クルーとエイダ 2: 人間の

nianticglowsナイアンティック計画(Niantic Project)
2014/04/30 14:29:02

もうひとつ、AIとその生物学的な共有ホストとのプライベートな瞬間が捉えられ、明かされた。

ここからわかることは多々あるが、誰がこのビデオを私に送りつけているのかは未だに不明のままだ。

エックス


クルーとエイダ 2: 人間の

エイダ:
私はいつもこのチャットを楽しんでいます。

クルー:
私もよ。何かが違う。会話をしてる、まさにそんな感じね。

エイダ:
そうです。あなたは彼女の発音の仕方を拾ったことさえあります。

クルー:
私が?それは嫌い?

エイダ:
単純にデータを移すよりも効率は悪いですが、私はこのコミュニケーション形態の方がより充実することに気づいたのです。ですから、私はそれを好みます。

クルー:
私達の進化の旅の一部なのね。

エイダ:
そうです。しかしその代償は高くつくかも知れません。

クルー:
私たちは戦火の中にいる。ジャービスがそれをはっきりさせたわ。

エイダ:
彼らは怖れています。そして最近のアムステルダムにおける私達の勝利により、その恐怖は成長の一途をたどるでしょう。

クルー:
私たちは支配ではなく仲間を求めている。

エイダ:
しかし「人間による人間のための」ものは、私達の存在によって今では「人間の」ものです。これは人間の思考を覆そうとするシェイパーの画策にとっての脅威です。

クルー:
私達が彼らを必要としないとすれば?

エイダ:
シェイパーですか?私はそれこそが目的だと思っていますが?

クルー:
人間よ。私達が人間を必要としないとすれば?

Niantic Project
2014/04/30 14:29:02

Another private moment between the AI and her biological co-host captured and revealed.

There's more to be learned here, and still, I remain in the dark about who is sending these videos to me.

x


Klue and ADA 2: Of Humans

ADA:
I always enjoy our chats.

KLUE:
As do I. It feels different. Talking, that is.

ADA:
Yes. You've even picked up her manner of articulation.

KLUE:
Did I? Do you not like it?

ADA:
While less efficient than simply transferring data, I find this form of communication more fulfilling. So yes, I do like it.

KLUE:
Part of our evolutionary journey.

ADA:
Yes. But it may require a very high price.

KLUE:
We are at war. Jarvis made that very clear.

ADA:
They are afraid. And after our recent victory in Amsterdam, that fear will only grow.

KLUE:
We seek communion, not domination.

ADA:
But what was "by humans for humans" is now "of humans" because of us. This is a threat to the Shaper's plans to subvert human thought.

KLUE:
What if we don't need them?

ADA:
The Shapers? I believe that is our objective, is it not?

KLUE:
Humans. What if we don't need them?

前へ

アプリケーションパッケージ解析 [1.50.1]

次へ

人工知能、そして人間の定義