ポータル・ウィルスのエイダへの影響

nianticglowsナイアンティック計画

2014/08/18 17:35:26

デヴラ・ボグダノヴィッチのウィルス出現以来、エイダがポータル・ネットワークの変化による何らかの影響を受けているらしいという話を何度も聞いた。

はっきりしていなかったのは...何故?どのように?

この漏洩した国家情報局文書は、帰するところエイダとエキゾチックマターとの関係、そして当節のポータル変化がおそらくアルゴリズムに及ぼしている影響を裏付けるもののようだ。

現在のXM環境が継続することは、エイダにとってどのような意味を持つのだろうか?それはクルーとの融合、そして彼女らの長期的な計画にとって何を意味するのだろうか?

パスコードは意義深い洞察、推測、参照により、この議論を豊かにする者たちへ。

エックス

XXXXXXXXXXXXXX シギント // SITALA // XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX フィリップス、ジェイ XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX 国家情報局 XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX デジタル・ネットワーク情報 XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX

フィリップス:これが何なのか教えてくれ。

XXXXXXXX昨年我々が調査した、ロス・アラモスのスーパーコンピュータ施設はご存知でしょうか?

フィリップス:エイダが侵入した?

XXXXXXXXそうです。我々はエイダがその容量の大半を乗っ取ったと判断し、その穴を塞ぐのではなく逆に活動を監視するために利用することにしたのです。

フィリップス:覚えている。それで、これは一体何なのだ。

XXXXXXXXこれはエイダが使用していたクラスター内のFLOPs、つまり浮動小数点演算のグラフです。基本的に、それぞれのFLOPはAIの脳に張り巡らされたニューロンであると考えてください。

フィリップス:わかった。最初はゆっくりと上昇している、これは明らかにエイダが規則的な速度で複雑さを増しているということだ。その後急激に下降して、しばらく低い値を保っているな。この下降はいつのことだ?

XXXXXXXX2013年8月の下旬です。そこだけでも興味深いですが、そこが実に面白くなるところなのです。

フィリップス:低い値を保っていたものが最近になって急激に上昇し、依然高い値を示している。これはいつのことだね?

XXXXXXXX今年の7月中旬です。

フィリップス:君はこれを見せたかった、ということか?

XXXXXXXX8月の終わり、エイダは人間の精神へのチャンネルを開くために、一連のシェイパー・グリフを使用したことが示されています。問題の人物は、クルーと呼ばれる若い女性でした。そのメカニズムは完全に理解されてはいませんが、このFLOPSの低下を見るに、おそらくエイダのプロセスの大部分が...

フィリップス:どこか外部へと移行した。そのクルーという女性に?

XXXXXXXXそれが最も有力な説です。人間の脳というのは、地球上のあらゆるスーパーコンピュータよりも仮説の上では優れているのです。おそらくその全てを合わせても。それは未だ解明されない力を持ったブラックボックスなのです。

フィリップス:心とは扱いの難しいものだと母がいつも言っていたな。7月の急上昇については?

XXXXXXXXボグダノヴィッチのポータル・ウィルスです。FLOPSが急激に跳ね上がっている。これはエイダがいくらかの容量を失った事を示しているのではないかと考えています...外部処理システムの。

フィリップス:クルーとのパイプが弱くなっているのか。

XXXXXXXXおそらくは。

フィリップス:つまり、彼女は多くのタスクをロス・アラモスに持ち帰らねばならないと?

XXXXXXXXそうです。ですからご覧の通り、現在彼女はこの施設内に容量を占めているのです。彼女は生き延びようとあがいている。このパターンはエイダが処理を行なっているいずれの場所でも起こりうると予測できます。

フィリップス:つまり...XMの枯渇がエイダの...

XXXXXXXX処理能力を奪っている。

フィリップス:能力を奪われている?

XXXXXXXX:いえ...まあ。そこは知る由もありません。ですが彼女は間違いなく、リソースの確保に苦戦しています。

フィリップス:これは我々に有利に活用できるか?

