ハンク・ジョンソン映像の情報分析

nianticglowsナイアンティック計画(Niantic Project)
2014/03/03 12:56:20

速報──ハンク・ジョンソン映像の情報分析

ハンク・ジョンソンの映像の予備分析によれば、映像はパキスタンのカラチで見つかったとされ、未知の存在によってナイアンティック計画のGoogle+ページへと漏洩された。

#RIPHankJohnson

グローバルデータ
アナリシス
グループ,INC.

速報──ハンク・ジョンソン映像の情報分析

ハンク・ジョンソンの映像の予備分析によれば、映像はパキスタンのカラチで見つかったとされ、未知の存在によってナイアンティック計画のGoogle+ページへと漏洩された。

映像からは日付、時刻およびGPS情報は取得できない。したがってこれがいつ、どこで撮影されたものかは断言できない。

映像はパキスタンのカラチで入手されたビデオカメラから引き出されたものと考えられているが、確証は得られていない。証言は「ワヒド・マルセイ」と自称する「発見者」によるものである。

映像は2013年12月(1)にハンク・ジョンソンによって撮影されたとされる(これに異論はない)ものと照明、アングル、スタイルが極めて一致しているが、同じ撮影者によるものと言うのは不可能である。両映像は連続しておらず、数分から数時間後に撮影されたものだと思われる。

映像は前述の映像にあるアフガニスタンの洞窟内、埃にまみれた地面から始まっている。

カメラの音声には不特定の言語で話す声が含まれている。声の書き起こしはできていない。

最初に確認できる映像は地面に打ち捨てられた儀式的な壺であるが、特徴が不足しているためこれの時期や出自を特定することは不可能である。壺の映像から程なく現れるのが、おそらく銃弾による負傷を負った人体の頭部を覆う、アラブのクーフィーヤである。

遺体の服装はノマド・13マグナスの映像で最後に見られたハンク・ジョンソンのものとは一致していないが、身長、体重、体格はハンク・ジョンソンと一致している。

未知の撮影者の手がフレームに入りクーフィーヤを取り外すと、ハンク・ジョンソンの顔が現れる。遺体の身元確認には顔認識ソフトウェアを使用した。

不確定要素は残るものの、ハンク・ジョンソンの死亡は暫定的に確認されたと示されている。

撮影者が誰であるのかが重要である。布が取り外される際に、

[1]http://youtu.be/Q46_58xAr8s
グローバルデータ
アナリシス
グループ,INC.

息遣いやうめき声が聞き取れる。映像内にある別の声は、撮影者のものではないと思われる。撮影者以外に同行者がいたのかは不明だが、いたという証拠は出ていない。足音は1人分しか聞き取れず、懐中電灯などの別の光源を示すものは認められない。

遺体の腐敗が見られないことから(防腐処理等の腐敗防止過程については考慮しない)、この映像はジョンソンの死後すぐに撮影されたものである。

弾痕の周辺に血痕が見られないことから、遺体は洗浄されたと考えられる。しかし何らかの様式によって葬斂されたようには見えず、棺や葬具等の物品も見られない。

要約:
  • 映像は、アラブ様式の壺が散乱する洞窟または墓所状の構造物に単独で進入した人物によって撮影された。撮影者はクーフィーヤを取り去りハンク・ジョンソンの死顔が現れると、驚いた様子である。

  • 遺体の胸部には弾痕が見られる。傷は洗浄されているようである。

  • 映像の撮影日時および出処は不明である。

  • 映像の撮影場所は不明である。メモリカードはパキスタン・カラチの夜市で見つかったとされる。

  • 撮影者の身元は不明である。

  • アナリストらは映像に収められている手がかりについて依然抽出を試みている。
弊社は引き続き進展を追う所存である。

NomadCamAnalysis1.pngNomadCamAnalysis2.png

Niantic Project
2014/03/03 12:56:20

BREAKING - INTEL ANALYSIS HANK JOHNSON VIDEO

Preliminary analysis of Hank Johnson Video allegedly surfaced in Karachi, Pakistan and intercepted by unknown entity to Niantic Project Google+ Page.

#RIPHankJohnson


GLOBAL DATA
ANALYSIS
GROUP, INC.


BREAKING - INTEL ANALYSIS HANK JOHNSON VIDEO

Preliminary analysis of Hank Johnson Video allegedly surfaced in Karachi, Pakistan and intercepted by unknown entity to Niantic Project Google+ Page.

The Video surfaced has no date, time or GPS stamp. Thus we can not say for certainty where or when it was taken.

It is believed to have been extracted from a video camera obtained in Karachi, Pakistan, but we have no confirmation of this. Claim was made by the 'finder' who self-identifies as 'Wahid Mazhar.'

While the video is extremely consistent in light, lensing and style with the video believed to have been taken by Hank Johnson (this has not been contested) in December 2013[1] it is impossible to say whether this is from the same source or not. It does not link in terms of continuity, but it may well have been taken minutes or hours later.

The video begins with a dirt floor consistent with the Afghan cave from the previously mentioned video.

The on-camera audio includes voices speaking in an as yet undetermined language. A transcription has not yet been possible.

The first recognizable images are what appear to be ceremonial jars discarded on the ground, but exact dating and sourcing of these objects is impossible due to the lack of detail present. Not far from the jars is what appears to be an Arabic keffiyeh covering the head of a human body with visible wounds, potentially bullet wounds.

The clothes on the body do not match those worn by Hank Johnson as last seen in the 13MAGNUS Nomad video, but the height, weight and build of the body are a match to him.

When the hand of the unknown videographer enters frame and removes the keffiyeh, what appears to be the face of Hank Johnson is revealed. Facial recognition software was used to confirm the identity of the decedent.

While there is room for uncertainty, the indicators preliminarily confirm that Hank Johnson is dead.

Much depends on the identity of the videographer. We hear breathing and an audible
------------------------------------------
[1]http://youtu.be/Q46_58xAr8s


GLOBAL DATA
ANALYSIS
GROUP, INC.


gasp as the scarf is removed. Other voices present on the recording do not seem to be those of the videographer. We do not know if the videographer was accompanied, though there is no evidence that he was. Only heard one set of footsteps is heard and there are no other light artifacts that would suggest a second flashlight.

Given a lack of decomposition (we are not factoring in embalming or other de-putrefaction processes) the video appears to have been taken shortly after Johnson's death.

Lack of blood around the bullet holes suggests that the corpse has been washed, though it does not appear to have been laid out in a typical funerary manner and there is not evidence of a coffin or funerary items.

In Summary:

  • The video appears to be taken by a videographer who enters a cave or tomb-like structure alone which is littered with jars of Arabic origin. The videographer appears startled as he removes a keffiyeh scarf revealing the lifeless face of Hank Johnson.

  • There appear to be bullet holes in the chest of the corpse. The wounds appear to have been cleaned.

  • The date, time and source of the video are unknown.

  • The location of the video is unknown. The video card was allegedly found in a night market in Karachi, Pakistan.

  • The identity of the videographer is unknown.

  • Analysts are still attempting to extract any usable imagery from reflective surfaces within the video.

We will keep you abreast of developments.

前へ

回収されたノマド「13マグナス」の映像

次へ

ハンク・ジョンソン映像の情報分析:更新