永遠

nianticglowsナイアンティック計画
2014/01/30 14:52:48
協力者もネイティブスピーカーではなかったために遅くなってしまったが、ようやく全体像が読めてきたよ。

ヒューロン・トランスグローバル社と同じくヴィスル・テクノロジー社でも将来に向けた抜本的計画が進められているようだ。ヒューロン社同様にIQテック・リサーチ社のリージョナル・トラッキング・テクノロジーに肩を並べるべく寸暇を惜しんで次なる目標を探し求めている。エキゾチックマターの力なくしては実現不可能な夢を追っているのだ。

ロシア語を話せる者の助けが必要だ。この文書を翻訳できれば、分析に着手できることだろう。

エックス

永遠
無線傍受生情報
文書番号:fgiioplompofnnholpppqjpnknkjpkgpmg
諜報対象:音声傍受(イリヤ・ペフツォフ執務室)

ペフツォフ:ナガッサさんですか?
ナガッサ:誰だい?
ペフツォフ:私はイリヤ・ペフツォフという者です。
ナガッサ:ペフツォフだって!
ペフツォフ:私をご存知でしたか?
ナガッサ:もちろんだ、もちろんだとも。気づかなかったなんてどうかしてるな。どうされたのですか?
ペフツォフ:IQテック・リサーチ社のしたことはご存知だろうね。彼等はアメリカ合衆国の国家安全保障にばかりエックスエムを活用しようとし、スキャナーへ新たなコードを適用させた。
ナガッサ:そうですね、実に有効な手段だ。
ペフツォフ:ご想像いただけるだろうが、我々はまずい状況だ。
ナガッサ:だが...
ペフツォフ:だが、過酷な課題があってこそ、今の私がある。国家間の軍拡競争に巻き込まれるのは不本意だが、エックスエムは地球上の全人類にとってその存在価値に革新を起こし得るものだ。
ナガッサ:エックスエムを武器商人や軍隊の手に渡すべきでないということには異は唱えませんよ。察しが悪くてすみませんが、どうして私へ連絡されたのですか?
ペフツォフ:悪くない質問だね。私は君の知見を必要としているんだ。エックスエムの利用に関してはデヴラとも議論したことはあるが、私はあり得ないと一蹴したよ、当時はね。だが、それからいろいろな変化があったよ。
ナガッサ:私であればデヴラの考えを却下することはなかったでしょうが、もうあなたとは関係を断っているのですよね?
ペフツォフ:予防接種に頓挫すれば戻ってきてくれるはずだが、焦りを覚えている。特異点についてお話ししたいのだが、この概念はご存知かな?
ナガッサ:もちろんです。人間の知性を備えつつ、永遠の存在とも言える機械ですね。ペフツォフさんはご興味を持ちなのですか?
ペフツォフ:そうではない、君の言ったことを憂慮しているんだ。そんな人生を私自身は望んでいないし、機械に監視された世界なんてごめんだな。だが、君が別の手段に気づいていることは分かっているよ。かつてジュネーブで君がカルビンへ報告した人間細胞に対するエックスエムの影響とやらを詳しく聞きたくてね。
ナガッサ:ご存知なのですか?評判に違わぬ方のようですね。現時点では仮説に過ぎぬものです。ペフツォフさん、あれは実に根拠に乏しいものなのですよ。
ペフツォフ:教え導いてくれまいか。
ナガッサ:エックスエムは人体に生理学的効能があります。充分に投与すれば細胞が修復されることもそのひとつですね。更に人体全ての記録を素粒子レベルエックスエムへ格納し、保存・生成させることで将来的な再利用を可能とするという概念もあります。
ペフツォフ:そうだね、ジャービスは「パターン化」と呼んでいたはずだ。生理機能を記録として保存して維持させることに多額の費用を支払おうと言う顧客が既にいると知っても、君は驚かないだろうな。
ナガッサ:エックスエムを糧とする若さですか?そうですね、そういった活用方法も考えています。最後のパターンやそれ以前のパターンがあれば、有機的な復元が可能となるでしょうね。
ペフツォフ:素晴らしい、それこそこの世界が待望していたものだ。世界は富で溢れているが、もはや買うものもない。ニューエコノミーとは購買意欲に掛かっているのさ。
ナガッサ:リスクは余りにも高いものですが、その覚悟がおありであれば、可能性はありますね。
ペフツォフ:試してみようじゃないか?

forever.png

Niantic Project
2014/01/30 14:52:48(Google+)
Forever
The contact who's been helping me make sense of the document is not a native speaker, so the going has been slow, but I'm beginning to see the big picture contained within.