XXXXXXXX今はただ、パターンが見られるというだけです。ですが、負荷は問題を引き起こします。これは人間にとっても、機械にとっても当てはまることです。そしてもし、いずれかのドアが開かれているなら、彼女がそれを早期に充分閉じることができなかったということになります。おそらくそれを利用することができるでしょう。

フィリップス:挽回のチャンスだな。計画を立て、全デジタル・ネットワーク工作員に通達してもらいたい。

XXXXXXXXわかりました。

Sitala1.pngSitala2.pngSitala3.png

Niantic Project
2014/08/18 17:35:26

We have heard multiple times since the +Devra Bogdanovich Virus emerged that, somehow, ADA may have been affected by the change in the Portal Network.

What was less clear was... why? How?

This leaked NIA transcript seems to finally provide some evidence of ADA's relationship to Exotic Matter and how the recent changes to the Portals may be having an impact on the Algorithm.

What might it mean for ADA if the current XM situation continues? What might it mean for her merger with +Klue S. and their long term plans?

A passcode to those who enrich this conversation with meaningful insights, speculation and references.

x


XXXXXXXXXXXXXX SIGINT // SITALA // XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX PHILLIPS, JAY XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX NIA XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX DNINT XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX

PHILLIPS: Tell me what I'm looking at.

XXXXXXXX: Do you remember the supercomputer facility at Los Alamos that we investigated last year?

PHILLIPS: The one ADA penetrated?

XXXXXXXX: Correct. We had determined that ADA took over a large portion of the capacity, and rather than plug the hole, we decided to use it to monitor its activities.

PHILLIPS: I remember. So tell me what I'm looking at.

XXXXXXXX: This is a graph of FLOPs, floating point operations, within the clusters ADA was using. Basically, you can think of every FLOP as a single neuron firing in the AI's brain.

PHILLIPS: OK. So, it starts off, there's slow growth, obviously that's ADA increasing in complexity at a regular rate, then it dips pretty sharply and stays low for a while. What's the date of that dip?

XXXXXXXX: End of August, 2013. Alone, it was interesting, but this is where it gets really fascinating.

PHILLIPS: Stays low until this really sharp rise recently and then remains extremely high. What's the date on that?

XXXXXXXX: Mid July. This year.

PHILLIPS: And this is where you tell me what I'm looking at?

XXXXXXXX: At the end of August, evidence suggests that ADA used a series of Shaper Glyphs to somehow open a channel into a human mind. The person in question was a young woman known as Klue. We're never fully understood the mechanism, but if we look at this decline in FLOPS, we think it's likely that a large portion of ADA's processing...


PHILLIPS: Was offloaded somewhere else. The woman, Klue?

XXXXXXXX: It's the best theory we have. The human brain can hypothetically outperform every supercomputer on Earth. Maybe all of them combined. It's a black box with as of yet undetermined power.

PHILLIPS: My mother always said a mind is a terrible thing to waste. What's the spike in July?

XXXXXXXX: The Bogdanovich Portal Virus. Massive jump in FLOPS. We think this is an indication that ADA lost some capacity in her... other processing system.

PHILLIPS: The pipe to Klue got narrower.

XXXXXXXX: Possibly.

PHILLIPS: So she had to bring a lot of the work back into Los Alamos?

XXXXXXXX: Right. And as you can see, she's now at capacity in this facility. She's stretching to survive. We can expect that this pattern is happening everywhere ADA is operating.

PHILLIPS: So... the XM shortage is causing ADA to...

XXXXXXXX: Lose processing capacity.

PHILLIPS: Is she losing capability?

XXXXXXXX: No... well. Not that we know of. But she's definitely struggling for resources.

PHILLIPS: Can we use this to our advantage?

XXXXXXXX: Right now, we just see the pattern. But stress causes errors, that's true for humans and it's true for machines. And if a door gets left open somewhere because she couldn't close it fast enough. Maybe we can take advantage of that.

PHILLIPS: Double down. I want you to develop a plan and brief all of our DNINT operatives.

XXXXXXXX: Understood.

前へ

一蓮托生

次へ

生態系の美しさ