ヘリオス・アーティファクト

nianticglowsナイアンティック計画

2014/07/30 12:28:36

この文書は先週のヘリオス・アノマリーの際に復元されたものだ。
多くのエージェントと調査員らがその収集、編成と公開に携わってくれた。その一人ひとりすべてを知る由もないが、彼らの尽力に感謝している。

この文書によれば、将来的にデヴラのポータル・ウィルスに対する恒久的な解決策が見つかるかも知れない。暫定的ではあるが、昨日明らかにされたデヴラ・ボグダノヴィッチのメッセージによれば、世界各地のエージェント達によって7億以上のグローバル・マインド・ユニットを達成した活動はその効力を発揮し始めた。彼女による初期展開の影響は早晩落ち着くことになるであろう。

だがこれらの「アーティファクト」、そしてCDCにおけるデヴラの研究継続のいずれに関しても、大きな課題を抱えている。

この調査に加わって以来私が見てきたものを振り返ると、ひとつわかることがある。

イングレス・エージェント達の粘り強さは計り知れないものだ。首尾は良いものとなるだろう。

エックス

最高機密//計測諜報//EVOCATIO
再配布禁止

ヘリオス・エックスエム・アーティファクト

CDCおよびデヴラ・ボグダノヴィッチによる「ポータル・ウィルス」技術の出現以来、ポータル・ネットワークは流動的な状態にある。ウィルスは200%以上の割合でポータル減衰の急加速を引き起こした。

最初のウィルス展開に伴って、ポータル・ネットワークは変化を示し始めた。始めに最も顕著だったのはいわゆる「シェイパー・グリフハック」メカニズムによる獲得量の増加であったが、変化はそれだけではなかった。

地球監視ステーションは、多数のXM信号を検出した。それは元ナイアンティック計画の研究者らが、おそらく先史時代のエキゾチックマター・アーティファクトの出現を表すと考えていたものである。

これらアーティファクトに対する広範な理解は依然途上であるが、これはポータルの危難に対する自然な反応であると見られている。またこれが活性化される事によって、ポータル・ネットワークを元の高出力状態へと回復させうる可能性がある。

ヘリオス・アノマリーの過程で、およそ40個のXMアーティファクトが世界各地に出現すると見られている。これらのアーティファクトが出現する正確な時期は現時点で不明である。出現するおよそ1週間前に特定のポータルをハックすることで、アーティファクトの正確な初期位置を発見できるであろうと予測される。これらのポータルについての詳細は、発見され次第明らかにされる。

これらのアーティファクトをイングレス・スキャナーにより直接操作することはできないが、ポータルリンクに沿って移動する可能性がある。

72D0
8ENCH
ANTRES
S#U4C6C

当初アーティファクトは1時間に1回、およそ正時に移動する。アーティファクトは元いたポータルからランダムに接続されているポータルリンクの先へと移動するが、以前に通過したポータルに戻る可能性は非常に低い。

アーティファクトは移動元と移動先、双方のポータルがあるレベル以上に達している場合にのみ移動可能となる。現在の調査では移動元と移動先、双方のポータルがレベル7または8である必要があると示されているが、この値はヘリオス・アノマリーの過程を経て変化する可能性がある。アーティファクト自体と同様に、それらのターゲット・ポータルも出現のおよそ1週間前に特定のポータルをハックする事により位置を特定可能となり、わかり次第明らかにされる。

2つの「ターゲット」ポータルはアーティファクト出現から間もなく出現すると予測される。ターゲット・ポータルは各々の陣営に割り当てられ、そこに到達したすべてのアーティファクトをその陣営に捕獲、確保することができ、それ以上のポータル・リンクによる移動は行われなくなる。

これらのターゲット・ポータルは定期的に不安定化し、別の場所に再度出現する。当初これらは週ごとに新たな場所へ移動すると予測される。ヘリオス・アノマリーの終結に伴っておよそ2週間は同じ場所にとどまると見られている。

ヘリオス・アーティファクトを確保し活性化することによって、両陣営はポータル・ネットワークを元の健全な状態へ戻す支援が可能である。これについて両陣営は同じ目標を共有することとなる。だが各々の陣営が確保・活性化したアーティファクトは、ヘリオス・アノマリーを通した勢力を得るために各陣営に帰属する。確保されたアーティファクトは、

ms6acrien
rochl23ab
bnr4laoon

このシリーズにおいて各1点の値を持つ。

アーティファクトは時に不安定化し、その行程の以前のポイントへ戻る場合がある。これは不正なエージェントの活動に対する自然な反応として、いつでも起こりうる可能性がある。さらに、膠着しポータルリンクによって移動が不可能となったアーティファクトは、近隣の別のポータルへランダムに現れると思われる。これが発生する確率は時間と共に増加し、24時間で100%に到達する。環状のポータルリンクに閉じ込められたアーティファクトもまた不安定化し、ループを抜け移動を継続するためランダムに近隣の別ポータルに出現する。

ローランド・ジャービスによる、XMアーティファクトを活性化することにより未知の事態を引き起こす可能性があるとする警告について、現時点では同意しかねる。これまでに現れたあらゆる科学的事象は、このアーティファクトを活性化することで地球全体を共振させ、ポータル・ネットワークを充填しポータルの減衰およびXM出力を元のレベル以上にまで回復させるであろうことを示している。

:ファイル終了

DXAUKSJAIWIIUKWXPPCGWJGEVXIS

Evocatio1.pngEvocatio2.pngEvocatio3.png

Niantic Project
2014/07/30 12:28:36

This document was recovered at the Helios Anomalies last weekend.
There are many Agents and Investigators involved in its collection, assembly and release. I don't know who all of them are, but I am grateful for each of their efforts.

