イングレス・レポート 2014年6月19日:ナイジェルの真実

nianticglowsナイアンティック計画

2014/06/20 06:07:28

スザンナ・モイヤーは父ナイジェル・モイヤーと対峙し、アラン・チューリングの殺害と人工知能の進化を妨げるシェイパーによる陰謀の可能性について、真実を明らかにするよう迫る。またインテリトゥス、そしてハンク・ジョンソンのリカージョンにおける彼の役割について説明する。

エックス

イングレス・レポート 2014年6月19日:ナイジェルの真実

スザンナ
心配していたのよ。

ナイジェル
大丈夫だ。この80年ずっと、自分の面倒は見てきたのだからね...

スザンナ
パパ、私は今週末ゲティスバーグに行かなければならないの。つまりあなたに安全な場所を確保しなければ。ここ数ヶ月の心配を踏まえればね。

ナイジェル
その必要はあるね。ハンクを助けるために。

スザンナ
そうだったわよね、でも今は私を助けて。

ナイジェル
なんだって?

スザンナ
私をよ。アラン・チューリング、ブレッチリー・パーク...13マグナス。私に話してくれたことを皆にも伝えてほしいの。私が裏切らないことはわかってるでしょうから...

ナイジェル
私は君を裏切ってしまったがね。

スザンナ
そのことは言わないで。

ナイジェル
君は裏切らなかったのに。どこから始めようか?

スザンナ
アラン・チューリング...

ナイジェル
奴らは彼を殺そうとした。そしておそらく、実際にそうした。チューリングの才能は彼らにとって脅威だったのだ。

スザンナ
13マグナス?

ナイジェル
いいや。君らがシェイパーと呼ぶ連中のことだ。それ以前は彼らにその名はなかったが、私には確信があった。そこには何らかの外部の力、勢力が働いていると。この世界の外から何者かが、ブレッチリーのチームに圧力をかけていたのだ。それが裏切りへとつながったのだろう。シェイパーに影響を受けたチーム内の誰かがチューリングを殺害し、自殺に見せかけたのだ。

スザンナ
何故シェイパーはそんなことを?

ナイジェル
彼らは知っていた。いや正確に言えば「怖れていた」のだと思う。彼がコンピューター・インテリジェンスの種をまくであろうことを。

スザンナ
それを阻止したかったと?

ナイジェル
あるいは少なくとも遅らせたかった。だがその危惧は的外れだったようだね。コンピューターと人工知能が大戦後にもたらしたのは、新しいルネッサンスだった。私達は今まさにその渦中にいる。

スザンナ
それがシェイパーにとっては脅威だと?彼らが私達を支配できなくなるから?

ナイジェル
スザンナ、大戦前に国家の尊厳を取り戻す運動として始まったものは、更に悪いものへと変わってしまったのだ。彼らが、シェイパーがここにいるのには目的がある。些細なことでさえも、私達を操らねばならない理由がね。

スザンナ
あなた自身がXMの支配下に置かれていたのは事実よね?あなたは、そうでなければやらなかったはずの事をさせられていると感じていた。あなたが自分の家族に対して行った、あの実験のように。私に...

ナイジェル
本当に悔やんでいるが、そうだ、スザンナ。そうなのだと思う。私はしたことは...

スザンナ
パパ、いいのよ。そんなことを聞きたくて訊ねたんじゃないの。

ナイジェル
スザンナ、この愚かな年寄りはお役に立てただろうか?

スザンナ
私達は、阻止することができる。

ナイジェル
ありがとう。

Niantic Project
2014/06/20 06:07:28

+Susanna Moyer confronts her father, Nigel Moyer, forcing him to reveal the truth about a possible Shaper conspiracy to kill Alan Turing and forestall the evolution of Artificial Intelligences, as well as explain his role in #Interitus and +Hank Johnson's #Recursion.

x


INGRESS REPORT - Raw Feed
JUNE 19 2014
Nigel's Truth

SUSANNA:
I'm just worried about you.

NIGEL:
I'm fine. You know I've been taking care of myself long these eighty years now...

SUSANNA:
Dad, I have to go to Gettysburg this weekend, which means I've got to get you someplace safe. I'm not going through the worry of the last few months.

NIGEL:
I told you that was necessary. To help Hank.

SUSANNA:
And I heard you, and you did. Now, help me.

NIGEL:
Sorry?

SUSANNA:
Help me. Alan Turing, Bletchley Park... 13 Magnus. Tell them what you've told me. Because you know I won't betray your trust...

NIGEL:
Though I betrayed yours.

SUSANNA:
I didn't say that.

NIGEL:
I know you didn't, but I have. Where do I begin?

SUSANNA:
Alan Turing...

NIGEL:
They tried to kill him. They may have, actually. Turing's brilliance was a danger to them.

SUSANNA:
13 Magnus?

NIGEL:
No. What you now call the Shapers. Didn't have a name back then, but I was convinced that some sort of external power, some force, was at work. Something out of this world was exerting pressure on the team at Bletchley. I think this led to betrayal. Someone on our team influenced by the Shapers ended up murdering Turing and made it appear to be a suicide.

SUSANNA:
Why would the Shapers want that?

NIGEL:
I believe they knew, no, more precisely "feared," that he would sow the seeds of computer intelligence.

SUSANNA:
And they wanted to prevent it?

NIGEL:
Or delay it, at least. But that fear was misguided, you see. What computers and artificial intelligence gave rise to after The War was a new renaissance. We're living it right now.

SUSANNA:
And you believe that's a threat to the Shapers because it means they can't control us?

NIGEL:
Susanna, before The War, what started as a movement to restore national pride turned into something far more evil. There's a purpose behind why they are here. The Shapers. A reason they need to manipulate us, even subtly.

SUSANNA:
Isn't it true that you yourself felt controlled by XM? That you feel it made you do things you wouldn't have otherwise done? Like the experiments you did on your own family. On me...

NIGEL:
To my great regret, yes, Susanna, I do believe that. The things I did...

SUSANNA:
Dad. It's okay. That's not why I'm asking these questions.

NIGEL:
Susanna, has this old fool said enough to that?

SUSANNA:
We can stop.

NIGEL:
Thank you, my dear.

前へ

アプリケーションパッケージ解析 [1.54.0]

次へ

脅威に関する叡智