ブラント: 私はあなたが何をしようとしているのか憂慮しているわ。ハンク・ジョンソンは、あなたの友人ですもの。彼の死を望んではいないでしょう。数日のうちに、あなたはハンク・ジョンソンがアズマティに対して抱いていると同じ心理状況に追い込まれることでしょうね。

##記録終了vrwopa6vuahc7so

ヒューロン・トランスグローバル社
epshcxsb9fodpdqw1v8

dabphsgx3code3.png

Niantic Project
2015/02/21 20:31:38
What is going through +Hank Johnson's mind as he, Azmati and Jahan approach the 13MAGNUS nest in Afghanistan?

The 'prevailing environment,' as Brandt calls it, is stormy...

x

 

dabphsgx3code3
SJOZWYRM1ECVJGZKU9

FOR INTERNAL USE
Field ID: XVJCJGRS9D/OHECUBA2
Source: Withheld
Surveillance Target: Wide Network Scan
Present: Calvin, ezekiel (IQTech Research)
Brandt, Joanna
E-Int Form: COMINT Surveillance Audio

##BEGIN TRANSCRIPT

CALVIN: I need a read from you. r2czkcrrelzn8ask

BRANDT: Hank Johnson. I was waiting for you to ask.

CALVIN: You are -- or, at least, were a psychiatrist.

BRANDT: I'll never stop being one at heart. The following is speculation, based on very limited information.

CALVIN: I'll take it, as long as it's plain English.

BRANDT:You should be able to handle it. You have a PhD.

CALVIN: Not in Psychology.

BRANDT: In simple terms, he believes he knows what he wants and has a clear objective. Subconsciously, however, he's conflicted.

CALVIN: He will do anything to stop the N'zeer. But he doesn't want harm to come to Azmati. And he still has some kind of connection to Jahan.

BRANDT: And he once had a very different attitude towards the Shapers and the general construct of Enlightenment.

CALVIN: How will this manifest in his actions?

BRANDT: Depends.

CALVIN: Oh what?

BRANDT: What Jahan does. What Azmati does. And frankly, the prevailing environment.

CALVIN: Prevailing environment?

BRANDT: In the instant when the Enlightened or Resistance pull is stronger.

CALVIN: Of course... The Anomaly on the 21th. She's been marking time until that.

BRANDT: Put yourself in her position. She knows she's in uncharted territory. She want every edge. gxbwagnx4xszmrv2

CALVIN: Once she enters the nest, the power dynamic shifts.

BRANDT: Frankly, you know what I'd worry about if I were you?

CALVIN: I've got nothing but worries.

BRANDT: I'd worry about what you're going to do. Hank is your friend. You don't want him to die. In some days, you're in the same psychological position with him that he is with Azmati.

##END TRANSCRIPT vrwopa6vuahc7so

HULONG
epshcxsb9fodpdqw1v8
TRANSGLOBAL INDUSTRIES CORP.

前へ

不確実性の発見

次へ

証人アノマリー・フィレンツェの開幕