Based on the content on this document, it seems a permanent cure to Devra's Portal Virus may lie in the future. In the interim, +Devra Bogdanovich's message yesterday revealed that the actions of Agents worldwide to raise the Global MU above 700 Million has begun to take effect. It's likely that the effects of her initial deployment will experience dampening in the very near future.

But, both with regards to these 'Artifacts' as well as Devra's continued work at the CDC, great challenges lie ahead.

Having seen what I've seen since I joined this Investigation, I know one thing.

The tenacity of +Ingress Agents is an unquantifiable force. It will prevail.

x


TS//MASINT//EVOCATIO
DO NOT REDISTRIBUTE

HELIOS XM ARTIFACTS

Since the emergence of the CDC and Dr. Devra Bogdanovich's 'Portal Virus' technology, the Portal Network has been in a state of flux: The virus caused the rapid acceleration of Portal Decay by a factor of greater than 200%.

Following the first deployment of the Virus, the Portal Network began to exhibit changes, the first and most obvious being the increase in the yield of the so-called 'Shaper Glyph Hack' mechanism, but this was not the only change.

Monitoring stations across the planet have detected numerous XM signatures that former Niantic Project researchers believe may represent the emergence of prehistoric Exotic Matter Artifacts.

The broader understanding of these Artifacts is still developing, but they appear to be the Portals' natural response to distress, and may, if activated, enable the Portal Network to return to its former, high-output state.

It appears that over the course of the #Helios Anomalies, approximately 40 XM Artifacts will manifest across the globe. As of now, it is unknown exactly when these Artifacts will begin to appear. It is predicted that the exact initial locations of these Artifacts will be discoverable by Operatives who hack certain specific Portals approximately 1-week prior to their emergence. More details about these specific Portals will be revealed as it is descovered.

These Artifacts, while not capable of being directly manipulated by the Ingress Scanner, have the potential to move along Portal Links.

72D0
8ENCH
ANTRES
S#U4C6C


Initially, the Artifacts will move once every hour, approximately on the hour. The Artifacts will transport themselves from an Origin Portal along a random, connected Portal Link to a Destination Portal, although they will be significantly less likely to return to a Portal they had previously been present at.

The Artifacts will only be able to move if both the Origin and Destination Portals are Resonated above a certain Level. Current research indicates that both Origin and Destination Portals must be Level 7 or 8, although this value may vary over the course of the #Helios Anomalies. As with the Artifacts themselves, it will be possible to obtain the location of these Target Portals approximately 1-week prior to their emergence by hacking certain specific Portals, whose identity will be revealed as they become known.

2 'Target' Portals are expected to emerge shortly after the manifestation of the Artifacts. Each Target Portal will be aligned to on Faction, and will have the ability to capture and contain any Artifact that arrives at it for that Faction, preventing further travel along Portal Links.

These Target Portals will periodically destabilize and re-manifest at a different location. Initially, it is expected these Target Portals will move to a new location each week. By the end of the #Helios Anomalies, it is expected they will remain in the same location for approximately two weeks.

By capturing and activating the Helios Artifacts, both Factions will be able to assist in returning the Portal Network to its former, robust state. In this matter, both Factions share a common goal. However, each captured Artifact will also allow the Factions that activated it to gain more power over the #Helios Anomalies as a whole. Each Captured Artifact

ms6acrien
rochl23ab
bnr4laoon


will have a value of 1 in this series.

At times, the Artifacts may destabilize and return to a previous point in their journey. This may happen at any time, and is likely a natural response by the Portals to the actions of Rogue Agents. In addition, Artifacts that become trapped and cannot move via Portal Link may randomly materialize at another nearby Portal. The odds of this happening increase over time, and reach nearly 100% at 24 hours.Artifacts that are trapped in a loop of Portal Links may also destabilize and manifest at a random nearby Portal in order to escape the loop and continue their journey.

At this time, we do not believe the warnings issued by Roland Jarvis that activating the XM Artifacts may have unknown consequences hold merit. All scientific evidence thus far indicates that activating these Artifacts will resonate the Earth as a whole, supercharging the Portal Network and restoring Portal Decay and XM Output to or perhaps beyond its former level.

:EOM

DXAUKSJAIWIIUKWXPPCGWJGEVXIS

前へ

7億マインド・ユニットの達成

次へ

ジャービスの噂に関する否定見解