ジャービスとマッズ 2:アルティメット

nianticglowsナイアンティック計画

2014/05/06 14:50:53

ローランド・ジャービスとマッズの会話は続く。

「アルティメットに怖れなどない」とエンライテンドの象徴は語る。

それはおそらく真実であろうが、怖れるべきものはある。

未来とは、我々の行動とその結果の連なりである。日毎、アノマリーごとに、いくつかの道は薄れてゆき、やがてはひとつだけが残される。

次のインテリトゥス・アノマリーはあと数日に迫っている。おそらくジャービスのメッセージは、その前にハンク・ジョンソンの元に届くであろう。

エックス

ジャービスとマッズ 2:アルティメット(監視音声2/2)

ジャービス:...水がある。君は存在する。それは波である。その表層の下で我々は互いに、彼らと一体なのだ。

マッズ:理解したいのですが、まだ混乱しています。それを目にする方法を教えていただけますか?

ジャービス:道を進むがよい。あらゆる思念を追い払うのだ。次元すべてのあらゆる瞬間は開かれている。ただ己自身を開放すればよい。

マッズ:もうひとつ、お聞きしたいことがあります。クルーは?エイダと一体になっている。それは恐るべきことなのでしょうか?

ジャービス:アルティメットに怖れなどない。だが機械が人なき世界を支配する未来は、現実である。

マッズ:それは人類の宿命であると?

ジャービス:それは潜在するいくつもの未来のひとつ。いずれを進むのかは我々次第だ。

マッズ:それから、ハンク・ジョンソンです。あなたは何故彼を助けなかったのですか?

ジャービス:私に助けを求めなかった。我らが同胞が我々にもたらしたものを知りながら、彼はその素晴らしき贈り物を拒んだのだ。だがいずれその考えを改めるであろう。

マッズ:ここに滞在しても?私はもっと学びたいのです。

ジャービス:君が密かに記録しているこの会話に、必要なものはすべて与えたはずだ。

マッズ:待ってください、わ、私は...

ジャービス:良いのだ、続けたまえ。気にしてはいない。君が知ったことをハンク・ジョンソンに伝えてやってくれ。ポータルの声を聞くのだ。我々は君を呼ぶだろう。そうしたら君は私のもとに来るのだ。

Niantic Project
2014/05/06 14:50:53

+Roland Jarvis and Mazz's conversation continues.

"There is no fear in the Ultimate," the Enlightened paragon speaks.

That may be true, but there are things to fear here.

The futures lie before us, an array of consequence and actions. Each day, each Anomaly, some of the paths grow dimmer, until only one remains.

The next #Interitus Anomaly approaches, only a few days remain. Perhaps Jarvis' message will reach +Hank Johnson before then.

x


Jarvis & Mazz 2: The Ultimate
(Surveillance Audio 2 of 2)

Jarvis: ... the water. You manifest. You are the wave. Beneath the surface we are one with each other and with them.

Mazz: I want to understand. But I'm still confused. Will you show me how to see it?

Jarvis: Walk the path. Push out all other thoughts. Each moment the entire universe is open to you. You have only to open yourself to it.

Mazz: There is one more thing that I need to ask you. What about Klue? The thing with ADA. Is that something to be afraid of?

Jarvis: There is no fear in the Ultimate. But the future where machines rule a world devoid of humanity is real.

Mazz: So that's the fate of mankind?

Jarvis: It's one of many potential futures. Which path we follow is up to us.

Mazz: And Hank Johnson. Why didn't you help him?

Jarvis: He has not asked for my help. He knows what our friends of done for us and yet he rejects their most precious gift. But I think he will reconsider now.

Mazz: Can I stay here? I want to learn more.

Jarvis: I think I've given you all you need on that secret recording you just made of this conversation.

Mazz: Wait... I-I...

Jarvis: It's all right. Keep it. I don't mind. And tell your friend Hank Johnson what you have learned. Listen to the Portals. We'll call out to you. When I do, you'll come to me.

前へ

アプリケーションパッケージ解析 [1.51.0]

次へ

スキャナーレベルの更新:リントン=ウルフ博士のメッセージ