潔白なるもの

nianticglowsナイアンティック計画
2014/01/01 10:39:20
今こそ新年の誓いをたてるときであり、新年の結束をたてるときでもあるだろう。

今回入手したヒューロン・トランスグローバル社の文書では国家情報局のナラティブ・マネージャーであるケン・オーウェンとナイアンティック計画が頓挫したのちにはアメリカ合衆国のシンクタンク、IQテック・リサーチ社を率いる国家情報局の元諜報員エゼキエル・カルビンが自らの身の振りを考えていた。

ジャービスの復活は二人に身構えさせるものだったようだ。未知とは最も大きな脅威となるのだ。

結局のところ、この男たちはどちらも大義を成すとの強い願いを抱いているようだ。問題は、この複雑な世界において、そういった大義は往々にして、見るものの立場によっては大きく異なって見えるということだ。

あらゆる視点で物事を見通すことのできない我々の限界こそが私を憂慮させている。我々の道徳的判断も倫理的判断も普遍性のない磁力線上を動かされているものなのかもしれない。イングレス・エージェント諸君は、ようやく分かり始めたばかりの世界でその取り組みが有益なものと考えているだろうか?諸君の推論と今年いっぱいその素晴らしい取り組みを継続する手段を紹介してほしい。

2013年までこの調査を存続させてくれたことに感謝するよ。私ひとりきりで挑むには余りにも膨大なことだった。日々のやりとりで寄せられた意見のひとつひとつが、この壮大な謎の扉を開く取り組みに寄与してくれたよ。

価値ある洞察や推察、参考文献の提示に貢献してくれた人々へのパスワードがあるよ。

エックス

大義のために
機密情報
文書番号:TR33UROFPDORDDAE2RAXEFVI

出典:非公開
監視対象:対象ネットワーク傍受
対象:エゼキエル・ジーク・カルビン
ケン・オーウェン
諜報手段: 音声監視 // 通話

#記録開始

オーウェン:サーティーンマグナスで起こったことに関してはご存知でしょう。

カルビン:奴が君の目的に適うと?

オーウェン:我々の活動は常に未知を相手するものですよ、カルビン。最大の脅威とは、大抵が厄介なことが分かるまでのことです。

カルビン:脅威はそうだろうが、機会もだろう。

オーウェン:それで電話をお掛けしたのです。

カルビン:君を問題とはしていないがね、ケン。君はヒュドラの頭を何本か切り落としたに過ぎない。

オーウェン:結構です。あなたに切りたい首があれば、私が切り落として差し上げましょう。

カルビン:スザンナはどうなっている?あの女は復帰するのか?

オーウェン:彼女が知りさえすればね。ええ、復帰することでしょう。

カルビン:君はフィリップスと交渉すべきだな。

オーウェン:ええ、ついでにロラゾンも処分できることでしょう。

カルビン:死体の痕跡を残してしまえば、我々は潔白とは思われないぞ。

オーウェン:もともとこの仕事は見栄えの良いものではありませんが、我々は潔白ですよ。その二つは全く別物ですからね。

#記録終了

ヒューロン・トランスグローバル社

begood.png

Niantic Project
2014/01/01 10:39:20(Google+)
Be Good
It's the time for New Year's resolutions, and perhaps New Year's alliances.

In this leaked +Hulong Transglobal transcript, Ken Owen (the NIAs 'Narrative Manager') and Ezekiel Calvin, a former NIA field agent who left in the wake of the Niantic Shutdown to head the American think-tank +IQTech Research ponder their path forward.

With the reappearance of Jarvis, it seems they are both intent on adopting a defensive posture; the unknown ultimately representing the greatest possible of all threats.

At the end of the day, both these men seem to be driven by a desire to achieve the greater good. The problem is, with the complexity of our world, those greater goods can often look very different depending on where you stand.

Our unescapable inability to view an issue from all possible perspectives is something that worries me. At the end of the day, our moral and ethical compasses may operate on magnetic lines that are not universally shared. As an Ingress agent, operating in a world that has barely begun to be understood, do you believe your work serves the greater good? If so, share your reasoning, and how to intend to continue this good work through the coming year.

To all of you, I want to thank you for your assistance in keeping this Investigation alive through 2013. It was a task too great to take on alone, and each voice in our daily conversations has helped us open the door to this massive unknown.

A passcode to those who enrich our conversation with meaningful speculation, insight and references.

x

#IngressNYE

(Re-creating this post to solve the problem with the document attachment.)

Transcript
CONFIDENTIAL
FILE ID: TR33UROFPDORDDAE2RAXEFVI

Source: Withheld
Surveillance Target: Targeted Network Intercept
Present: Calvin, Ezekiel 'Zeke'
Owen, Ken
E-Int Form: Surveillance Audio // Telephone

##BEGIN TRANSCRIPT

Owen: I'm sure you're as aware as I am of the implications of what happened at 13MAGNUS.

Calvin: He come for you yet?

Owen: Our arena of operation has always been the unknown, Calvin. The greatest threat is the most likely until you find something worse.

Calvin: Threats, but also opportunities.

Owen: That's the reason for my call.

Calvin: I never had a problem with you, Ken. You're just got to chop some heads off the hydra.

Owen: Fine. If you want to burn the necks, I'll chop the heads.

Calvin: What about Susanna? You think she can be wrangled back in?

Owen: After what she saw. Yeah. She'll be back.

Calvin: You'd have to deal with Philips.

Owen: Yeah, and we could deep six Lorazon at the same time.

Calvin: We're not going to look like good guys if we leave a trail of corpses.

Owen: We didn't get in this business to look good. We got in to be good. Two utterly different things.

##END TRANSCRIPT

HULONG
TRANSGLOBAL INDUSTRIES, CORP.

 

前へ

場違いな愛情

次へ

ブラント