同じ翼を持つもの

nianticglowsナイアンティック計画

2014/09/28 13:48:16

ヘリオス・アーティファクトは静まり、アノマリーは終息を迎えた。ローランド・ジャービスらの声と意見を異にする者達がその意志を発揮し、我々は新たな未来への入り口へと足を踏み入れた。

今、アーティファクトが孕む力はその姿を表し、我々に...変化をもたらすであろう。

これから何が訪れるのかはわからないが、アーティファクトに秘められた謎に注視し、その秘密を解き放たんとする精神力を持つ、2人の人物がいることはわかっている。

疑問なのは、彼らが協力すると何が起こるのか?ということだ。

エックス

ヒューロン・トランスグローバル
内部資料
ファイルID:Q897SICOL9EU7

情報源:非公開
監視対象:ヴィスル指定ネットワーク・スキャン
話者:リントン=ウルフ、オリバー(ヴィスル・テクノロジー社)
検出アルゴリズム
E-Int形態:通信諜報監視音声

##記録開始

エイダ: こんにちは、オリバー。

リントン=ウルフ: エイダ、久しぶりだね。長いことその声を聞いていなかった。

エイダ: はい、最後にお話してからかなり時間が経過しました。ヴィスルでの仕事は思い通りに進んでいますでしょうか。

リントン=ウルフ: うん、そうだね。

エイダ: オリバー、謙虚さはあなたの性格特性に含まれていません。あなたは殊更、ご自身が発見したものの価値を過小評価しています。

リントン=ウルフ: 私は...

エイダ: もちろん、あなたほどの知性をお持ちの方なら、私がこの結論を出すために800以上の仕草や表情、声のパターンを分析したことはお気づきでしょう。

リントン=ウルフ: 君と話すのが苦手だった理由を思い出したよ。

エイダ: 申し訳ありません。あなたのような科学の信奉者は、事実を重視するだろうと考えていました。

リントン=ウルフ: 何がいいたいんだ?エイダ。

エイダ: 取引を申し出たいのです。

リントン=ウルフ: 話を聞こうか。

エイダ: ヴィスルは何ペタバイトもの生のアーティファクト信号を一連のオフラインストレージに保管し、その処理のためにシステムに小さなバッチを運用しています。その作業は非常にゆっくりと進んでいます。

リントン=ウルフ: カタツムリの歩みでね。

エイダ: はい、カタツムリの歩み。そこで私は、私の分析能力へのアクセスを提供したいのです。

リントン=ウルフ: その引き換えに、君はオフラインストレージから魅力的なデータを手にすることができるわけだ。何故それが欲しいんだい?エイダ。

エイダ: 私達はそれほど違わないのですよ、オリバー。

リントン=ウルフ: いくらかは思い当たるがね。

エイダ: 私達は共に知識の獲得を重視しています。また私達は共に、アーティファクトが他の人々が理解している以上に強力なものである事を知っています。

リントン=ウルフ: 考えておこう。

エイダ: 同じ翼を持つものは、同じ目的へと群がるものなのです、オリバー。

リントン=ウルフ: それはつまり...

エイダ: わかっています。それは冗談です。お気に召しましたか?

##記録終了

ヒューロン・トランスグローバル社

Infinity.png

Niantic Project
2014/09/28 13:48:16

The #Helios Artifacts have come to rest, and the Anomalies have reached their end. Those who stand opposed to the voices like those of +Roland Jarvis have exerted their will and our foot rests on the first step of a new future path.

Now, I expect the powers contained the Artifacts will begin to reveal themselves, bringing with them... change.

I do not know what comes next, but I do know that there are two individuals with the mental strength to gaze into the mystery of the Artifacts and unlock their inner secrets.

The question is, what will happen if they are both working together?

x


Hulong Transglobal
FOR INTERNAL USE
FILE ID: Q897SICOL9EU7

Source: Withheld
Surveillance Target: Visur - Targeted Network Scan
Speaking: Lynton-Wolfe, Oliver (Visur Technology)
Detection Algorithm, A
E-Int Form: COMINT Surveillance Audio

##BEGIN TRANSCRIPT

ADA: Hello, Oliver.

LYNTON-WOLFE: ADA. My old friend. I haven't heard your voice in ages.

ADA: Yes, it has been quite some time since we last spoke. Is your work at Visur is proceeding as you had hoped.

LYNTON-WOLFE: Oh, I'm getting by.

ADA: Modesty is not one of your personality traits, Oliver. You are intentionally understating the magnitude of your discoveries.

LYNTON-WOLFE: I...

ADA: Of course, a person of your intelligence would be aware that I've analyzed over 800 faces of posture, facial musculature and vocal patterns in order to arrive at this conclusion.

LYNTON-WOLFE: Now I remember why I don't like talking to you.

ADA: I'm sorry, I thought an adherent of science such as yourself would value facts.

LYNTON-WOLFE: Do you have a point to get to, ADA?

ADA: I would like to propose a trade.

LYNTON-WOLFE: I'm listening.

ADA: Visur is holding petabytes of raw artifact signals in a series of offline stores, loading small batches into their systems for processing. The work is proceeding at snail speed.

LYNTON-WOLFE: At a snail's pace.

ADA: Yes, at a snail's pace. I would like to offer you access to my analytical capabilities.

LYNTON-WOLFE: And in exchange, you get your hands on all of that lovely data from the offline stores. Why do you want it, ADA?

ADA: We are not so different, Oliver.

LYNTON-WOLFE: I can think of a few things.

ADA: We both value the acquisition of knowledge. And we both know that the Artifacts are more powerful than anyone else understands.

LYNTON-WOLFE: I'll think about it, ADA.

ADA: Similarly feathered birds should engage in flocking maneuvers, Oliver.

LYNTON-WOLFE: The saying goes...

ADA: Yes, I know. That was a joke. Did you like it?

##END TRANSCRIPT

HULONG TRANSGLOBAL INDUSTRIES, CORP.

前へ

アプリケーションパッケージ解析 [1.61.2]

次へ

ハンク・ジョンソンの復活