膠着

nianticglowsナイアンティック計画
2014/08/02 11:43:03
ヒューロン・トランスグローバル社傘下ストラテジック・エクスプロレーションズによる最近の機密報告書では、ポータルが本来の高出力状態へ回復するか、いずれかのエックスエム企業が備蓄するエックスエムを提供されでもしない限り、オリバー・リントン=ウルフの研究は停滞を余儀なくされることが分かった。

リントン=ウルフにとっては無念なことに、IQテック・リサーチ社とヒューロン・トランスグローバル社とは関係改善の見込みがない。ヴィスル・テクノロジー社はあるが、彼に協力する可能性は低いようだ。

優秀ではあるが問題も多い件の研究者は、飼い主の手に噛みつくことが既に知れ渡っているからね。

エックス

膠着
ストラテジック・エクスプロレーションズ

機密指定

宛先:キャサリン・ファン(ヒューロン・トランスグローバル社)
差出:アントワーヌ・スミス(ストラテジック・エクスプロレーションズ)

ファン女史、ストラテジック・エクスプロレーションズではヒューロン・トランスグローバル社の元従業員オリバー・リントン=ウルフは、疾病予防管理センターのポータル・ウィルスによるエキゾチックマターの欠乏が原因でポータル・ウィルスの解析を頓挫したと結論づけました。

ポータルの減衰率が縮小した後も世界的なエックスエム・レベルは低迷しており、研究を継続できない模様です。

可能性はありましたが、新たなエックスエムを確保しようとIQテック・リサーチ社、ヴィスル・テクノロジー社、国家情報局といった機関へ働きかけた事実は確認できておりません。現時点でこれらの機関の関与は明らかとなっておらず、エックスエムを供給した痕跡も確認できておりません。

通信諜報により、ヒューロン・トランスグローバル社へ接触して備蓄エックスエムの提供を要求しようとしていることも分かりました。

オリバーの研究が成果を挙げるのであれば、エックスエムの提供は我々にとって有用となり得るものであり、別の手段で再び囲い込むことができるやもしれません。他へ引き渡すことも選択肢のひとつとなり得ます。対価を用意したうえで、引き渡し計画を代替手段として準備しておくことを提案します。ただし、オリバー・リントン=ウルフは捉えどころのない人物であることが既に実証されており、引き渡しは危険を伴うことに留意せねばなりません。

通信諜報及び現地諜報活動など様々な情報筋を介してローランド・ジャービスの活動は継続しており、リントン=ウルフとの共謀がないかを探しているところです。ジャービスはこれまでのエックスエム構造体の開発においてリントン=ウルフに決定的なアイデアを提供してきたものと考えられています。ローランド・ジャービスの現状に関する当社の報告書は別経路でお送りしております。

アントワーヌ・スミス

Stalled.png

Niantic Project
2014/08/02 11:43:03(Google+)
Stalled

This recent, classified dispatch from Strategic Explorations, a subsidiary of +Hulong Transglobal, reveals that +Oliver Lynton-Wolfe's research is at a standstill until either the Portals returns to their normal, high-output state, or one of the XM Corporations provides him access to their XM reserves.

Unfortunately for Lynton-Wolfe, he has managed to burn the bridge with both +IQTech Research and +Hulong Transglobal. That leaves +Visur Technology, but it seems unlikely they would back him.

The brilliant but otherwise unstable researcher is known to bite the hand that feeds.

x

Transcript
Strategic Explorations

CONFIDENTIAL

ATTENTION: CATHERINE FAN
HULONG TRANSGLOBAL
FROM: ANTOINE SMITH
STRATEGIC EXPLORATIONS

Madam Fan,

S.E. Intel was concluded with high confidence that Dr. Oliver Lynton-Wolfe, a former employee of Hulong Transglobal, has ceased research and has been unable to perform a further analysis of the workings of the CDC Portal Virus due to the Exotic Matter shortages created in its wake.

As of now, even following the decrease in Portal Decay rate, global XM levels remain too low for him to conduct research.

Analysis suspect, but can not confirm that he is in communication with various other entities including IQTech, Visur and the NIA itself in order to obtain additional quantities of XM. At this point, their interest in cooperating is not known, and there is no evidence to suggest that they have supplied any XM to him as of this time.

Sigint revealed that he also plans to contact Hulong Transglobal to request access to XM stockpiles.

If we believe that his research will be successful, it may be in our interest to provide XM to him or, optionally, bring him back into the fold through other mechanisms (rendition is one option). I suggest that we put payment mechanisms in place and prepare a rendition plan should that become the chosen option. I should note that OLW has proven to be an elusive target in the past and rendition will be a risky option.

We are continuing to monitor the activities of Roland Jarvis via multiple sources including Sigint and Humint and are looking for indications that he is collaborating with Lynton-Wolfe. Jarvis is believed to have been a key source of ideas for Lynton-Wolfe in the creation of past XM constructs. SE's detailed report on the current state of Roland Jarvis was sent to you separately via secure channels.

A. Smith