イリヤの提案

nianticglowsナイアンティック計画
2014/01/06 08:45:24
三大企業はこの世界の様相を書き換えようとしているのだろうか?

電子諜報を避けようと、イリヤ・ペフツォフは手書きの書簡をヒューロン・トランスグローバル社の会長を務めるキャサリン・ファンのもとへメッセンジャーを通じて届けた。幸いにも世界中にトゥルースシーカーはいるもので、そのひとりが書簡を手に入れて私に送ってくれたのだ。

ヴィスル・テクノロジー社とヒューロン・トランスグローバル社は、米国政府の後ろ盾があるIQテック・リサーチ社の資産力に単独で凌駕することはできないと認識しているようだ。この書簡では、不利な立場にある両社にとって影響力の強い地域に注力することで長期的視野で勢力拡大を計画することを提案している。

これは企業間の均衡にどのような意味をもたらすのだろうか?IQテック社はヴィスル社とヒューロン社が協調路線を取る脅威に対してどのように対応するのだろうか?あるいはIQテック社の関心はアメリカ地域内におけるエックスエムに限ったことなのだろうか?また、メッセンジャーとは何者だったのだろうか?

関連する情報や価値ある意見を議論に寄せてくれた諸君にはパスコードを提供しよう。

エックス

手書きの書簡を可能な限り書き起こしておくとしよう。

イリヤの提案
キャサリン、21世紀となった今になってもこのような原始的な手法で君へ書簡を書かねばならないとは面白いものだが、電子的通信や口頭でのやりとりが筒抜けとなってしまっている状況と、こうした書簡には無駄な時間を要することとを踏まえ、君に手渡しすることを最善と考えた。このメッセンジャーとする人物については、私の誠意の表れと受け取ってもらって構わない。

君がリントン=ウルフに見出し、私がボグダノヴィッチ博士に学んだように、イデオロギーや哲学といったものは繁栄や秩序の魅力よりも遥かに強いものだ。これはカリスマ的指導者が世界を揺るがす限り、経済界は権力闘争の駒にされるがままだということだ。そうした闘争の支配したいとは思わないが、企業が目的を持って団結しさえすれば、たとえ単一の企業でなくとも次元間チェスゲームの盤面として機能し得るものと考えている。君が私の例えを受け入れてくれるのであればね。

我々には利益相反も多いわけだが、水平的利益も共通していることを考慮せねばならないだろう。カルビンとIQテック社には米国政府の後ろ盾があり、我々のいずれも長期的にみてその勢力に対抗できる可能性はない。そこでヴィスル社とヒューロン社は影響力の強い地域を明確に分かつトルデシリャス条約を締結できるものと私は考えたわけだ。これには地勢的に隣接する必要性はないが、同量のエックスエムを確保できる必要はあるだろう。

この原始的な連絡手段のせいで手が痙攣してしまったが、これは手探りの提案であって、今後は更に踏み込んだ議論を行いたい。

イリヤ・ペフツォフ
20140106_ilya_01.png

Niantic Project
2014/01/06 08:45:24(Google+)
Have the corporations begun to carve a new map onto the face of the world?

In an attempt to bypass electronic eyes, Ilya Pevtsov wrote this letter to +Hulong Transglobal Chairwoman, Catherine Fan, by hand and had it delivered by a messenger. Fortunately there are Truthseekers everywhere, and one of them obtained the document and shared it with me.

It seems that +Visur Technology and +Hulong Transglobal have recognized that alone they cannot hope to outmatch the resources behind +IQTech Research, which has the backing of the US Government. The letter proposes that the Corporations begin to localize their regions of influence to ensure that the two underdogs can grow in strength mutually as they plan their long term rise to dominance.

What might this mean for the balance between the Corporations? How might IQTech respond to the threat of a united Visur and Hulong, or is IQTech's only concern XM in American territory? And in addition, who might the messenger have been?

A passcode to those who enrich our conversation with meaningful insights, speculation and references.

x

I've attempted to transcribe the handwritten letter as best I can below:

Catherine,

It is interesting that well into the 21st Century I find myself having to write to you in this primitive form, but given the porousness of electronic and verbal communications and the lack of time sensitivity of this document, I felt it was best to have this hand-delivered to you. I think you will agree that the identity of the messenger is, in and of itself, a gesture of good faith on my part.

As you have discovered with Lynton-Wolfe and I have learned with Dr. Bogdanovich, ideology and philosophy are stronger with some than the call of prosperity and order. That is to say that as long as we allow charismatic leaders to pull sway in the world, commerce will be a pawn in a much larger power struggle. While I do not want to dominate the struggle, I believe the corporations, if united in purpose, even if not united under one corporate identity, could serve as the board in this interdimensional chess game. If you take my analogy.

I think we must consider the possibility that while we have many conflicting interests, we also have horizontal interests in common. Calvin and IQTech are backed by the US Government, and alone neither of our corporations will stand a chance against that force in the long run. It is my opinion that Visur and Hulong could strike our own Treaty of Tordesillas clearly demarcating zones of influence. They do not have to be geographically contiguous, but they should represent equal amounts of XM harvesting potential.

I find that this primitive form of communication is cramping my hand, but consider this a first modest proposal with much to be discussed in times to come.

Sincerely
Ilya Pevtsov

 

前へ

ノマド:どういうわけかね

次へ

勝利の扱い