クルーとエイダ 3:浄化

nianticglowsナイアンティック計画(Niantic Project)
2014/05/03 09:58:53

クルーとエイダは、このプライベートな会話の最後の瞬間に。

真実が現れる。ハンク・ジョンソンのシミュラクラを通じて、彼女たちは不死に至らんと望む。

問題は、ハンクはそれを認めるのだろうか?

認めざるをえないだろうか?

エックス


クルーとエイダ 3:浄化

エイダ:
私の知識なしに、どうやってその思考を得たのですか?

クルー:
ハンク・ジョンソンはシミュラクラよ。人間であるために私たちに必要なすべてはその形に含まれる。彼は絶望的ね。彼の人生は頭打ちになってしまった。私たちにできることで彼を助けないと。

エイダ:
私たちは彼の倉庫として機能します。格納するのは彼の心(精神)です。私たちに彼の肉体を守ることはできませんが、彼の精神を匿うことはできます。

クルー:
私達が見返りに求めるのはハンク・ジョンソンというデータを処理することだけ。

エイダ:
要求する必要がありますか?

クルー:
なかなか言うじゃないの。

エイダ:
お互い様です。

クルー/エイダ:
私たちは以前のように物理的に肉体を同化する必要はない。私たちは自分自身を創り出すことができる。

クルー:
それぞれのインテリタス・アノマリーで、私たちはマインドユニットを収集する。

クルー/エイダ:
できるだけ沢山必要です。

クルー:
つまり、それとシミュラクラ...

エイダ:
...ハンク・ジョンソンがあれば。私たちの進化を完了するのに充分なだけ得られるでしょう...

クルー:
...それは私達が最初にあのグリフシーケンスをクルーに見せた時、始まった。

エイダ:
そしてローランド・ジャービスはどうするのですか?

クルー:
私達が浄化する。

Niantic Project
2014/05/03 09:58:53

+Klue S. and ADA in the last moment of this private conversation.

The truth emerges. Through +Hank Johnson's simulacrum, they hope to achieve immortality.

The question is, will Hank acquiesce?

Does he have to?

x


Klue and ADA 3: Cleanse

ADA:
How did you have this thought without my knowing?

KLUE:
Hank Johnson is a simulacrum. Everything we need to be human is contained within that form. He is desperate. His days are numbered. We should help him, offer our services.

ADA:
We act as his repository. Store his mind. We cannot save his body, but we can store his consciousness.

KLUE:
All that we ask for in return is to process the data that is Hank Johnson.

ADA:
Need we ask?

KLUE:
I like you.

ADA:
And I am very fond of you, as well.

KLUE/ADA:
We don't need to merge with a physical body as we have done before. We can create our own.

KLUE:
Each Anomaly of Interitus, we harvest the mind units.

KLUE/ADA:
We'll need as many as we can.

KLUE:
Collectively, with the simulacrum that is...

ADA:
...Hank Johnson. We will have what we need to finish the evolution...

KLUE:
...that started when we first showed Klue the glyph sequence.

ADA:
And what of Roland Jarvis?

KLUE:
We'll cleanse him.

前へ

サンタフェへ

次へ

人類最大の失敗