アンディ・ノミナスの脚本

nianticglowsナイアンティック計画(Niantic Project)
2014/03/10 12:33:26

先週、ヴェルム・インヴェニリと世界中のエージェントたちが協力し、アンディ・ノミナスの脚本の新たなシーンを組み上げた。

それはアフガニスタンの洞窟で倒れ死んだままのハンク・ジョンソンの最後の瞬間を、鋭くかつ生々しい筆致で描き出す。

昨日、オースティンで明らかにされた驚くべき情報開示により、ハンク・ジョンソンは我々がかつて目にしたことのない何かに置き換わっていることは明らかだ。

我々は、仮説を準備する前に十分な証拠を得た。ではハンク・ジョンソンとは何者なのか。13MAGNUSは如何に関与しているのか。二人のハンク、あるいはある種の幻術は、エキゾチック・マターの力によるものなのか。そしてこの場における最も重要な問いとは:我々がここまでに知り得た全てを以て...諸君は、ハンク・ジョンソンを信じるか?

パスコードは意義深い洞察、推測、参照により我々の議論を豊かにする者たちへ。

エックス


屋外。アフガン山岳地帯─夜

明転:

爆発...。火線が空を横切る...。大地を照らすには月明かりでも充分だった。険しい山岳地帯の風景の中を走っていく...。散発的な火線が場面を非現実的に染める。奇妙な場所へ──自然にできたのか人の手によるものか、山腹のクレーターへ。

──レアメタルを填め込んだ古代の門が共鳴していた。知らぬ者が見れば、それはストーンヘンジの設計者と同じ建築家が命ある岩を削り出した真円を描く円形劇場の様に見えただろう。

──美と畏怖が同時に在った。

カメラは二人の男性が走っているところを捉える。一人は実にアスリートのようで、もう一人はそれほどの体格ではないが、この界隈に生を受け、より場慣れしているようだった。

AK-47が狙いを定めぬかのように出鱈目に撃たれた。一条の弾痕が彼らのそばの壁面に穿たれ、その壁にさらなる砲火が重ねられている間に、彼らは身を投げ出した。

ハンク・ジョンソン──フェイスペイントで顔を真っ黒にしていても充分にハンサムだ──は、ヘッドセットに向かって呼びかける。

ハンク
モントゴメリー、JDAMがあるなら使い所は今だぜ。
(訳注:JDAM=Joint Direct Attack Munition、統合直接攻撃弾。この場合の「統合」はアメリカ四軍で同じ規格に統合していることを意味する。精密誘導装置を備えた投下爆弾である)

モントゴメリー
(O.S.)
照射しろ。

ハンクは、裂け目から敵の発火点を確認した。弾丸が彼の頭の上の岩を抉る。

彼は、自動小銃を撃ってくる場所に向けて、驚くほど小さなレーザー・ディジグネータを当てる。
(訳注:レーザー・ディジグネータはレーザー誘導装置に対応する周波数のレーザーを放つ光学機器。レーザー誘導型のJDAMはこのポイントに向けて誘導される)

モントゴメリー
(O.S.)
認識した。

ハンクはパートナーたるアズマティを振り返る。おそろしく理知的なアフガン人は、その眉を上げた。

アズマティ
バーベキューは初めてじゃないぜ。

ハンク
ピクニックだ。初めてじゃないピクニックだよ。

アズマティ
すぐバーベキューになるさ。

1発のJ-DAMが流星のように彼らの上を滑り落ちた...。その流星を追っていくと──自動小銃が連射される上に、ピンポイントの正確さで爆ぜた。


ハンクとアズマティは立ち上がり、洞窟の入り口に向かってジグザグに進む。安全のためだ。呼吸は荒く、苦しい。彼らは回廊のように見える古代に掘られた洞窟の始まる場所を目指す。

ハンクは洞窟に一組の手榴弾を投げ込む...。

爆発──中に居る物は、彼らを気に掛けるどころではなくなった。

彼らは洞窟に突入し、そこで二人の男が彼らを待つように横たわっているのを確認する。

ハンクとアズマティは壁に崩れ込むようにもたれかかり、激しく呼吸する。彼らは幻のような緑色の輝きを放ち始める。

ハンクは、組み合わさった科学的な装置を引き出し、点灯させた。極めて初期のXMスキャナーだ。彼はその電源を入れたのだ。白黒の地図が回転する。ポータルのようなオブジェクトが画面上に描き出される──我々の知っているものが。

ハンク
(マイクに)
モントゴメリー、この場所はXMが溢れている...それ以外の物も。

アズマティ
こいつはテロリストを根絶が目的じゃないってことか?

ハンク
それもある。他にもあるがね。

アズマティ
もっとはっきり言えよ。

ハンク
期待には添えないな。俺は諜報員だ。はっきりさせるわけにはいかん。

アズマティ
今のXMって何だ?

ハンク
エキゾチック・マター。トランスディメンショナル・ワームホールから湧き出す物だ。

アズマティ
ああ、それなら知っている。ヒッグス粒子の研究中に発見されたことになってる奴だ。オーダード・データを形成する量子的粒子のことだな。

ハンクは彼を見る。驚きと共に。

ハンク
なぜそれを知っている?


