私欲なき善良なるものたち

nianticglowsナイアンティック計画
2014/01/04 12:54:48
パンドラの箱を元通りになどできるのだろうか?

イングレス・スキャナーの漏洩とナイアンティック計画の発覚から生じた絶え間なき事実の流出を堰き止めようとする国家情報局にとっての喫緊の課題をケン・オーウェンが振り返った。

内部文書の論調から明らかなのは、事実を描き直すという目標を国家情報局が未だに諦めてはいないということだ。調査コミュニティにはイングレスの隠蔽工作がどれほどの範囲に及んでいるかを気づいている者も僅かながら存在している。国家情報局にとって我々こそが脅威なのだ。

恩赦してくれることはない。この内部文書がはっきりと示しているのだからね。問題となるのは、ケン・オーウェンが我々を視野に収めているかどうかではない。そうなれば、我々は真実であると考えることができるし、間を置くことなく真実と捉えるだろう。問題となるのは、その脅威とはどういうことを指しているかにあるだろう。諸君たちインベスティゲイターにとってはどうなるだろうか?情報漏洩の核心近くにいる私やシャポーにとってはどうなるだろうか?それはジェイ・フィリップスといった者たちとどのように異なるのだろうか?オーウェンは我々をどうやって黙らせようとするのだろうか?

価値ある洞察や推察、参考文献の提示に貢献してくれた人々へのパスワードがあるよ。

エックス

私欲なき善良なるものたち
最高機密 / ナイアンティック / ペガサス
最高機密経路

内部文書

諸君、昨年、本機関はかつてない課題に直面した。我々の資金供与してきた極秘研究計画であるナイアンティック計画が国家情報局に業務委託を受けていた者によって公にされたのである。これに関しては心配する必要はない。我々は連邦捜査局及び国外諜報機関と協力のもとでその人物の処罰に動いている。情報漏洩を行った者に対する恩赦はないだろう。

同時にナイアンティック計画に関する多くの事実が公となっている。ご存知のとおり、この重要計画によって合衆国の国家安全保障、ひいては我々の国家主権に対する21世紀最大の脅威が明らかとなっている。現時点で諜報界の精鋭はエキゾチックマターによってもたらされる脅威と恩恵の把握に注力しており、未知の勢力によって合衆国政府機関が介入される可能性も視野に入れられている。

この危機的状況にあってパニックを助長させるような真似は避けねばならない。民衆の関心から目を反らすことは必要不可欠なことである。

グーグルプレイ・ストアで「スキャナー」の試作ソフトウェアが漏洩した昨年以降は辻褄を合わせる必要が生じた。イングレスとは単なるゲームであり、「エキゾチックマター」や「シェイパー」とは西海岸のゲーム開発企業の考えたものに過ぎないことにしたわけだ。

この戦略は順調に行っていることは分かっており、XXXXXXX たるナイアンティック・ラボの実施した極秘の調査結果では次のデータが判明している。

イングレス・スキャナーに曝露したうち 53% の人々はそれを「単なるゲーム」であると信じている。39%の人々は「何か行われているようだが、基本的にはゲーム」であると信じている。

イングレス・アプリを「極秘研究の口実」と考える人々は僅か8%に留まっている。
最高機密 / ナイアンティック / ペガサス
最高機密経路

内部文書

これまでに起きたことを考えれば、これは良好な数値ではあるが、更に取り組んでいく必要がある。

回答した人々の実に90%ほどがイングレスはゲームと信じ切っており、あらゆる主要メディアがその筋書きで広めている。これは明るい材料ではあるが、十分とは言えない。

我々の目標は今年いっぱいでその数値を100%に到達させることであり、各自がその責を担うものである。

口喧しく言うつもりはない。国家情報局とナイアンティック計画を損なう者たちによる意図的な漏洩といった予期せぬことの頻発を踏まえれば、諸君は見事に事実の封じ込めを成し得てくれた。それでもなお、完全なる成功を成し得ぬことには我々にとって余りにも高すぎる危険なのである。難読化、偽情報、否定情報の取り組みは引き続き行っていかねばならない。

最後となるが、国家情報局を悪意ある機関であると見做した敵対的メディア環境の中で奮闘してくれた諸君に心から感謝する。

我々こそが私欲なき善良なる側であり、その事実はいずれ明らかとされるだろう。だが、今このときは抗う敵からの批判に耐えねばならない。

ハッピーニューイヤー!
ケン・オーウェン

angels1.pngangels2.png

Niantic Project
2014/01/04 12:54:48(Google+)
Angels
Can Pandora be put back in the box?