Like +Hulong Transglobal, +Visur Technology has bold plans for the future. And like Hulong, they aren't wasting time and resources playing catchup with +IQTech Research's Regional Tracking Technology. They're looking for the next big thing: An impossible dream, made tangible through the power of Exotic Matter.

Russian speakers, your help is needed. Once the document is translated, we can begin our analysis.

A passcode to those who help with the translation and enrich our conversation by adding meaningful insights, references and speculation.

x

Transcript
RAW SIGINT INTERCEPT
FILE ID: fgiioplompofnnholpppqjpnknkjpkgpmg
Intelligence Source: Surveillance Audio - Office of I. Pevtsov

Pevstov: Mr. Nagassa.
Nagassa: Who's this?
Pevstov: My name is Ilya Pevtsov.
Nagassa: Mr. Pevtsov!
Pevstov: You know who I am?
Nagassa: Of course, of course. How could I not know. What's up?
Pevstov: I understand you know what is going on in IQTech. It's about their effort dedicated to XM use exclusively in the interest of US national security and the new code upgrades that they are applying to scanner
Nagassa: Yes, they are surprisingly productive
Pevstov: This puts me in a bad situation as you can imagine
Nagassa: But..
Pevstov: But all the complicated tasks that I've come upon made me what I am. I don't wish to compete in the international arms race. XM has a potential to revolutionize the very essence of human existence on this planet.
Nagassa: I don't object to the fact that XM should not be given to arms traders and military. But, excuse my being blunt, why did you decide to contact me?
Pevstov: Ha. Reasonable question. I need your knowledge. Devra and I once discussed the potential use of XM, idea that I dismissed as nonsense... back then... but much has changed since.
Nagassa: If I were you, I would not dismiss Devra's ideas. She isn't with you anymore though, right?
Pevstov: She'll be back eventually when she finds her plan of innoculation useless. But I am known for my impatience. I want to talk about Singularity with you. Are you aware of this concept?
Nagassa: Of course. Machines that could contain the human intelligence, a sort of eternal existence. Is this what you are interested in, Mr. Pevtsov?
Pevstov: Not exactly. What you describe is alarming. This is not the life I wish for myself, I woudln't want to exist in a world supervised by machines. But I know you are aware of other ways existing. I would like to know more about the phenomenon you've reported to Calvin earlier on in Geneva, related to XM effect on human cells.
Pevstov: [Nagassa in fact]: You are aware of this? You are worth of your reputation. At the moment this is only a theory, Mr. Pevtsov, quite a fragile one.
Pevstov: Enlighten me.
Nagassa: XM has many positive effects on human physiology. Repairing the cells, provided the dosage is enough, is one of them. Also, there is a concept of storing XM to create and save the entire record of human body down to subatomic level, which will give a possibility of... re-usage in future.
Pevstov: Yes, I think Jarvis referred to this as "patterning". You would probably not be suprised, that some clients are ready to make substantial payments to save their physiology as a recording and for further ability of keeping it in this configuration.
Nagassa: Source of youth fuelled by XM? Yes, I thought about this usage. You could restore the organic form from the last "pattern". Or any previous "pattern" if it exists.
Pevstov: Great idea, that the world is ready for. It has lots of riches but nothing to purchase anymore. The new economy will be based on buying impressions [/emotions].
Nagassa: The risks are incredibly high, but if you are ready for them, there is some potential.
Pevstov: Would you like to try?

 

前へ

ベガス

次へ

金時計