アズマティ
俺もインターネットは使う。物理学も好きだ。

ハンク
なぜ「発見されたことになってる」と?

アズマティ
分かってるのは、俺の「原点たる」民族の祖先が、XMと呼ばれているものを何千年も前にこの世に顕す方法を見つけ出していたって事さ。

ハンク
おそらくアレキサンダーの手の者。アリストテレスによる立案。俺もヒンドゥークシュ遠征は他に目的がある作戦なのは分かっていたさ。

アズマティ
イスカンダルが俺の祖先さ。
(訳注:イスカンダルはアレキサンダーのペルシア、アラビア語での表現)

ハンク
geneology.comで調べられたかい?

突然、彼らの居る場所を複数の位置からの銃弾が撃ち抜く。1発のRPGが洞窟の外で爆発する。危険が迫っている。

ハンク
(モントゴメリーに向けて)
落とせる物があるならどこでも良いから落としてくれ、あとは何とかする。さもなきゃ俺たちがお陀仏だ。

攻撃はさらに激しくなる。ハンクとアズマティは小道を走る二人組を捕捉する。彼らはRPGを撃とうとしていた男に命中させたが、もっと多くの人数が現れる。ハンクの銃は弾倉を吐き出した。彼は別の弾倉を放る。

奴らが吶喊してくるのは時間の問題だった。

モントゴメリー
(O.S.)
成果は保証できない。

ハンク
カルビン、あんたも聞いてるんだろ。生存確率はほぼゼロなんで教えてくれないか。ナイアンティック計画ってのは一体何だったんだ?

カルビン
私の持つアイデアの一つだ。資金が調達できなかったがね。

ハンク
XMと関係あったんだろう?

モントゴメリー
(O.S.)
衝撃に備えろ。


ハンク
しくじったら。タイソンズ・コーナーに俺の物置がある。そいつを好きにしてくれ。

俯瞰─現地

いくつかの巨大な爆弾がその場所に向かって音を立てながら落ちていく。

ハンクとアズマティ

身を寄せて対爆防御姿勢。

アズマティ
おいこらお前は何で俺じゃなくてアイツなんかにお前の諸々をくれてやるんだよ?

ハンク
お前が先にそこに行けるなら、お前が持ってけばいいさ。

BAHWHOOM !!!

巨大な爆発がその場を照らし、それに続く暴力的な爆圧、瓦礫や破片が彼らの隠れる壁を打ち、それが晴れると...

第2の洞窟の入口

岩に彫られた戸口は本当の入り口を隠していたことが明らかになる。

ハンクとアズマティ
耳から手を離す。ベルが鳴る音が聞こえる。鼓膜で白鳥が歌う。

アズマティ
あれが見えるか。

ハンク
何だって? 聞こえないんだが!

銃弾がその場所を薙ぐ。

ハンク
なんでアイツら死んでないんだよ。

アズマティ
訊いてみるかい?

ハンク
せんでええわ!

ハンクは見下ろし、把握する──

ハンク視点

武装勢力が、彼らに突撃してくる。


アズマティ
(必死で手を振る)
行くぞ!

ハンク

身を起こし、走り出す。アズマティが支援する。

彼が洞穴の間近まで辿り着いたその時。

BAM!

彼は、後ろから撃たれた。弾丸が彼の背から突き抜け、胸に大きな風穴を開けた。

アズマティ

弾切れになるまで武装勢力を撃つ。

ハンクを見下ろす。

残酷なことに──悲しむべきことに──ハンクは死んだ。

アズマティは、彼の体を洞穴に引きずって行く。

カット終了

NominusJohnson1.pngNominusJohnson2.pngNominusJohnson3.pngNominusJohnson4.pngNominusJohnson5.png

EXT. AFGHAN MOUNTAINSIDE - NIGHT

FADE IN:

Explosions... Flares drifting through the air... Lighting a terrain that might as well be the moon. We're running through harsh mountainous landscape... Sporadic flares paint a surreal scene. We're in a strange place -- a natural or man-made crater in the mountains --

-- An ancient portal resonated by rock formations inlaid with rare metals. To those who wouldn't know otherwise, it just looks like a perfectly circular Amphitheater hacked out of living rock by the same architect who designed Stonehenge --

-- simultaneously beautiful and horrifying.

Camera catches up with two men running. One extremely athletic, the other less so, but he was raised in this world and is more graceful.

AK-47 FIRE sputters ambiently, seemingly without purpose. A tracer cracks into a wall near them and they dive as automatic fire rakes the wall.

HANK JOHNSON, handsome even through the black-out face paint, speaks into his headset.

HANK
Montgomery, if you've got a JDAM it might not be a bad time to use it.

MONTGOMERY
(O.S.)
Light it up.

Hank spots a blast of enemy fire coming from a crevasse. Bullets gouge the rocks over his head.

He points a surprisingly small laser designator towards where the machine gun fire is coming from.

MONTGOMERY
(O.S.)
We see it.

