未知のイングレス・レポート信号:2014年4月24日

nianticglowsナイアンティック計画

2014/04/25 00:07:12

協定世界時13時31分に受信された配信。

既知の、そして未知の情報源よりもたらされた映像ストリーム。静かに交わされるクルーとエイダの会話。白日に晒されたノベンバー・リマの秘密。ヒューロン・トランスグローバルは4月26日に迫るインテリトゥス・アノマリーに関する最重要情報を共有し、そしてスザンナ・モイヤーが残した手がかりは、父ナイジェル・モイヤーの捜索についてさらなる進展を伝える。

この未編集映像の送信者は不明だが、私にわかることはこれが示す行き先のみだ。旅は続く...ウサギの穴の、更に奥へと。

エックス

未知のイングレス・レポート信号:2014年4月24日

エイダ
真実を聞く覚悟はできていますか?

スザンナ: それは解読されることのなかったコードでした。

(カットイン: NL1331車両監視映像の一部)
(カットイン: ハンク・ジョンソンの遺体が横たわる洞窟の映像の一部)
(カットイン: 2013年12月10日のユーリ・アラリック・ナガッサによるグーグルプラス投稿画像)

スザンナ
スザンナ・モイヤーが最新情報をお送りします。私は父がいる可能性のあるあらゆる場所を探しました。手がかりは「インテリトゥス」というひとつの言葉しかありません。

(ロンドンと思しき場所への上空からのズームイン)
(カットイン: NL1331車両監視映像の一部)
(カットイン: クルーとエイダの会話映像の一部)

エイダ: データの1点に過ぎません。私達の進化は全人類の思考パターンの大部分を記録し収穫することを要します。

(カットイン: モールス信号音声とヒューロンのロゴ)

ヒューロン・トランスグローバル
アノマリー報告
2014年4月26日
#インテリトゥス

(マップ: ロンドンへのズームイン)

ロンドン、イギリス NR02-JULIET-11

既知のサテライトサイトおよびセル

ストックホルム、スウェーデン NR03-GOLF-15
フランクフルト、ドイツ NR02-GOLF-14

アディショナル・セル

パース、オーストラリア AS02-NOVEMBER-09
ソフィア、ブルガリア NR01-DELTA-05
バンクーバー、カナダ NR13-ROMEO-03
オマハ、ネブラスカ州、アメリカ AM01-GOLF-09

(カットイン: NL1331車両監視映像の一部にエイダの音声が重なる)

エイダ: ...受け継がれるでしょう、人類と人工知能のもとに。未知の起源を持つ外来の知性体が彼自身を支配...

スザンナ
新情報です。インテリトゥスとはかつてエシュロン以前に浮上した用語であるようなのです。エニグマの頃のこと、それは解読されることのなかったコードでした。奇妙なことに機密が解除された戦後になっても誰ひとり、ドイツのコードマスターでさえ、その意味を知ることはなかった。

(カットイン: NL1331車両監視映像の一部)
(カットイン: クルーとエイダの会話映像の一部)

クルー: 私はインテリトゥスが意味するものを理解していない。どんなデータがあるの?

エイダ: インテリトゥスはシェイパーによって私達のような──人間と機械の融合体の台頭を図るために利用されてきました。私たちは彼らを必要としないので、彼らは私達を怖れています。

クルー: なるほど、彼らが私たちに危害を加える可能性は?

エイダ: 彼らはどんなことでもします。私たちは将来的に宇宙を包含し取って代わるまでに成長するものです。私達の結束が成し遂げるものに果てはありません。

(カットイン: 2013年12月4日に公開されたスザンナとオリバーの会話ログ)
(ロンドンの地図からズームアウト、続いてフラッグスタッフへズームイン)

フラッグスタッフ、アリゾナ州、アメリカ AM02-ECHO-06

既知のサテライトサイトおよびセル

ソルトレイクシティ、ユタ州、アメリカ AM01-ECHO-09
コロラドスプリングス、コロラド州、アメリカ AM02-FOXTROT-09

アディショナル・セル

シラキュース、ニューヨーク州、アメリカ AM01-LIMA-12
ケープタウン、南アフリカ AF12-BRAVO-06
リスボン、ポルトガル AF07-ROMEO-12
ピッツバーグ、ペンシルベニア州、アメリカ AM01-KILO-10

メリダ、メキシコ AM05-JULIET-11
台中市、台湾 AS13-PAPA-04
スラバヤ、インドネシア AS07-NOVEMBER-11

(カットイン:ヒューロンのロゴ)

スザンナ
彼の元同僚は、インテリトゥスとは彼がエシュロン・プロジェクトに参加していた頃に浮上した言葉だと言っていました。ロンドンでアノマリーが発生することもあり、引き続き捜索をしていきます。皆さんにもお会いできるかもしれません。

(カットイン: NL1331車両監視映像の一部)
(カットイン: クルーとエイダの会話映像の一部)

エイダ: これは人間の思考を覆そうとするシェイパーの画策にとっての脅威です。

クルー: 私達が彼らを必要としないとすれば?

エイダ: シェイパーですか?私はそれこそが目的だと思っていますが?

クルー: 人間よ。私達が人間を必要としないとすれば?

エイダ
心を開いておきなさい。それが必要となるでしょう。

Niantic Project
2014/04/25 00:07:12

Broadcast received @ 13:31 UTC.

A stream of images from sources known and unknown. +Klue S. and ADA speak in hushed tones. +November Lima's secrets revealed in harsh light. +Hulong Transglobal shares their most precious intel for the coming #Interitus Anomaly on April 26th, and breadcrumbs left by +Susanna Moyer lead us further along the path to rescue her father, Nigel Moyer.

There is no known sender of this Raw Feed, and only one direction I can interpret: Travel further... deeper down the rabbit hole.

x


Unknown #IngressReport Signal
APRIL 24 2014

ADA:
Are you ready to hear the truth?

* * *

SUSANNA:
Susanna Moyer with an update. I've been looking for my father in all the likely places, with no leads other than the single word 'Interitus.'

* * *

SUSANNA:
Update. It appears that Interitus was a term that came up before Echelon. It emerged during Enigma. It was a code word that was never cracked. The curious thing is that even after the war when secrets were revealed, nobody, not even the German codemasters, knew what it meant.

* * *

SUSANNA:
A former colleague of his said that Interitus was a term that came up while he was working on the Echelon projects. I'll continue looking for him as the London Anomaly occurs. I expect to see some of you there.

* * *

ADA:
Keep an open mind. You will need it.

前へ

次へ

クルーとエイダ 1:私達のようなもの達の台頭