ブレッドクラムの理論

hank.jpgハンク・ジョンソン(Hank Johnson)

2014/10/14 14:37:26

私がリカージョンの前に自身のため残したメッセージの一部が現れたことに関心を寄せている。

私がそれを残したのは、私の研究にとって重要なポータルの近くにこれらの考えを植え付けるのが目的であった。

人は訪れたパワースポットに自身の、存在の一部を残していくというのが私の考えだ。そこへ戻ればその断片は取り戻され、言うまでもなく新たな自身の一部がそこに残される。これはただの仮説に過ぎないが、私にとって有用であることは確かなのだ。それこそが、何度も繰り返し訪れる場所に特別なものを感じる理由なのだ。

リカージョンの後、私はまる数ヶ月の間彷徨った...その道程にかつての私自身によって、まるでブレッドクラムのように残されたメッセージの一部を見つけた。だが世界中のポータルには、まだ更に存在しているのではないだろうか。

もしこれらのひとつを発見したら、私のグーグルプラスページにコメントにて共有して欲しい。

新たな発見があるたびに、かつての私が望んだ記憶と思考を再構築するプロセスは進められていくだろう。

7re8stcatoq359q.png

静粛に、静粛に!彼は死せず、彼は眠らず
彼は生命の夢より目覚めたり
波乱の光景より失われしは我ら、
亡霊との無益な闘いを止めず
狂気の忘我にて、己が魂の刃を以て
不滅なる虚無を討つ──我らは滅びぬ
霊廟に眠る骸の如く 怖れと嘆きが
日々我らを震わせ蝕みたる
やがて冷気は我らが生ける躯に蟲の如く群がらんとす

ひとつが残り、数多は変わり過ぎ行き
天の光は永久に注ぎ、地の影は閃けり
生命は彩られし硝子の天蓋が如く
永劫の真白き光を染めたり
そを死が粉々に踏みしめるまで──果てよ、
汝が求めしものと共にあるなら!
すべてが去りし方を辿り給え!


メアリー・シェリーの夫、パーシー・シェリー。
彼もまたそれを感じ取り、この地はそれを覚えている。

(訳注)パーシー・ビッシュ・シェリーの詩「アドネイス」の一部。アメリカのバンド、ローリング・ストーンズのブライアン・ジョーンズを追悼し、ミック・ジャガーがこの部分を朗読した。

xlmyriyetnwpo8dne1qth9bc.png

ナジーアとは何者なのか、そして何故、それに関するあらゆるものを世界中から消し去ろうとそれほどまで躍起になったのであろうか?

私が思うにそれは13マグナスが振興する時期、真の使命のひとつであった。そしてナジーアは、我々が「アンチマグナス」と呼ぶ闇の集団と何らかの関係を持っている。

nianticglowsナイアンティック計画

2014/10/14 14:43:52

ハンク・ジョンソンはポータルとパワースポット、そしてそれらと我々との関係について、自身の考えを共有する。その思想は、彼自身に見つけさせるための記録を世界中に残した、その理由にもつながる。現在、ブレッドクラムはエージェント達によってポータル・ネットワークから発見されている。

エックス

Hank Johnson
2014/10/14 14:37:26

It's come to my attention that some of the messages I left for myself before my recursion have begun to surface.

When I left them, my purpose was to plant these ideas near portals that were important to my research.

It's my belief that you leave bits of yourself, your being, at power-spots that you have visited. When you return, these bits are given back to you, and of course you leave another fresh part of you there. It's just a theory, but it has proven helpful to me. It's why some places feel special when you go there again and again.

After my recursion, I wandered for a good few months... I found some of these messages, left in a trail like breadcrumbs by a former me, but I suspect many more still exist in Portals around the world.

If you should discover one, please share it with me in the comments on my G+ page.

Every new discovery fuels the process of reconstructing the memories/ideas my old self wanted me to have.


Peace, peace! he is not dead, he doth not sleep
He hath awakened from the dream of life
'Tis we, who lost in stormy visions, keep
With phantoms an unprofitable strife,
And in mad trance, strike with our spirit's knife
Invulnerable nothings. -- We decay
Like corpses in a charnel; fear and grief
Convulse us and consume us day by day,
And cold hopes swarm like worms within our living clay.

The One remains, the many change and pass;
Heaven's light forever shines, Earth's shadows fly;
Life, like a dome of many-coloured glass,
Stains the white radiance of Eternity,
Until Death tramples it to fragments. -- Die,
If thou wouldst be with that which thou dost seek!
Follow where all is fled!

Mary Shelley's husband, Percy Shelley.
He felt it too, and this place remembers it.


Who were the N'Zeer and why did somebody go to so much effort to eliminate all reference to them across the globe?

It is my suspicion that this was one of the true missions of 13Magnus during their period of ascension and that the N'Zeer are somehow associated with the shadowy organization we call 'Anti-Magnus.'


Niantic Project
2014/10/14 14:43:52

+Hank Johnson shares some of his beliefs about Portals and Power-spots and the relationships we form with them. The idea leads to why he left notes all around the globe for himself to find. Breadcrumbs now being discovered within the Portal Network by Agents.

x

前へ

ファーストサタデーの導入について

次へ

イングレス・レポート 2014年10月17日 ダルサナの開幕