自らに宛てたメモ書き

hank.jpgハンク・ジョンソン(Hank Johnson)
2014/10/30 16:35:49
洞窟の内部、狭い場所だ。タイソンズ・コーナー・センターにある私のストレージロッカーや新入生寮時代の部屋ほどだろうか。私はバックパックを見つけ出した。

拳銃にレーション、寝袋、いずれも私が残しておいたものだ。

 一枚のメモ書きも残されていた、それは私自身に宛てたものだった。内容はいたってシンプルなものであった。いや、改めて読めば決してシンプルなものではなかったのだが、最初の1行を見てそう感じたのだろう。残る行についてはいずれ詳細に調査せねばならない。

そう遠くない場所で爆発があった。武装した勢力が近づいているが、その目的はわからない。

私自身から宛てられた助言のとおり、移動を続けなければならなかった。

頭を出すと、ぞっとした感覚を味わった...私自身も...カラシニコフの引き金を引いていた。それは記憶のようにも幻覚のようにも感じた。それは別の時間にライブイベントを見ているようなものだった...境界は曖昧となっていき、映像が途絶えた。

不思議なことに、物語る内容は怪奇なことであるのに、初めてのこととは思えなかったのだ。それは私が...体験したことだというのだろうか。なんらかのエキゾチックマターによる夢に囚われているのだろうか?


移動を続けろ。

赴くべき先はわかるはずだ。

兆候を探し求めろ。

メッセージを探し求めろ。

そうすれば再び手に入るはずだ。

ダルサナ・ポイント、それが何であるかを調べろ。

もはや時間の猶予はない。

ダルサナ・ポイントへ到達してはならない。さもなくば...

全てが失われることだろう。

KeepMoving.jpg

Hank Johnson
2014/10/30 16:35:49
Inside the cave -- a small one, about the size of my storage locker in Tysons Corners or my freshman dorm room, I found a backpack.

Side arm. MREs. Sleeping bag. I'd left it for myself.

And there was a note, too... from me. The message was simple. (In retrospect, not simple at all, but I think I read the first line and took it to heart. The rest would have be studied in detail later.)

A chopper augered in and exploded not far away. That would draw people with guns and unknown intentions. 

I had to take my own advice to heart and keep moving...

I stuck my head out, and saw something chilling... I saw myself running... AK blazing. It felt like neither memory nor hallucination, but as if I was watching live events in another time... The terrain blurred and the image was gone.

Curiously, as bizarre as these events are to recount, they did not seem strange to me at the time.  Does this mean that I am or was ... shaped? Trapped in some kind of XM induced dream?

Keep moving,

you will know where to go.

Look for the signs.

Look for the messages.

It will all come back.

The Darsana Point. Learn what it is.

I've run out of time.

We must not reach the Darsana Point, or ...

all will be lost.

前へ

ダルサナ・グローバルの戦績基準

次へ

デブラ・ボグダノヴィッチの釈明