下劣な手段

nianticglowsナイアンティック計画
2014/09/06 15:30:37
コンソーシアムではデヴラ・ボグダノヴィッチ博士を退任させる企てを進めていた。

直接的にではなく彼女を擁護し疾病予防管理センターでのワクチン研究を政治的に後押しした者たちを代わりに攻撃しようというのだ。

それは最も下劣な手段ではあったが、部屋に集まり、若しくは映像会議に参加したこの者たちにはいとも容易く行えることのようだ。

エックス

下劣な手段
XXXXXXX 機密事項 通信諜報 ミチカス 9月3日映像会議記録 // 7頁目 XXXXXXX
参加者:マーティン・シューベルト(コンソーシアム顧問)
ケン・オーウェン、ジェイ・フィリップス(国家情報局)
イリヤ・ペフツォフ(ヴィスル社)
エゼキエル・カルビン(IQテック社)
キャサリン・ファン(ヒューロン社)

オーウェン:シューベルト博士、進捗報告をありがとう。

 シューベルト博士が退出した。

ファン:いつまで事実から目を背けるつもりかしら?

ペフツォフ:どういうことだね?

ファン:いつになったらボグダノヴィッチの件を解消することについて話し合うのかということよ。

ペフツォフ:いま少しましな手段を取らざるを得ないだろうな。前回の件はどうなったんだい?カルビン、ボビーはどうだった?

カルビン:博打が過ぎたようだ。好ましい結果は得られなかったよ。

ファン:彼女はどこから資金を得ているの?

オーウェン:彼女には連邦議会に数多くの支持者がいる。エックスエムを喫緊の危機であると信じ込ませ、生物防御研究資金を捻出させたのだ。

ペフツォフ:その考えを変えさせることはできないか?酒でも女でも男でも、金だって構わない。私から提供できるものは幾らでもあるのだがね。

フィリップス:我々としては脆弱な政治基盤を危うくするような真似は避けたいところだ。

ファン:気概を見せてみなさい。国外の傭兵部隊が連邦政府関連施設を襲撃すると上層部に説明したいのかしら?

フィリップス:冗談のつもりだろうが、たとえ冗談であってもそのようなことは容認しないぞ。

ペフツォフ:彼女の言はもっともだ。この件は随分と長引いてしまっている。君たちが彼女を保護しようとしているのではないかと思えるほどにはね。

フィリップス:馬鹿げたことだ。

オーウェン:噂話ということだね?
XXXXXXX 機密事項 通信諜報 ミチカス 9月3日映像会議記録 // 8頁目 XXXXXXX
参加者:マーティン・シューベルト(コンソーシアム顧問)
ケン・オーウェン、ジェイ・フィリップス(国家情報局)
イリヤ・ペフツォフ(ヴィスル社)
エゼキエル・カルビン(IQテック社)
キャサリン・ファン(ヒューロン社)

ペフツォフ:なんだって?

カルビン:読めたぞ。彼女は彼女なりのやり方を通し、しくじったのだ。資金はワクチン計画の確約と市民に対する喫緊の危険性から生じたのだろう。あの死亡率が高すぎてまとめには受け取られるはずのないワクチン以外には彼女に提示できるものなどあるまい。

ファン:ポータルウィルス計画をどうお考えなのかしら?

カルビン:彼女はワクチン研究から資金を吸い上げたのだろう。確かにあのウィルスはエックスエム産業に大打撃を与えたが、あくまで闇ビジネスだ。政治的な観点で言えば何百万ドルも無駄にしたわけだ、何と言ったか、いんちきや手品の類だろう。

オーウェン:正鵠を射ているな。それでは我々は筋書きを用意しよう。デヴラは足掻き、足踏みし、何百万ドルをも無駄にした挙句に、極端な危険性を煽って使いどころもない有害なものを作っている。それに彼女は不安定でもある、自棄になっていて危うい状態だとね。

カルビン:そこで噂を駆使するというわけか。

オーウェン:妄想にとりつかれるがまま乏しい資源を浪費させて毒を作る狂人に資金を流している上院議員がいると議会に噂が広まればどうなるかな?