Ken Owen looks back on the challenges faced by the NIA as they attempted to bury the constant stream of revelations emerging from the leak of the Ingress Scanner and the discovery of the Niantic Project.

What's clear from the tone of the memorandum is that the NIA hasn't given up their goal of re-writing the status quo. Those of us in the Investigative Community are among the tiny majority who know the scope and scale of the Ingress coverup, and to the NIA, we are a threat.

No amnesty, the memo promises. The question then, is not whether or not we are in Ken Owen's sights. That much, we can assume is true, or will be very soon. The question is, what does that threat mean? What does it mean to Investigators such as yourselves? What might it mean to those like me or P. A. Chapeau who stand closer to the center of the leaks. What are his tactics, and how do they differ from those of Jay Phillips? How might Owen attempt to silence us?

A passcode to those who enrich our conversation with meaningful insights, speculation and references.

x

Transcript
TS / NIANTIC / PEGASUS
HANDLE VIA TOP SECRET CHANNELS

Internal Memorandum

Team:

Last year represented one of the greatest challenges this agency has ever faced. A classified research program which we sponsored, the Niantic Project, was leaked to the public by a former NIA contractor. Rest assured, we are working with the FBI and foreign intelligence allies to bring that individual to justice. There will be no amnesty for leakers.

In the meantime, many details about the Niantic Project became public knowledge. As you all know at this point, that important project brought to light key intelligence about the greatest threat to our national security, indeed to our national sovereignty, we have faced in the 21st century. At this moment, the best and brightest minds in the intelligence community are focused on understanding the risks and rewards posed by Exotic Matter including the possible manipulation of US officials by as yet unidentified forces. During this critical period, we cannot risk widespread panic. It is essential that we deflect public interest in this topic.

We therefore must continue to propagate the narrative that we began last year, after the leak of the prototype "Scanner" software on the Google Play store, that Ingress is a merely a game and that "Exotic Matter" and the "Shapers" are the by-product of the minds of creative west coast game designers.

We know that this strategy is working. A classified poll run by XXXXXXX, Niantic Labs, recently provided us with the following data:

53% of people exposed to the Ingress Scanner believe that it is "Just a Game". 39% believe that 'There is something more going on, but that it is mostly a game.'

A scant 8% believe that the Ingress app is a 'Cover story for classified research.'

TS / NIANTIC / PEGASUS
HANDLE VIA TOP SECRET CHANNELS

Internal Memorandum

Given all that has happened, these are excellent numbers, but we need to do more.

Approximately 90% of all respondents believed that Ingress is a game, and all main-stream media sources continue to propagate this narrative. This is encouraging, but it's not enough.

Our goal is to move that number to 100% over the coming year, and each of you will need to carry your share of that burden.

I don't mean to sound critical. When we consider the number of unforeseen events including deliberate leaks from those who would harm the NIA and the Niantic Project, you have done an excellent job of containing the story. Nevertheless, the stakes are too high for us to achieve anything less than total success. Our ODD campaign: Obfuscation, Disinformation, Denial, must continue in full force.

In closing, I would like to thank each and every one of you for persevering in a hostile media environment that is determined to perceive the NIA as a nefarious organizetion.

We are the side of the angels, and in time that story will come to light. But for now, we must suffer the slings and arrows of determined enemies.

Happy New Year!

Ken Owen

 

前へ

ブラント

次へ

ノマド:どういうわけかね