ダルサナ・ポイントの文字

hank.jpgハンク・ジョンソン(Hank Johnson)
2014/10/27 14:18:48
戻ったよ。可能なときに可能なことを伝えておかねばなるまい。通信は断続的で電力も乏しいのだ。ここのところ、電力は太陽光に依存してしまっている。

今の私は昼寝から起きたときに陥る意識混濁の感覚に近い。自分がどこにいて何時なのかわからないという感覚だね。私にとっては2010年10月のことだったわけだ。1331日間の記憶が失われていたのだが、そのときの私にはわからなかった。洞窟の入口へと駆ける、隣にはアズマティがいる、パシュトゥーンなる民族のしわがれた聞き取りづらい叫びがあがる。千の拳で背を殴りつけられるような感覚、シャツの前面の濡れた感覚。血だ、それは私自身の血だ。そして、何も感じなくなった。

グリフが空間を揺らめき、いにしえの図形が生命を吹き込まれたかのように生き生きと変化していく。だがそれは、私の眼前ではない。私の視界の外で起きていたことだ。その場におらずとも感じ取ることができたのだ。逃れようとした、そこは死者の国であったからだ。その後に起きたことは実に説明し難い。私は眼前に口を開ける洞窟の通路を進み始めたのだった。自然光の差し込む余地なき場所であったが、どこからともなく仄かに不思議な緑色の輝きがあった...やがて太陽の光を目にして私は地上へと辿り着いたのだ。あたかもこの世界が私のために用意してくれたかのように思えた。誤解しないでほしいが、私は自分が世界の中心にいるなどとは考えていない。だが、再帰を経たこの瞬間に、自らが確かに存在しているのだと実感したのだ。と同時に、私には奇妙な感覚があった。それは予感だろうか、あるいはデジャヴか。

最初に私の目に飛び込んだのは、私自身の筆跡で岩上に記された「ダルサナ・ポイント」という赤マーカーの文字だった。

Again.png

Hank Johnson
2014/10/27 14:18:48
Back. Have to send what I can when I can. Signal's sporadic and charge very low, have been fully dependent on solar charging for days now. 

The closest I could come to the sense of disorientation I experienced would be waking up after a nap and not knowing where you are or what time it was. To me, it was October of 2010 again. 1331 days had been lost, but I didn't know it yet. Running to cave entrance. Azmati next to me. Hearing shouts in that guttural, knotted language of the Pakhtun. The feeling of being punched in the back with a thousand fists, and a wet feeling in the front of my shirt. Blood. My blood. Then, nothing.

The room shimmered with Glyphs and ancient drawings which seemed to change, almost animate, but never in front of my eyes, always when I wasn't looking. I sensed I didn't belong in this place. Wanted to flee. This was a place for the dead. What happened next is difficult to explain. I began following a cave network that seemed to be opening in front of me. There was no natural light, but there was a slightly unnatural green glow that seemed to hover everywhere...  In time, I saw natural sunlight and stepped outside. It seemed that the universe was creating itself for me. Don't get me wrong, I don't think that I am the center of the universe, but in those moments after recursion, I felt that I was.  I had an odd sense of premonition and deja vu all at the same time.

The first thing I saw were the words 'Darsana Point' written in red marker on a rock in my own handwriting.

前へ

イングレス・レポート 2014年10月23日 ダルサナ・ブリュッセル、ソルトレイクシティ

次へ

アフガニスタンにおけるハンクに関する所見