ペフツォフ:その筋書きは好ましいな。

カルビン:利用できる諜報員を議会には潜り込ませてある。

フィリップス:私からすれば中傷なんてものは軟弱だが、異議はない。
ミチカス:オリンポス山の最高峰。ギリシア語で鼻を意味する。

20140906_153037_1.png20140906_153037_2.png

Niantic Project
2014/09/06 15:30:37(Google+)
The Consortium unfurls a plan to take down Dr. +Devra Bogdanovich.

Not directly, but by proxy... by attacking those whose political support enabled her to take refuge in and begin inoculation research at the CDC in the first place.

It's a dirty game at the top, and the people in this room (or connected to it by videoconference) seem to play it with practiced ease.

x

Transcript
XXXXXXX TS SIGINT MYTIKAS // SEP 3 VIDEOCONFERENCE TRANSCRIPT // PAGE 7 XXXXXXX
PRESENT: SCHUBERT, MARTIN (CONSORTIUM CONSULTANT)
OWEN, KEN. PHILLIPS, JAY (NIA).
PEVTSOV, ILYA (VISUR) (V/C).
CALVIN, EZEKIEL (IQTECH)(V/C).
FAN, CATHERINE (HULONG)(V/C).

OWEN: Thank you for the update, Dr. Schubert.

 DR. SCHUBERT exits.

FAN: Why do we keep avoiding the elephant in the room?

OWEN: I'm sorry?

FAN: When are we going to discuss fixing the Bogdanovich problem.

PEVTSOV: Perhaps in a slightly more effective manner than. Last time? How's Bobby, Calvin?

CALVIN: It was a longshot. Didn't pan out.

FAN: Where is she getting her funding?

OWEN: She has a number of backers on Capitol Hill. She convinced them XM was a clear and present danger, got them scared enough to unblock a large chunk of biodefense research money.

PEVTSOV: Could they be motivated to change their opinion? Wine, women, men, money. I have much to offer...

PHILLIPS: We are hoping to avoid any operations that compromise our fragile political position.

FAN: Show some spine. Would you rather explain to your higher-ups how a foreign PMC staged an armed assault on a USGOV facility?

PHILLIPS: You may be joking, but I assure you I don't take that threat lightly, even in jest.

PEVTSOV: She's right. This has gone on long enough, I am almost begining to sense that you have an interest in protecting her.

PHILLIPS: That is an absurd statement.

OWEN: The rumor mill?

XXXXXXX TS SIGINT MYTIKAS // SEP 3 VIDEOCONFERENCE TRANSCRIPT // PAGE 8 XXXXXXX
PRESENT: OWEN, KEN. PHILLIPS, JAY (NIA).
PEVTSOV, ILYA (VISUR) (V/C).
CALVIN, EZEKIEL (IQTECH)(V/C).
FAN, CATHERINE (HULONG)(V/C).

PEVTSOV: Sorry?

CALVIN: I think I understand. She made her play and it tanked. Her funding came from the promise of the inoculation program and an imminent risk to the population. But she's got nothing to show for that save a vaccine with a kill rate too high to be taken seriously.

FAN: What about the Portal Virus program?

CALVIN: She siphoned funds for that from inoculation research. The virus hurt those of us in the XM arena dramatically, but that's commerce in a very shadowy area of the spectrum. From a political point of view, it was a waste of millions of dollars for... what? Snake oil and a magic show.

OWEN: Exactly. So, we create a narrative. Devra's flailing, she's treading water, she's burning millions and basically creating an unusable toxic product based on a risk that she blew massively out of proportion and... And she's unstable too... burned out and on the edge.

CALVIN: And then we use the rumor mill.

OWEN: If word starts to get around on the hill that the senators who are funding her are burning scarce resources on a madwoman creating poison based on a paranoid delusion...

PEVTSOV: This plan I like.

CALVIN: I have operators on the hill who could be leveraged for this.

PHILLIPS: A smear campaign's a little soft for my liking, but I have no objection.