アンナチュラル

nianticglowsナイアンティック計画
2014/02/20 13:46:00
イングレス・アプリでグリフが確認されたことで、デヴラ・ボグダノヴィッチは昨日発言していた。

そして本日はこの文書を受け取った。これが昨日の発覚より前のことだったかは分からないが、長く音信の途絶えていたデヴラが続けて2度も表立ってくるとは興味深いね。何事もないのかもしれないし、何かしらが動いているのかもしれないが、その答えはまだ分からないな。

デヴラとカルビンは様々なことを存分に話し合っている。そのやりとりにはナイアンティック計画における関係性の下地となっていたであろう気楽さや寛容さを感じ取れるね。

ここで探究すべき価値のあることはいろいろとあるし、その全てを議論してもらいたいものだが、個人的には特に目をひいた記述がある。「ジャービスが何であるかは神のみぞ知るものだが、自然のものではない。」議論にあたって問い掛けよう。そうであるなら何だというのだろうか?それは我々にとってどういうことを意味するのだろうか?

議論に役立つ推察、洞察、参考文献の提供にはパスコードをお渡ししよう。

エックス

アンナチュラル
社内限定
文書番号:327666673300:0087S283SS81

出典:非公開
監視対象:広域ネットワーク・スキャン
対象:エゼキエル・カルビン(IQテック・リサーチ社最高執行責任者)
デヴラ・ボグダノヴィッチ(元ナイアンティック計画研究員)
諜報手段: 通信傍受音声監視

#記録開始

ボグダノヴィッチ:カルビン:私たちが危機に瀕しているか分からないのであれば、ハンクに目を向ければいいのですよ。

カルビン:久しぶりだな、デヴラ。ハンクを探し出そうとはしているんだが、どうやら彼は見つけられたくはないらしい。

ボグダノヴィッチ:信頼関係に問題があるんじゃないかしら。

カルビン:ところで疾病予防管理センターは君のワクチンに資金提供してくれそうかい?

ボグダノヴィッチ:疾病予防管理センターにいるなんて誰が言ったのかしら。

カルビン:デヴラ、私は国家情報局の身だよ。君は正しいことをやっていると考えているのかい?

ボグダノヴィッチ:いいえ、でもどうすればいいというの?これは私の知る限りで最善の選択よ。リントン=ウルフが何をしようとしているかなんて誰にも分からないんですもの。

カルビン:ジャービスが奴を信用しているかどうかにも寄るだろうな。近く何百万にも及ぶエージェントが解き放たれるという噂も耳にしているぞ。

ボグダノヴィッチ:どういうことなの?

カルビン:分かっていれば教えているさ。噂の出処を掴むこともできてはいない。

ボグダノヴィッチ:それじゃあエイダが何か企てているのかもしれないわね。

カルビン:スキャナーが大量に出回っているのなら、ボウルズの線も否定できない。奴の動向は掴めていないからな。それはローブも同じことだ。

ボグダノヴィッチ:それで彼が隠していることを信じてはいないわけね?

カルビン:私には納得させることもなければ、信じるようなこともない。何か大きな動きがあるように思えるだけだ。おそらくはいろいろと動いているのだろうな。

ボグダノヴィッチ:それは同感ね。

カルビン:どうしてイリヤとの取引に応じなかったんだ?

ボグダノヴィッチ:彼のしようとしていることが分かってるの?エックスエムで特権階級の延命をしようとしているのよ。それが彼にとっての技術特異点なんでしょうね。ジャービスは「パターン化」と呼んでいるけど、あれは繰り返し復元できるバックアップよ。理論上は人の老化を止めることができるでしょうね。

カルビン:そのことはCERNでも検討したな。君はシミュラクラと呼んでいたか。あれは古くに語られていた恐ろしいクローン生成の類ではない。

ボグダノヴィッチ:そうね。ジャービスが何であるかは神のみぞ知るものでしょうけど、自然のものではないわね。今はワクチンが必要よ、あまりに危険が大きすぎるもの。

#記録終了

ヒューロン・トランスグローバル社

unnatural.png

Niantic Project
2014/02/20 13:46:00(Google+)
Unnatural
+Devra Bogdanovich surfaced yesterday in the aftermath of the discovery of Glyphs in the +Ingress Scanner app.

I received this transcript today. I don't know if it preceded yesterday's discoveries, but it's interesting that after a long period of silence, Devra surfaces not once but twice. It could be nothing, or it could be that something's afoot. I don't know the answer to that question yet.

Devra and Calvin opened the floodgates, discussing a number of topics. I can see in their conversation some of the comfort and openness that must have been the cornerstone of their working relationship at Niantic.

There are a number of topics worth exploring here, and I welcome discussion on all of them, but there's one sentence in particular that I'm personally focusing on: "God knows what Jarvis is, but it's something not natural." And simply for the sake of discussion, I pose the question... What if it is? What would that mean for us?

A passcode to those who enrich our conversation with meaningful insights, speculation and references.

x

FOR INTERNAL USE
FILE ID: 327666673300:0087S283SS81

Source: Withheld
Surveillance Target: Wide Network Scan
Present: Calvin, Ezekiel (CEO, IQTech Research)
Bogdanovich, Devra (Former Niantic Researcher)
E-Int Form: COMINT Surveillance Audio

##BEGIN TRANSCRIPT

BOGDANOVICH: Calvin, if you have any doubt about whether we're at risk, just take a look at Hank.
CALVIN: It's been a long time, Devra. Yeah. We're trying to find Hank, but he doesn't seem to want to be found.
BOGDANOVICH: Might be having some trust issues.
CALVIN: So is the CDC going to fund your vaccine?
BOGDANOVICH: Who says am at the CDC.
CALVIN: I'm NIA Devra. You sure you're doing the right thing?
BOGDANOVICH: No. How could I be? But it's the best option I see. God knows what Lynton-Wolfe is up to.
CALVIN: Depends on whether Jarvis trusts him. We've picked up some chatter that millions of new agents are going to be unleashed soon.'
BOGDANOVICH: What's that mean?
CALVIN: If I knew, I'd be telling you. We can't even find a common source on the chatter.
BOGDANOVICH: So maybe ADA's up to something.
CALVIN: If it's mass proliferation of scanners, don't rule out Bowles. He's been off the grid. So has Loeb.
BOGDANOVICH: So you're not buying the story that he's in hiding?
CALVIN: I'm not selling anything and I'm not buying anything. I just have a feeling that something big is in the works. Maybe multiple things.
BOGDANOVICH: So do I.
CALVIN: So how come you didn't take Ilya's deal?
BOGDANOVICH: You know what he wants to do? He wants to use XM to extend human life for the elite. It's his version of the Singularity. Jarvis called it "patterning" - a back-up that can be repeatedly restored. In theory, a person could use it to stop the aging process.
CALVIN: We talked about that at CERN. You called them Simulacrums. We realized it would be nothing like our old fears of cloning.
BOGDANOVICH: Yes. And God knows what Jarvis is, but it's not something natural. Right now, I want to have the vaccine. The stakes are too high.

##END TRANSCRIPT

HULONG
TRANSGLOBAL INDUSTRIES, CORP.