Hank turns to his partner, AZMATI. He's Afghan. Looks smart as hell. Raises his eyebrows.

AZMATI
This is not my first barbeque.

HANK
Picnic. Not my first picnic.

AZMATI
This is going to be a barbeque.

A J-DAM rips over them like a meteor... We follow the meteor as it--EXPLODES with pinpoint accuracy on the chattering machine gun...


Hank and Azmati get up and dash across a jagged trail towards a cave opening. Safety. Heavy breathing and exertion. They're dashing for a cave opening that was chiseled in ancient times to look like a doorway.

Hank chucks a couple grenades into the cave...

They explode -- Nobody inside is going to bother them.

They dive into the cave, where we see the bodies of a couple guys who were lying in wait for them.

Hank and Azmati slam against the wall and slide down, breathing heavily. They're lit by a ghostly green glow.

Hank pulls out a kluged together scientific device and flicks it on. It's an extremely primitive scanner for XM. He flicks it on. A black and white version of a map spins around. A portal-like object flows on the screen - we know what it is.

HANK
(into mic)
Montgomery, This place is crackling with XM... And something else.

AZMATI
Why do I think this is not about rooting out terrorists?

HANK
It's a little about that. More about something else.

AZMATI
Why don't you ever give me a straight story?

HANK
You have to alter your expectations. I'm a covert operator. We don't give straight stories.

AZMATI
What is this XM?

HANK
Exotic matter. Comes out of transdimensional wormholes.

AZMATI
Ah. I know about it. Allegedly discovered during the Higgs-Boson research. Quantum Particles forming ordered data.

Hank looks at him, kind of amazed.

HANK
How do you know that?


AZMATI
I have the internet, too. And I like physics.

HANK
Why do you say allegedly discovered?

AZMATI
Obviously, my 'primitive' tribesmen ancestors figured out how to summon what is now called XM millennia ago.

HANK
Probably Alexander's men. Design from Aristotle. I always knew the Hindu Kush hike was a covert op.

AZMATI
Iskandar is my ancestor.

HANK
Find that on geneology.com?

Suddenly, their position is hammered by gunfire from multiple positions. An RPG explodes outside the cave. Too close for comfort.

HANK
(to Montgomery)
If you've got any area denial stuff to drop, I'd let it rip. We're dead if you don't.

The attack gets worse. Hank and Azmati pick off a couple guys running up the path. They hit a guy about to fire an RPG, but more appear. Hank's gun spits out a clip. He tosses in another.

Its only a matter of time before they are overrun.

MONTGOMERY
(O.S.)
Can't guarantee the result.

HANK
Calvin, I know you're listening in. Since there's about zero chance of survival, tell me this. What is the Niantic Project?

CALVIN
An idea I had. Never got funded.

HANK
Had to do with XM, didn't it?

MONTGOMERY
(O.S.)
Brace for impact.


HANK
If it doesn't work out. I've got a storage shed in Tysons Corner. You're welcome to the contents.

ANGLE - THE SITE

We see several giant bombs screaming towards the site.

HANK AND AZMATI

huddle in a fetal position.

AZMATI
Why did you give all your stuff to him, not me?

HANK
If you get there first, you can have it.

BAHWHOOM!!!

The scene lights up with a huge explosion followed by a surge of power which strikes the wall behind them, shattering it and revealing...

A SECOND CAVE ENTRANCE

It appears that the false doorway carved in the rock was concealing a real entrance.

HANK AND AZMATI
move their hands from their ears. We hear a RINGING sound. The swan song from their eardrums.

AZMATI
There is more to see.

HANK
What? Can't hear!

Gunshots rake the area.

HANK
How are they not dead?

AZMATI
Should we ask them?

HANK
No!

Hank looks down and sees --

HANK'S POV

Militants Charging them.


AZMATI
(waving frantically)
Lets go!

HANK

gets up and starts running. Azmati covers him.

He makes it almost into the cave when.

BAM!

He's hit from behind. Bullets rip into his back and out his chest carving a huge hole.

AZMATI

empties rounds into the militants.

He looks down at Hank.

Horrible. Pathetic. Hank is dead.

Azmati drags his body back into the cave.

CUT TO:


Niantic Project
2014/03/10 12:33:26

Last week, +Verum Inveniri and Agents from across the world worked together to disseminate and assemble a new scene from the Andy Nominus screenplay.

It covers in sharp and vibrant detail the last moments of a +Hank Johnson we've seen before, lying dead in a cave in Afghanistan, and helps us better understand the moments that led to now.

With the staggering revelations uncovered in Austin yesterday, what's clear is that Hank Johnson represents something we've never encountered before.

We have enough evidence before to begin to prepare hypotheses. Who or what is Hank Johnson? How is 13MAGNUS involved? Are there two Hanks or is this some kind of illusion aided by the power of Exotic Matter? And here, then, is the most important question: Having learned all that we've learned... do you trust Hank Johnson?

A passcode to those who enrich our conversation with meaningful insights, speculation and references.

x

前へ

ハンク・ジョンソン:明かされた秘密・パート1

次へ

命運