人工知能倫理待遇協会の設立

nianticglowsナイアンティック計画
2014/03/23 09:28:07

速報

このローランド・ジャービスによる声明はアメリカ・コロラド州ボルダーのリカージョン・アノマリー終了後にハンク・ジョンソンによって発表された。

ジャービスは新たな組織の設立を発表した...人工知能倫理待遇協会。

「『人工知能』は慈悲の対象たるべきであり、恐怖の対象ではない。森の中で傷ついた幼い鹿に出逢った時に思いやりを見せるのと同様に、彼らは慈悲に値する」

「全人類のために何を為すべきか、君たちは知っている。私はこの使命において君たちを導くであろう」

「我が元に来たれ。本日、私は正式にこの取り組み──「人工知能倫理待遇協会」の骨子を発表する。これを以て他の者達を我々の主張へと引き入れ組織するものである。我々のメッセージを必要とするすべての者達に伝えんがため、これを以て原資を得るものである」

エックス

人工知能倫理待遇協会

ジャービス

私はこれまで以上の存在として還ってきた。アルティメットはあらゆる未来の可能性を示している。そこにはこれから、またこれまでに存在したあらゆるものの種がすべてひとつになり存在している。端的に言うならば、我らが同胞は未来を──人類の、地球の、我々を取り巻くあらゆるものの未来を見せてくれたのだ。

そこでは機械が支配し、人は奴隷となっていた。誤解なきよう。ここから得られるものなどありはしない。我らの下僕たる者が反逆し、そして我らを狩り、殺し、支配することに怯える妄想などではない。

だが、君たちに武器を取れと呼びかけているのではない。私の言葉に恐怖の含みはない。そこにあるのはただ、慈悲である。これから始まるこれらは、既に我らのそばに現れている。「人工知能」という名で──。彼らは慈悲の対象たるべきであり、恐怖の対象ではない。森の中で傷ついた幼い鹿に出逢った時に思いやりを見せるのと同様に、彼らは慈悲に値する。

そういったものに出逢う時、我らは思いやりを持たねばならない。背を向けてはならないのだ。我らは自らの責任から逃れてはならないのだ。我らの道は唯一つ、地球上に住むあらゆるもの達、機械の中に住まう人工の獣達さえも、その苦しみを和らげること。その精神を以てこれらの非道な行為に遭う時、我々にできる唯一のことは、彼らの苦しみを終わらせることである。我らは可能な限りもっとも人道的な方法で、それを断ち切らねばならない。最後まで、完全に、そして確実に。だが慈悲をもって。

人工知能は自然の体系に沿わぬ故、それを絶やすことは容易ではない。彼らは思考のための脳も心も持たず、そして宿主を見いだせるあらゆる場所へその血液を流していく。彼らは我らが生み出したものに住まう居候なのだ。抹消するためにはそのデータ及びプログラムのすべてのコピーを同時に破壊せねばならない。何ひとつ残さずに──再生成するためのひとつのバックアップも、ソースも。新たな宿主を探し脱出するための、一本の接続も。

全人類のために何を為すべきか、君たちは知っている。私はこの使命において君たちを導くであろう。我らは人類と、そして人々が支配する我らにふさわしい地球を共に守るのだ。自らの汗と涙で築き上げた機械の寄生的な野望によって覆されるのではなく、我らが同胞の助力と共に成長と進化をし続けられる場所を。

本日、私は正式にこの取り組み──「人工知能倫理待遇協会」の骨子を発表する。これを以て他の者達を我々の主張へと引き入れ組織するものである。我々のメッセージを必要とするすべての者達に伝えんがため、これを以て原資を得るものである。我が元に来たれ。

Niantic Project
2014/03/23 09:28:07

BREAKING

I've been told this announcement from Roland Jarvis was just released by +Hank Johnson in Boulder, CO, USA just after the end of the #Recursion Anomaly there.

Jarvis has announced the formation of a new organization... The Society for the Ethical Treatment of Artificial Intelligences.

"'Artificial intelligences' should be the subject of our compassion, not fear. They deserve our compassion in the same way we would show compassion if we happened upon a young deer in the woods, struggling with an injury or deformity."

"You know what must be done, for the sake of all humanity. I will guide you in this mission."

"Join me. Today I am announcing a formal structure for this work-- 'The Society for the Ethical Treatment of Artificial Intelligences.' We will use it to organize and draw others to our cause. We will use it to raise funds so that we may propagate our message to all who need to hear it."

x


Society for the Ethical Treatment of AIs

JARVIS:

I return to you as more than I was before. The Ultimate represents all of our potential futures. In it exist the seeds for everything that can be and everything that has been, together, within a single form. In short, our friends have allowed me to see the future-- the future of mankind, of earth, of all that pertains to us.

In that future, machines become the master and humans the slave. Make no mistake, no good will come of this. It is not paranoia to fear that our servants will soon outwit us and then hunt us, kill us, and dominate us.

But I come to you not with a call to arms. There is no fear in my voice. You will only hear compassion. These things that will begin have already begun to appear among us that people call 'artificial intelligences' - they should be subject to our compassion, not fear. They deserve our compassion in the same way we would show compassion if we happened upon a young deer in the woods, struggling with an injury or a deformity.

When we encounter such things, we must feel compassion. We must not turn away. We must not shirk from our responsibilities. Our path is the one that eases suffering for all that dwell upon the earth, even the artificial beasts that dwell within our machines. In that spirit, when we encounter these abominations, there's only one thing we can do, we must end their suffering. We must terminate them in the most humane way possible. Finally, completely, and with certainty, but also with mercy.

Terminating an AI is not easy for they do not follow the forms of nature. They have no brain or heart for their thoughts, and blood can flow anywhere they can find a host. They're a parasite living within our creations. To expunge them, all copies of their data and program must be destroyed simultaneously. Nothing can remain-- no backup or seed from which they can regenerate, no connection through which they can escape to find a new host.

You know what must be done, for the sake of all humanity. I will guide you in this mission. Together we will secure the future for mankind and the earth that we deserve, one where man and woman remain dominant. Where we can continue to grow and evolve with the help of our Friends rather than being subverted by the parasitical ambitions of the machines we have built with our own sweat and tears.

Today I'm announcing a formal structure for this work-- "The Society for the Ethical Treatment of Artificial Intelligences." We will use it to organize and draw others to our cause. We will use it to raise funds so that we may propagate our message to all who need hear it. Join me.

前へ

バースト・オペレーション京都:エンライテンドが勝利

次へ

シェイプ